最近、カメラで写真を撮るのが楽しいです。

決して上手くありませんが、難しいからこそ学ぶことがあって面白い。でも、ちょっと問題が…

撮った写真をiPad miniに転送していたのですが、Wi-Fi経由だと転送に時間がかかるし、エラーが起こって転送できないことも多々ありました。

カードリーダー付きのハブを持っているのですが、Macbook Airとモニターを接続しているとメモリーカードを読み込まないことが頻繁にあり。モニターを外したり、ハブを差し込み直したりと、ちょっと面倒だったんですよね。

そこで、追加でカードリーダーを買ってみました

Ankerの小さいながらも頼もしいカードリーダー

手に入れたのは、Ankerの『USB-C 2-in-1 カードリーダー』。USB Type-Cなので、Macbook AirやiPad mini6に直接させます。

SDスロットとmicroSDスロットが各1ポート搭載されているミニマルスタイルで、消しゴム並みに小さいんですよ。

は、速い…

USB-C 2-in-1 カードリーダー』の公式説明によると、写真や動画、映画などを5Gbps以上の速度で瞬時に転送可能とのこと。

これではピンとこなかったのですが、57枚のRAWデータがあっという間に転送されたので驚きました。

具体的な転送速度を測りたかったのですが、タイマーを起動するまでもなくiPad mini6の画面に表示されていて…。とにかく速いということはわかりました。頼りになります。

ちなみに、耐久性が高く、1万回以上におよぶ接続にも耐えられるんですって。その耐久性を実感できるほど長く使っていませんが、おそらくしっかりしているのでしょう。

小さいし、データ転送が楽になったし、お手頃価格だし、買ってよかったアイテムですよ。写真撮影、捗っちゃうな。

>>「これ買ってよかった」の記事をもっと見る

Source: Anker