1Password』はもう10年以上にわたり、Macマニアやパワーユーザー御用達のパスワードマネージャーです。

このたび、UIが刷新され、目玉となる新機能が加わったことにより、最新バージョンの『1Password 8』は、Macユーザーにとって、間違いなく最高のパスワードマネージャーになりました。

Appleの全製品に加え、WindowsやLinuxにも対応し、すべてのプラットフォームで同一機能と即時同期を実現して、シームレスに融合したサービスを提供しています。

この記事ではさらに具体的なポイントを挙げて、1Passwordを選ぶべき理由について説明します。

10年以上の実績に裏打ちされた充実の基本機能

このアプリのアドバンテージの1つが、10年以上の実績を持っている点です。

ほかのパスワードマネージャーから簡単にデータをインポートできますし、自動入力機能、二要素認証(2FA)も、非常に使いやすくできています。

この機能を有効にしてウェブサイトに追加すると、ログイン操作の直後に6ケタの数字からなる認証コードを自動入力してくれます。

目玉機能のユニバーサル自動入力

1Password 8が高い評価を得ている最大の理由が、新たに導入された「クイックアクセス」バーと、「ユニバーサル自動入力」機能です。これにより1Passwordは、ライバル製品をはるかに引き離し、さらには、Apple純正のパスワード管理アプリでもできないことを可能にしました。

クイックアクセス機能は、キーボードショートカットで[Command+\]を押すと呼び出せます。ログインや詳細情報の確認、あるいはユーザー名やパスワードを手早くコピーしたい時には、1Passwordのアプリ本体を立ち上げることなく、この2つのキーを押すだけでOKです。

さらに重宝するのが、ユニバーサル自動入力です。こちらは、サポートされているアプリやウェブサイトに対応しています。

たとえば、Mac上でZoomにログインしようとしているとしましょう。

今までだと、まずは1Passwordアプリを開き、パスワードと二段階認証コードをコピーして貼り付ける必要がありました。

でも今は、[Command+\]ショートカットでクイックアクセス・バーを呼び出せば、自動入力機能が選ばれた状態で、Zoomのログインオプション画面が表示されます。

ここでエンターキーを押せば、1Passwordが自動で、ログイン情報と二段階認証コードを入力してくれるわけです。

この機能は、すでに多くのアプリで有効になっていますが、まだサポートされていないアプリでも、一度手動でログインすれば、その後は自動入力を有効化できます。

生体認証によるロック解除で、パスワード入力が一層手軽に

1Passwordは、「Touch ID」および「Apple Watch」に対応。

これを使えば、生体認証がオンになっている限り、マスターパスワードを入力することなく、個々のパスワードを自動入力してアプリにログインできます。

セキュリティの健全性を一目で把握できるWatchtowerダッシュボード

1PasswordのWatchtowerは、使い回されたパスワードや、すでにネット上に漏えいしているパスワードを監視してくれる機能です。

新たに導入されたWatchtowerダッシュボードでは、全体的なセキュリティ状況が把握可能で、アップデートすべきログイン情報についてもわかりやすく教えてくれます。

セキュリティ上の問題があるパスワードを数多く指摘されても、必要以上に気にすることはありません。

1Passwordは、こうしたパスワードをすべて変えるお手伝いをしてくれますし、強いパスワードを提案し、そのままアプリ内で保存してくれます。

友人や同僚とのデータ共有も容易に

1Passwordの「Teams」機能(月額19.95ドル)があれば、同僚とのパスワード共有も簡単にできます。

特定のチームメンバーにパスワードへのアクセス権を与えたり、任意の保管庫を共有したりする設定も手軽に可能です。また、一時的にメンバーに迎えた人向けのゲストアカウント機能も用意されています。

月額料金を払う価値のある高機能

多彩な機能が満載の1Password 8ですが、それだけに無料というわけにはいきません。今回のアップデートで、1Passwordの価格体系はサブスクのみの設定に移行し、年額プランで36ドル弱、あるいは月額3.99ドルの利用料金を支払うことが必要になりました。

これは、決して安くない値段です。

それでも開発元は、今回のアップデートによって、このアプリでは毎年メジャーアップデートを行い、改善していくという決意のほどを示しています。

このように積極的な開発には、リソースが必要です。価格に対する考え方は人それぞれですので、1Passwordが今後も継続的に改善され、新しいセキュリティ機能が追加されていくことに月額3ドルの価値があるかどうかの判断は、あなた次第です。

Source: 1Password