「成功者」と呼ばれる人たちは、目標ややりたいことを成し遂げ、世の中に爪痕を残している分、計り知れないほど大きな失敗や困難に直面しているでしょう。

彼らはどう苦境を乗り越え、理想を実現させているのか。

今回は、数人の「成功者」から、人生の目標を達成し、やりたいことを叶える思考法やメンタルハックのヒントを得てみます。

本当にやるべきか。「イノベーションの方程式」で判断する

イーロン・マスクは思いついたアイデアやイノベーションをすべて追求しているわけではありません。シンプルな「イノベーションの方程式」という思考法で「本当にやるべきか」を判断しているそう。

目標設定や、実現したいことへどのようなプロセスを踏むべきか、この方程式を使えば明確になってくるでしょう。「イノベーションの方程式」は以下の3つで構成されています。

  1. スタートアップを構築するためにどのぐらいの時間が必要か
  2. 適切なリソースを利用できるか
  3. 必要な原材料を入手できるか

もし今やりたいことがあり、行動に起こすべきか躊躇している、どう進むべきか悩んでいるなら以下の記事でより鮮明なヒントを得てください。

▼関連記事を読む

イーロン・マスクの思考法。シンプルな「イノベーションの方程式」とは? | ライフハッカー[日本版]

イーロン・マスクの思考法。シンプルな「イノベーションの方程式」とは? | ライフハッカー[日本版]

失敗は学びの絶好のチャンスである

成功者は、失敗を乗り越える能力に長けています。ミスはつきものであると考えているからこそ、恐れず挑戦することができるのです。

彼らは、たとえ過ちを犯しても、それを受け入れ、なぜミスがあったのかをすぐに分析し自分に足りなかったものを認識します。

そしてその失敗を無駄にせずエネルギーに変え、二度と同じミスを犯しません

▼関連記事を見る

成功者がやっている、失敗を教訓に変える方法 | ライフハッカー[日本版]

成功者がやっている、失敗を教訓に変える方法 | ライフハッカー[日本版]

何かに取り組むたびに目標を設定し、最善の努力をする

ハリウッド界のトップスターである、トム・クルーズ。彼は、出演作の度に新しいスキルを身につけていました。目標をつくり、達成するよう最善を尽くすことで、スキルアップやキャリアアップにつなげることが可能

彼は、成し遂げたことを積み重ねることで、それがいつどんな時でも発揮できると考えています。

1日のタスクや業務などにもトム・クルーズのように、ゴール設定の習慣を取り入れてみてはいかがでしょうか。

▼関連記事を見る

トム・クルーズがハリウッドのトップをひた走る理由「私が何であるかではない。誰であるかだ」 | ライフハッカー[日本版]

トム・クルーズがハリウッドのトップをひた走る理由「私が何であるかではない。誰であるかだ」 | ライフハッカー[日本版]

成功は、人間的に向上することにある

世界三大投資家の1人で「投資の神様」という異名もとる、ウォーレン・バフェットはキャリアアップや成功するために自己投資を欠かしません。常に自分の尊敬する人を目標に掲げ、鮮明なビジョンを持ち続けます。

また彼は、自分がどのような人間になるかは、誰を尊敬して見習うかによって違ってくると話します。

以下の記事では、小さな目標達成にも生かせる、ウォーレン・バフェットの人生訓をご紹介しています。

▼関連記事を見る

ウォーレン・バフェットに学ぶ「キャリアアップのための人生訓」 | ライフハッカー[日本版]

ウォーレン・バフェットに学ぶ「キャリアアップのための人生訓」 | ライフハッカー[日本版]