聞き手にインスピレーションを与えたい場合、オンラインで話をすることは非常に困難な場合があります

聞き手はオンラインの話し手から通常の視覚的なヒントを受け取ることもなく、プレゼンをする人の声が対面でのコミュニケーションと同じようにクリアに聞こえることもないからです。

そのため、Nick Morganが、優れた検討を行なった自身の著書『Can You Hear Me? 』の中で「圧倒され、退屈で、忘れられやすいコミュニケーション」と呼ぶものに陥っているのです。

しかし、ビデオ会議はすぐになくなるものではありません。事実、オンラインで話をすることは急速に新しい日常になりつつあります。

聞き手を飽きさせず、むしろわくわくさせるような生き生きとした話し手になるには、どうしたら良いのでしょうか? 以下の6つの戦略を試してみましょう。

1. ステージをセットする

まず、自分に注目が集まるようにステージをセットします。気が散るものや雑然とした状態は避けましょう

これはとても簡単なことですが、背景をあらゆるもので埋め尽くした状況で話をしている人もたくさんいます。最近あったZoomでの通話では、話し手が壁掛けやぬいぐるみ、カラフルなキルト、部屋いっぱいの家具に囲まれていて、話に集中するのが難しく感じました。

空間が雑然としていると、注意力が奪われてしまいます。背景は、花瓶やきちんと棚にしまってある本だけにして、すっきりさせましょう。

2. からだで語る

2つ目は、しっかりとしたボディランゲージを使うことです。オンラインの場で話す際、自分のからだが何を語っているのかを考えていない人がたくさんいます。積極的に耳を傾けていることを示すのではなく、カメラの電源を切ってしまうこともあります。

聞き手は、話し手に身体的に惹きつけられることを必要としています。これは、ウェブカメラがオフの時には起こり得ません。

からだの力を使うには、カメラに目線を直接合わせたアイコンタクトからはじめましょう。

目線を落としたり、部屋の中を見回したりすると、ほかのことを考えているように見えてしまうのでやめましょう。アイコンタクトは、聞き手と感情的なつながりをつくる最良の方法の1つです。

顔の表情も意識しましょう。笑顔は、相手が感情的なつながりをもちやすくしてくれます。しかし、ずっと笑顔でいたり、満面の笑みを浮かべたりすることはやめましょう。会話を楽しんでいることから出てくる自然な笑顔が良いでしょう。

また、笑い声は、聞き手が退屈に感じている際の優れた対策です。

顔にネガティブな気配が出てしまっていないか、自分自身もチェックしましょう。Patti Sanchezは著書『Presenting Virtually』で次のように書いています。

自分の顔が何を伝えているかを意識しましょう。イライラや焦りなどのネガティブな感情は、気をつけないとすぐに表に出てきてしまいます。

温かみのあるジェスチャーをしましょう。動作はすべて、聞き手のほうに動く開放的なものが良いでしょう。ひれ足のような(肘が脇にくっついた状態の)ジェスチャーは避けるべきです。

また、忙しない手首のジェスチャーも避けましょう。決して腕を組んだり、交差させたりしてはいけません。そうしないと、聞き手との間に感情的な距離をつくることになってしまいます。

椅子では前かがみにならないようにしましょう。姿勢が良いと、「準備完了」の状態で相手の話を受け入れようとしていることがわかります。

3. 情報ではなくアイデアに集中する

話をする際には、脱線したり、細かいことを話し過ぎてオンラインの聞き手に過剰な負担をかけたりしないようにしましょう。自分の考え方を反映させたアイデアにしっかりと焦点を合わせて話し、できるだけ早く結論に移りましょう

「プロジェクトXについて報告を求められましたが、X、Y、Z を調べて5 人の部下に協力してもらい…」と言うのではなく、「プロジェクトXは見事に成功しました。結論としては、このプログラムが新しい顧客を惹きつけるだろうということです」と話すのです。

研究によると、従業員は15分以内の会議を好むことがわかっています。この2022年の調査を受けた人たちのうち39%は、会議中に居眠りをしてしまうと認めています。そのため、単刀直入に話し、発言は短く集中させましょう。

4. 情熱的で協調的な言葉を使う

言葉の力を借りて、自分の情熱と協調的なリーダーシップのスタイルに関して明確かつ説得力のあるメッセージを伝えましょう。

「わくわくしています」「自信があります」「私たちにはこれが実現できると確信しています」といった情熱的な言葉を使うと、進行中のプロジェクトに対する熱意が見えます。このような言葉のエネルギーは、人に伝染していくものです。

また、協調的な言葉も聞き手との絆を深めるために重要です。

「ジェリー、君の近況を聞きましょう」「ソム、あのプロジェクトの進捗状況を教えてください」と言ったり、「今日ここにいる全員」に触れたりすると、オンラインによる隔たりを解消することになります。

名前で呼びかけ、成し遂げていることを認め、相手と感情的につながっているということを協調的な言葉で示しましょう。

5. 元気よく話す

話し手としてするべき仕事は、オンラインの会議室に大きなエネルギーをもたらすことです。エネルギーがあると、その人の周りに集まりたい、一緒に仕事がしたい、ついていきたいと思わせるものです。

そのため、自分のエネルギーを常に高いレベルに保つようにしましょう。沈黙したり、長い間途切れたりしないようにします。

電話や会議システムのタイムラグを調査した研究では、たった1.2秒遅れただけで、相手からは親しみにくく感じられたり、集中していないように見えたりすることがわかりました。

オンラインの会話で沈黙してしまうと、会話を終わらせているように思われてしまうことがあります。

声にニュアンスを感じ取る人間の能力は非常に高度だということが、研究で明らかになっています。実際、聞き手の反応を引き出す際には、顔の表情以上に声が重要なのです。

6. ほかの参加者の意見を補強する

ほかの参加者の考えや意見を補強すると、オンラインで生き生きとした存在として見てもらえるようになります。

「アブデル、それはいい指摘ですね。私も、次のこの機会を活かすべきだと思います」「チームの皆さんが正しいですね。ソーシャルメディアを活性化し、経営陣にもっと注目してもらうことは理にかなっています」といった表現を使いましょう。

会議の最後には、「皆さんのご尽力に感謝します」と言って終わると良いでしょう。1対1の会議は、「ご提案いただいた通り顧客Xに確認し、どのような返答があったかご報告いたします」などと次のステップを示して締め括りましょう。

あがり症は治せる!人前であがらずに話せるようになる技術 | ライフハッカー[日本版]

あがり症は治せる!人前であがらずに話せるようになる技術 | ライフハッカー[日本版]

リモートワークでの「同僚との交流不足」を解消する5つのポイント | ライフハッカー[日本版]

リモートワークでの「同僚との交流不足」を解消する5つのポイント | ライフハッカー[日本版]

説明がわかりやすい人がやっていること|相手に正しく伝える簡単なテクニック | ライフハッカー[日本版]

説明がわかりやすい人がやっていること|相手に正しく伝える簡単なテクニック | ライフハッカー[日本版]

Source: ZIPPIA, INTROVERT DEAR, Greater Good Magazine,

Originally published by Fast Company [原文] Copyright © 2022 Mansueto Ventures LLC.