Apple Watchは、フィットネストラッカーとしても優秀です。でも、すべての機能を把握するのって難しいですよね。

そこで今回は、Apple Watchをトレーニングに活用する方法をご紹介します。ランニングや筋トレでApple Watchをフル活用しましょう!

1. Apple Watchの健康&フィットネス機能10選

最新のApple Watchには、異常心拍の通知や血中酸素レベルなどの機能が採用されています。カロリーや歩数の計測はもちろん、運動後の血中酸素レベルを計測して負荷を確認することも可能です。

Apple Watchの優れた機能をすべて把握できていないなら、まずは基本機能から活用していきましょう。

以下の記事では、Apple Watchで使いたい健康とフィットネスの10の機能をまとめています。

▼記事を詳しく読む

Apple Watchの健康&フィットネス機能10選 | ライフハッカー[日本版]

Apple Watchの健康&フィットネス機能10選 | ライフハッカー[日本版]

2. Apple Watchで取得するデータの精度を高める方法

Apple Watchの計測データは、厳密には正確とは言えません。活動データをできるだけ正確に記録させるには、設定や個人情報を見直すことが大切です。

計測方法に調整を加え、適切な使い方を知れば、カロリーや歩数などの正確性を高めることができますよ。Apple Watchをパーソナライズする方法は、以下の記事で詳しく紹介しています。

▼記事を詳しく読む

Apple Watchで「ワークアウト」データの精度を高めるには | ライフハッカー[日本版]

Apple Watchで「ワークアウト」データの精度を高めるには | ライフハッカー[日本版]

3. Apple Watchでトレーニングを細かく記録する方法

走る、泳ぐ、ランニングなどのメニューで、活動データは残せているかもしれません。しかし、細かい筋トレのデータはどこまで取得できるのでしょうか?

Apple Watchの隠れた機能「セグメント」を使えば、1つのワークアウトの中で異なる種類のエクササイズを簡単に記録可能。ランニングをしながら、ラップタイムの計測も同時にできます。鍛えたい筋肉が決まっているような、筋トレ中級者以上の方におすすめの機能です。

その設定方法も簡単ですので、チェックしてみてください!

▼記事を詳しく読む

Apple Watchでトレーニングを細かく記録する方法 | ライフハッカー[日本版]

Apple Watchでトレーニングを細かく記録する方法 | ライフハッカー[日本版]

4. Apple Watchのバッテリー寿命を少しでも伸ばす11の方法

Apple Watchで運動をしたり、データをトラッキングするなら、バッテリーの問題に向き合わなければいけません。トレーニング中に電池が切れてしまうことは避けたいですからね。

ちょっとしたコツを実践するだけで、バッテリー時間を長く維持でき、不安なく1日を過ごせるようになりますよ。

▼記事を詳しく読む

Apple Watchのバッテリー寿命を伸ばす11の方法 | ライフハッカー[日本版]

Apple Watchのバッテリー寿命を伸ばす11の方法 | ライフハッカー[日本版]

Apple Watch7に乗り換えもアリ!

Apple Watch 7未購入の方は、以下の記事も参考にしてみてください。過去モデルから進化が進み、まさに今が購入のタイミングです! 高速充電や大画面のメリットを、仕事や運動にもフル活用しましょう!

新型「Apple Watch Series 7」は時計の域を超えた!高速充電、大型画面…その進化を実機レビュー【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー[日本版]

新型「Apple Watch Series 7」は時計の域を超えた!高速充電、大型画面…その進化を実機レビュー【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー[日本版]