どんな仕事でも、さまざまな職務が求められます。

なかには、長期的に見てあなたの昇進に役立つものもあるかもしれませんが、まったくそうではないものもあるのです。

たとえば、あなたが教師なら、新しいカリキュラムの設計や実施は、昇進候補の列に並ぶのに役立つかもしれませんが、ボランティアとして課外活動に時間を割いても、そうはならない可能性が高いでしょう。

どちらの仕事も、学校の全体としての機能にとっては重要なものですが、あなた自身のキャリアに直接的な恩恵をもたらす可能性という点では差が……。

直接的な恩恵のない「行き止まり」の職務を、経済学者は「非昇進型職務(non-promotable task)」と呼んでいます。

重要だが、昇進にはつながらない

非昇進型職務は、たとえばパーティーの計画、メモとり、休憩室のコーヒーの補充のような「オフィス内の家事(雑用)」と似ていますね。

そうした仕事は、職場を円滑に機能させるためには重要なものですが、職場におけるあなたの長期的な成功には寄与しません。

「(非昇進型職務は)組織を助けるものの、その仕事をする個人の助けにはならない、組織内の仕事全般を指します」と語るのは、ピッツバーグ大学の経済学者で、『The No Club: Putting aStop to Women’s Dead-End Work(ノー・クラブ――女性の「行き止まりの」仕事に終止符を』の共著者でもあるLise Vesterlund氏です。

そうした仕事には、たとえば、たいした売上にはならない顧客の相手や、プレゼンテーションに磨きをかけるための裏方仕事、新人研修の手伝いなどが含まれます。

非昇進型職務は、女性に偏っている

これは研究でも示されていることですが、非昇進型職務をする人は、女性に偏っているのです。

「私たちが調べたどの組織でも、この手の仕事の多くを女性がこなしていました」とVesterlund氏は話しています。

調査対象になったある専門サービス会社では、女性が非昇進型職務に費やす時間は、男性の同僚に比べて200時間も多いことがわかりました。これは年間で見ると、1カ月以上の労働時間に相当します。

この種の仕事が女性に偏るのには、多くの理由があります。例としては、頻繁に頼まれる、断わったときに男性よりも厳しい目が向けられる、などが挙げられます。

「女性がこうした仕事をするのは、本質的に得意だからというわけではありません。また、本質的に男性よりもこうした仕事を楽しめるからでもありません。女性は、そうした仕事をするものだと期待されているからです」とVesterlund氏は述べます。

私たちが実施したある研究では、女性は男性に比べて、この手の仕事を50%近く多く頼まれていることがわかりました。

認識しておくべき重要な点は、これが世間に広く蔓延している問題であり、あらゆる職場で起きているということです。したがって、この問題の是正には、誰か1人の責任ではなく、組織全体の責任で取り組む必要があります。

組織レベルでは、こうした職務を平等に割り振る方法を見つけることや、あるいは、こうした職務を実施することが、その人の昇進判断の材料になるような人に割り当てる、といった方法が考えられます。

たとえば、会議の調整は、あなたが一般の教職員なら昇進の足がかりにはならないでしょうが、あなたが管理組織の一員であれば、昇進の足がかりになるかもしれません。

組織全体で意識化してもらうことは、大きな効果につながる可能性があります」とVesterlund氏は話しています。

どの職務が「行き止まり」かを特定する

とはいえ、そうした「行き止まり」の職務に関しては、問題を対処可能なレベルに抑えるためにとれる戦略もいくつかあります。

Vesterlund氏らの研究チームは、その手はじめとして、自分が職場でどのように時間を費やしているかをじっくり調べることを推奨。

あなたの仕事時間を占めている職務や義務をすべて書き出したら、昇進につながる可能性という観点で分類します。昇進に直接つながるものもあれば、昇進の可能性が中程度のもの、さらにはまったく可能性のないものもあるでしょう。

「昇進可能性にはスペクトルがあります」。カーネギー・メロン大学の経営学教授で、前述の本の共著者でもあるLaurie Weingart氏はそう話しています。

全体として、ちょうどよいバランスを目指すようにしましょう。

非昇進型職務は、職場全体が機能するために欠かせない仕事なので、誰もがある程度は担当する必要があります。けれども、そうした職務が、昇進させてくれるはずの仕事を押しのけるようではいけません。

「自分のスキルを賢く活かすこと」に重点を置く

昇進可能性の高い職務を把握したら、次のステップは、なくす必要のある職務を特定し、それについて上司と話しあい、自分のスキルに最も適したかたちで勤務時間を使えるようにすることです。

上司と腹を割って話し、自分の仕事構成を見直し、そのバランスを改めるのに協力してほしいと頼むチャンスです」とWeingart氏は話しています。

上司は、すべての部下の力を最大限に引き出したいと望んでいるものです。けれども多くの場合、こうした非昇進型職務がひとりの人に与える累積的な影響を認識してはいないのです。

Source: The No Club, Econ, Cmu