Apple Watchを使っている人は、アプリより時計として使っているはずです。

しかし、Apple Watchの様々な機能をすべて使いこなすには、コントロールセンターに詳しくなる必要もあります。

今回は、Apple Watchのコントロールセンターの様々な機能を紹介しながら、そのカスタマイズ方法もお教えします。

Apple Watchのコントロールセンターとは

iPhoneのコントロールセンターと同じく、重要な情報やシアターモードや集中モードなどの機能に素早くアクセスできる、Apple Watch版の機能です。

Apple Watchのコントロールセンターにアクセスするには、文字盤を表示していなければなりません。文字盤でない場合は、Digital Crownをサッと押します。

それから、画面の下からスワイプアップしてコントロールセンターを表示。

コントロールセンターを閉じる場合は、画面の上からスワイプダウンするか、Digital Crownを押しましょう。

Apple Watchのコントロールセンターの各アイコンについて

コントロールセンターでできることをすべて理解するには、画面の上から順にすべてのアイコンを見ていきましょう。

「モバイル通信」と「WiFi」

「モバイル通信」と「WiFi」

GPS + CellularモデルのApple Watchを使っている場合、最初のアイコンは「モバイル通信」です。

このアイコンを選ぶと、アクティブなモバイル通信のプランに関する詳細を見たり、モバイル通信のオン/オフの切り替えができます。

GPSモデルのApple Watchの場合、最初のアイコンは「WiFi」です。

このアイコンを押すと、WiFiのオン/オフの切り替えができます。長押しすると、接続できる近くのWiFiネットワークを表示します。

「iPhoneを探す」と「バッテリー残量」

「モバイル通信」と「WiFi」

「iPhoneを探す」のアイコンを押すと、iPhoneが近くにある場合は、マナーモードになっていても音を鳴らして見つけられるようにします。

長押しすると、iPhoneの音がなり、後ろのカメラのフラッシュが点滅するので、ベッドやソファの下にあったり、暗い場所で探すのにピッタリです。

「バッテリー残量」のアイコンは、Apple Watchのバッテリー残量を表示。

数字を押すと、別の画面を表示し、バッテリーを浪費しない省電力モードを有効にすることができます。

バッテリーを長持ちさせるための秘訣をもっと知りたい場合は、「Apple Watchのバッテリーを節約する方法」の記事も読んでみてください。

「消音モード」と「シアターモード」

「消音モード」と「シアターモード」

ベルのアイコンを選ぶと「消音モード」が有効になり、Apple Watchのすべての音が鳴りません。

通知が届くと手首がビビっとなります。ただ注意してほしいのは、Apple Watchが充電中の場合、消音モードにしていてもアラームとタイマーは鳴ります。

隣のアイコンは「シアターモード」のアイコンで、手首を上げても画面が点灯しなくなります。消音モードも有効になり、「トランシーバー」も会話不可の状態になりますが、触覚による通知は受け取り可能。

シアターモードで画面を見たい時は、Digital Crownかサイドボタンを押しましょう。画面上部にシアターモードのアイコンが表示されていると、シアターモードは有効です。

「トランシーバー」と「集中/おやすみモード」

「トランシーバー」と「集中/おやすみモード」

「トランシーバー」アイコンは、トランシーバーのオン/オフの切り替えに使います。

オンの場合、Apple Watchを身に着けた他の人と、短い音声メッセージを送受信することができます。現実世界のデバイスを、現代的にアレンジしたものです。

トランシーバーのオプションについて詳しく知りたい場合は、「トランシーバーの使い方」の記事を見てみてください。

三日月のアイコンを押すと、「おやすみモード」やいくつかの「集中モード」を選ぶページが表示されます。

おやすみモードは、設定した時間内はApple Watchからのあらゆる通知が完全に停止します。

集中モードの「睡眠」は、睡眠の特定の目標を達成するために、トラッキングの一環として自動的にApple Watchをおやすみモードに変更。詳しく知りたい場合は、「Apple Watchの睡眠アプリについて」を読んでみてください。

「フラッシュライト」と「機内モード」

「フラッシュライト」と「機内モード」

「フラッシュライト」のアイコンを押すと、3つの照らし方のオプションから選ぶことができます。フラッシュライトの各色について詳しく知りたい人はこちらをどうぞ。

「機内モード」のアイコンを押すと、iPhoneと同じくWiFiと携帯電話がオフになり、飛行機に乗っている時に使えるようになります。

「防水ロック」と「オーディオ出力」

「防水ロック」と「オーディオ出力」

Apple Watchを身に着けて水中で何かをする時は、「防水ロック」を必ずオンにしてください。

そうすると、自動的にApple Watchの画面がロックされ、意図的でないタップを防止。

水中から出たら、Digital Crownを回せば防水ロックが解除され、内部スピーカーに入った水も外に出ます。水中に入る前に防水ロックをオンにしていなくても、スピーカーに入った水を出すために、後でこの機能を使うこともできます。

Apple Watchで音楽や音声を聴きたい場合は、「オーディオ出力」アイコンを選びましょう。そこから、使いたいヘッドフォンを選ぶことができます。

Apple Watchで使ったことのないヘッドフォンやイヤフォンを使いたい場合は、デバイスに接続を選び、説明に従います。

「ヘッドフォンの音量」と「通知の読み上げ」

「ヘッドフォンの音量」と「通知の読み上げ」

Apple Watchにヘッドフォンを接続している場合、「ヘッドフォンの音量」アイコンを押すと、ヘッドフォンの音量をDigital Crownで簡単に調整できる画面が表示されます。

互換性のあるヘッドフォンをApple Watchに接続している場合、「通知の読み上げ」のアイコンでオン/オフを切り替え可能。

この設定がオンの時に、どのアプリの通知を読み上げるかを選びたい場合は、「設定 > Siri > 通知の読み上げ」に行きましょう。

「スクールタイム」

「スクールタイム」

最後のアイコンは「スクールタイム」です。学生向けに設計されたものですが、Apple Watchユーザーであれば誰でも使用できます。

スクールタイムは、Apple Watchの機能を制限して、デバイスのせいで気が散らないようにするものです。このモードをオンにすると、シンプルな時計の文字盤だけが表示されます。

もっと詳しく知りたい人は、「スクールタイムの設定とカスタマイズの方法」を読んでみてください。

Apple Watchのコントロールセンターを編集する方法

Apple Watchのコントロールセンターを編集

Apple Watchのコントロールセンターは、簡単に編集したり、アイコンを削除したりできます。

画面をスワイプアップしてコントロールセンターを開き、画面の一番下までスクロールダウンして、「編集」を選択。

アイコンが小刻みに揺れ始めるので、アイコンをドラッグして好きな場所に移動させることができます。「完了」を押せば、変更した状態で保存されます。

-(マイナス)」のマークが付いているアイコンは、編集中に削除可能。

削除したアイコンを復活させるには、コントロールセンターを開き、「編集」を選び、一番下までスクロールダウンして、「+(プラス)」のマークが付いたアイコンを選択し、「完了」を押すだけです。

Original Article: How to Customize and Use Control Center on Apple Watch by MakeUseOf