「寝られないときは羊の数を数えたらいい」。

そう言われて、素直に「羊が1匹、羊が2匹…」と声に出して数えた人は多いことでしょう。でも、あれって全然眠くなりませんよね?

それもそのはず。この習慣は英語圏が発祥で、そもそも「sheep」を何度も繰り返して口にするのであって、ご丁寧に「羊が〜」とはやらないんです。細かく頭数を数える日本式だと、かえって目が冴えてしまうんですよね。

でも、睡眠補助といえば羊だと思っちゃいますよね。そこで、集英社とENDROLLは、眠れない夜を楽しむアプリ『よひつじの森』を共同開発・運営。睡眠における羊の在り方を根本的に見直したみたい。眠ることで羊を増やしたり、物語を進められるんです

睡眠習慣記録用のスマホ向けアプリ『よひつじの森』

よひつじの森』(iOSのみ対応)は、「スマホから離れて自分だけの静かな夜を過ごすこと」をテーマにした睡眠習慣記録用のゲーム

プレイヤーは、羊の「ヨル」と一緒にゲーム内で日々を過ごすなかで、規則正しい就眠や、寝る前のデジタルデトックスを習慣化しながら、音楽を集めて旅をするのだそう。

睡眠習慣は1日や2日で改善されたり、定着するものではありません。だから、続ける工夫がいっぱいです。

羊を増やしたいから寝る

Screenshot: 中川真知子 via よひつじの森

まず、睡眠習慣を記録すると、朝起きるたびに牧場に羊が1匹増えるそう。牧場に行くと、ユーザーの睡眠記録を羊たちが並んで教えてくれるとのこと。

音楽を集めたいから寝る

Screenshot: 中川真知子 via よひつじの森

就寝前にスマホから離れる習慣を続けると、自然音を奏でる貝を集められるそうです。

続きが知りたいから寝る

Screenshot: 中川真知子 via よひつじの森

『よひつじの森』は睡眠を記録するだけでなく、ユーザーが眠ると、新しいストーリーが解放されるそう。

テストプレイでは、羊の「ヨル」のストーリーの続きを知りたくて、『よひつじの森』アプリを「続けたくなる」と答えた人が多かったようです。

睡眠トラッキングアプリは使いこなせば生活が向上するのは筆者も身を持ってしっています。しかし、ちゃんと使いこなすためには、毎朝のチェックが欠かせませんし、能動的にデータを解析する必要があります。

ただ、意識していないとチェックし忘れてしまうんですよね。『よひつじの森』は、睡眠をトラッキングするだけでなく、チェックしたくなる工夫が施されているので続けやすそうです。


眠れない夜を楽しむアプリ『よひつじの森』

【利用料】サブスクリプション課金制(14日間無料トライアルあり)

  • 1カ月プラン:480円/月
  • 3カ月プラン:980円/3カ月(月額約327円)
  • 年間プラン:3000円/12カ月(月額250円)
  • 推奨環境:iPhone 8 Plus以上、iOS15以上、3GBメモリ以上

>>アプリダウンロードはこちら

>>もっと【今日のライフハックツール 】を見る

>>「最高の睡眠」の記事を見る

Source: よひつじの森, App Store/Image: よひつじの森