私は、iPhoneで何か再生しながら眠りにつくことが多く、たいていはYouTubeの動画です。

しかし、動画が眠りに落ちる前に終わってしまうと困りますし、逆に長すぎるとせっかく寝落ちしたのに動画の音で目が覚めてしまうこともあります。

また、自動再生が無効になっていないと、一晩中YouTubeが私のおすすめカタログを流し続けることになります。

しかし、もうそんな心配はしなくなりました。iPhoneでスリープタイマーを活用できるようになったからです。

スリープタイマーを使う方法

タイマーを使うには、通常通り「時計」アプリで「タイマー」を選択します。「タイマー終了時」を選び、一番下までスクロール。「再生停止」をタップします。

ここから、時間の長さを選んでタイマーを作動させれば、もう安心です。時間切れになるとすべてのオーディオ再生が停止します。

このスリープタイマーの一番の特徴は、iOSがオーディオ再生を停止すると同時にロック画面に戻るところです。

これにより、iPhoneは必ずスリープ状態に入り、アプリを開いたままアクティブな状態で放置されることを防げます。

Apple Musicのようにバックグラウンド再生が可能なアプリならともかく、YouTubeの無料版だとアプリを開いた状態にしておかないと使えないので、このスリープタイマー機能は、私には嬉しい限りです。

ここで注意点を1つ。iOSは最後に選択したタイマーの「音」の設定を記憶して次回以降タイマーをセットする際にも使用します。

もし、うっかり「再生停止」を変更せずにタイマーをセットしてしまったら、タイマーが切れるときは無音に。

ですから、夕食や昼寝の時間などをリマインドするためにタイマーにセットするときは、無音にしてしまわないように気を付けましょう。

Source: 9to5Mac