iPhoneの写真管理には、いくつかの選択肢があります。

Apple「写真」アプリはビルトインの選択肢として、おおむね優れています。「Googleフォト」はオプションのアプリで、こちらも一般的に優れています。

しかし、両方を同時に使うのは避けたほうが良いでしょう。とはいえ、すでにこの2つをまぜこぜに使っている場合は、安全に接続を解除する方法があります

Googleフォトはユーザーの役に立ちたい一心で、写真や動画を見るだけでなく、クラウドにバックアップすることもできるワンストップショップになりたいと考えています。

その点では、Apple写真やiCloudフォトライブラリと似ています。

しかし、すでにApple写真を使用していると、Googleフォトの動作は、時に混乱やイラつきを招き、そして間違いなく、ごまかしがあります。

GoogleフォトとApple「写真」を連携させた際の落とし穴

たとえば次のような状況に陥ることがあります。

Apple写真のライブラリがあるのに、GoogleフォトをiPhoneにダウンロードして、アプリが、Appleのライブラリにアクセスするように要求してきたとします。

素晴らしい! 何の問題もありません。

しかし、突然、Googleから「アカウントのストレージが不足しています」とか「アカウントのストレージを使い果たしました。そのため、重要なGmailなどを使用するために、さらにストレージを購入する必要があります」というアラートが届きはじめます。

まあ、それでも大丈夫。Googleフォトから写真をいくつか削除すれば済む話です。

結局は、まだApple写真があるので、何の害もありません。ただし、Googleフォトから写真を削除するたびに、Apple写真からもその写真が削除されるのは困ります

どうやら八方ふさがりに陥ったようです。

お気に入りの写真や動画を山ほど消去してもいいなら別ですが、そうでないなら、唯一の選択肢は、Googleストレージをもっと購入するしかないようです。これって、強要されている感じがしませんか?

Googleフォトが所持するメディアは一部のみ?

しかし、幸い、写真を失うこともGoogleに今より1セントでも多くお金を払うこともなく、この状況を解決することができます。

まず、理解すべきことは、GoogleフォトはApple写真ライブラリ内のメディアを全部持っているわけではない可能性が高いということです。

ストレージが不足しているなら、Googleフォトは可能な限り多くの写真や動画をインポートし、ストレージの制限に達した時点で停止したことになります。

GoogleフォトにApple写真ライブラリ内全体が表示されているのは、Googleフォトがそのライブラリをアプリでミラーリングしているからです。

これらのアイテムの中には、Googleアカウントにリンクされているものもありますが、そうでないものもあり、GoogleフォトがApple写真から引っ張ってきているので、ここに表示されているに過ぎません

それでも、この状況はもどかしいですよね。Googleアカウントは満杯で、Googleが写真の一部を持っていて、Googleフォトからは何も削除できないだなんて。

GoogleフォトとApple写真の同期を解除する

まず、GoogleフォトがApple写真をインポートできるようにしている設定を無効にします。この場合にすべきことは、次の通りです。

  1. Googleフォトを開き、プロフィール写真かイニシャルをタップ。
  2. 「写真設定」「バックアップと同期」を無効にする。

この操作により、Apple写真とGoogleフォトの接続が解除され、Apple写真のライブラリからアイテムを削除することなく、Googleフォトから安全にアイテムを削除できるようになります

これらのアイテムをGoogleフォトアプリかGoogleフォトのウェブアプリから削除すると、Googleアカウントのストレージが復元されます。

つまり、このアドバイスは、iPhoneの写真をGoogleフォトにバックアップしたくない人向けです。興味がある人は、Googleフォトのライブラリの管理に関するアドバイスをこちらの過去記事でチェックしてみてください。

>>「iPhoneハック」の記事を見る

>>「Androidを賢く使う」の記事を見る

Source: Google フォト