仕事でもプライベートでも、あらゆるシーンでお世話になるGoogleのサービス

それらをより効率的に使えるようになるのが、Chrome拡張機能およびFirefoxアドオンとして提供されている「Black Menu for Google」です。

Chromeのミニウィンドウで検索や翻訳ができる

Screenshot: 酒井麻里子 via Chrome

「Black Menu for Google」は、アドレスバー横にミニウィンドウがポップアップする機能。

右列の一覧からサービスを選ぶことで、新しいタブを開くことなく翻訳や検索、Keepメモの閲覧、メールやカレンダーといったGoogleのサービスを使うことができます。いくつか便利な機能をご紹介します。

1. 翻訳

Screenshot: 酒井麻里子 via Chrome

なかでも特に便利なのが「翻訳」です。テキスト、ドキュメント、ウェブサイトの3形式に対応。

おなじみのGoogle翻訳がミニウィンドウで表示され、気になる単語や文章の訳をすぐに確認できます。翻訳結果を音声で確認したり、結果のテキストをコピーしたりすることも可能。

さらに、WordやPDFなどのドキュメントの翻訳もここから行うことができます。その場合は、「ドキュメント」タブでファイルを選び、翻訳結果のファイルをダウンロードします。

2. 検索

Screenshot: 酒井麻里子 via Chrome

Google検索も、Black Menuのミニウィンドウから行えます。通常の検索と同様に、画像や動画、ECサイトだけに絞って検索することも可能。検索結果をクリックすると、新しいタブでページが開きます。

3. Gmail

Screenshot: 酒井麻里子 via Chrome

メールの場合は、「受信トレイ」の一覧が表示され、クリックするとウィンドウ内でメール本文を読むことができます。

上部の検索ボックスでメールを検索したり、スター付きのメールや「重要」ラベルのついたメールだけ見ることも可能です。

4. カレンダー

Screenshot: 酒井麻里子 via Chrome

Googleカレンダーを連携すれば、登録した予定をBlack Menuで見ることもできます。ちょっと予定を確認したいときに重宝します。

5. YouTube

Screenshot: 酒井麻里子 via Chrome

おもしろいのが、YouTubeの動画も視聴できる点です。

検索や「急上昇」のランキング、登録チャンネルなどから動画を選ぶと、Black Menuのウィンドウで動画の再生がはじまります。

このほかに、ToDoリストのタスクやKeepメモを見たり、マップを検索したりも可能。わざわざ新しいタブを開くほどではない、ちょっとした情報の確認を効率的に行えます。

メニューのカスタマイズも可能

メニューに表示するサービスは、必要に応じて追加や削除、並べ替えが可能。右列最下部の「カスタマイズ」を選んだ後、左列の一覧からサービスを追加したり、ドラッグで表示順を変更したりできます。

Screenshot: 酒井麻里子 via Chrome

使用頻度の高いサービスを上部に配置しておけば、より使い勝手のよい環境をつくりあげることができます。

ショートカットとしても便利

さらに、ミニウィンドウでの利用ではなく、新しいタブでGoogleサービスを使いたいときのショートカットとしても役立ちます。

その場合は、左列のアイコン群からサービスを選ぶか、右列のメニューをマウスオーバーすると表示される矢印アイコンをクリックします。

また、検索ボックスからサービス名で検索してアクセスすることも可能です。

Screenshot: 酒井麻里子 via Chrome

筆者はかなり前からこの拡張機能を愛用していますが、現在のページから移動することなく他のサービスを併用できるのは本当に便利です。

Googleサービスの利用頻度が高い人にはぜひおすすめしたいツールです。

Source: Black Menu for Google