部屋の空気を循環させることで、冷暖房の効率を上げ、部屋干しの洗濯物の乾きを早めるサーキュレーター。最近は、まめな換気で感染症を予防するために利用する人が増えています。

サーキュレーターは意外と汚れやすい!のがストレスだった

サーキュレーターは、通常は低い位置に置いて使用するもの。そのため、羽根や前後のガード部分にホコリ・汚れが蓄積しやすいという問題があります。そのまま使い続けると、そうした汚れを室内に飛ばしたり、モーターが加熱したりするため、定期的な清掃が必要です。

軽微なほこり程度なら、掃除機をあてて吸い取ればOK。ですが、それで対処しきれない場合、ガードや羽根を外しての分解清掃となります。

ところが、機種によっては分解できる仕様でなかったり、ドライバーなど工具が必須であったりと、なにかと面倒でした。

工具なしで簡単に分解でき水洗いもOK

この問題をすっきり解決したのが、今回紹介する山善の「洗えるサーキュレーターシリーズです。

このシリーズは、本体以外が水洗いできてしまうというのがセールスポイント。2年前に発売の「お手入れ簡単サーキュレーターシリーズ」の発展版で、工具なしで簡単に分解できる利点はそのまま生かされています。

製品ラインナップは、サーキュレータータイプ」(高さ315~380mm)が3機種リビングサーキュレータータイプ」(高さ720~870mm)が2機種の全5機種。適用畳数は、機種によって18畳、24畳、28畳、30畳と分かれています。

機能面ではいずれも、風量調節、左右・上下首振り、タイマー設定が可能。また、時間とともに風量が小さくなる「おやすみ」モードや、一定のリズムで風量が変化する「リズム」モードがあり、室内干しの洗濯物を早く乾かす衣類乾燥運転ができる機種もあります。

こうした操作は、本体に集約されたボタンで簡単にできます。また、すべての機能はリモコンでも操作可能です。

▼山善「洗えるサーキュレーター」

サーキュレータータイプ

リビングタイプ

実際に分解して、その手軽さを実感

さて、この製品の最大のウリとなる、お手入れのしやすさを確かめてみましょう。

まず、電源を切ってから、羽根部を斜め上に向けます。片手で前面ガードを押さえたまま、下部にあるガードクリップという突起をパチッと下ろします

羽根部を水平に戻します。てっぺんに錠前マークが2つ、三角印が1つあります。錠前が開いているマークの方へ三角印が移動するように、前面ガードを少しだけ左に回すと、前面ガードが外れます。

むきだしになった羽根の中央にあるつまみ(スピンナー)を右に回し切ると、羽根が外れます。

今度は、背面ガード内側の下を見ます。そこに2つのガードクリップがあるので、これらをつまんで外側に開きます。

最後に背面ガードの後ろへ。ここに大きなナットがあるので、これを回します。すると、背面ガードが外れます。

これで洗える部材が全部外れました。ここまでで数十秒ほど。取扱説明書に分解方法が書かれていますが、1、2回やってみれば、あとは手引きなしでできると思います。

羽根、前面ガード、背面ガードは水で丸洗いできます。洗ったら乾燥します。元に戻すには、分解と逆順で組み立てればOKです。

そういえば、以前使用していたサーキュレーターは、羽根に油じみたほこりがこびりついて、それがイヤでした。

ですが、分解しての清掃がいかにも面倒で、そのまま使わなくなりました。対して本製品は、分解・清掃がとにかくラク。一部屋に一台、長く愛用できる一品となるでしょう。

洗えるサーキュレーターシリーズ」の各製品は、全国の家電量販店、ホームセンター、山善の公式オンラインショップ、Amazon、楽天などで購入可能となっています。

▼山善「洗えるサーキュレーター」

サーキュレータータイプ

リビングタイプ

>>もっと【今日のライフハックツール】を見る

>>「暮らしのおすすめ品」の記事を見る

Source: 山善家電, Amazon.co.jp(1, 2)