植物の栽培や世話は、運と勘だけでうまくいくものではありません。

以下にガーデニングにありふれた間違い3つを挙げました。間違いを繰り返すのを避けるのに、活用してください。

【ガーデニングの基本】種が発芽しない理由4つ | ライフハッカー[日本版]

【ガーデニングの基本】種が発芽しない理由4つ | ライフハッカー[日本版]

1. 土壌を無視する

鉢植えか庭か、場所に関係なく使っている土壌の種類は重要です。

屋内なら、植物に適した種類の土壌を購入します。

しかし、実際の土地に種をまき、あるいは苗を植えるなら、最低でも土壌のpHレベルを検査し、栽培しようとしているものに応じてpHレベルを調節するべきです。

2. 場所を間違える

種を購入しても、苗を購入しても、特定の植物が成長し繁茂するために必要な条件に関する情報が提供されるはずです。

これらの条件には、植物には十分にまたは部分的に日光が必要かどうかや、生存に必要な最低温度、その他の気候関連情報のような事が含まれます。結果として造園計画を変更しなければならなくなったとしても、これらの指示を無視して計画を進めようとしないでください。

3. 過密栽培

同じ場所に異なる高さで成長し、様々な色で繁茂する花の愛好者である場合、花を互いに近づけて植えたくなることがあります。

それにより見た目には(少なくとも最初は)望み通りの姿を作り出すかもしれませんが、植物は過密な場所で生育することを好みません

ある時点になると、より優勢な植物が面積を奪いはじめます。そのようにはせず、指示を読み、必要な広さを確認して植物に確実に割り当ててください。

最低限の手間でハーブを育てるコツとおすすめ4種 | ライフハッカー[日本版]

最低限の手間でハーブを育てるコツとおすすめ4種 | ライフハッカー[日本版]

たった5分からはじめる、休日ガーデニングのやり方 | ライフハッカー[日本版]

たった5分からはじめる、休日ガーデニングのやり方 | ライフハッカー[日本版]

家庭菜園の初心者が知っておきたい基礎知識6選 | ライフハッカー[日本版]

家庭菜園の初心者が知っておきたい基礎知識6選 | ライフハッカー[日本版]


Source: HGTV