現状、PCだけですべての業務を完結できるかというと、大半の人にとって答えはノーでしょう。

そんな一般デスクワーカーの場合、楽にタイピングできるポジションにキーボードを配置しておきたくても、手書きなどの事務作業をするときは退かす必要があります。

そうこうしているうちに、いちいちキーボードを動かすのがだんだん面倒になり…。

結果、キーボードは奥に置いたまま。ムリに腕を伸ばして入力することで、肩コリの原因になったりするわけです。

サンワサプライの『スライダー MR-LCSTは、この問題を解決したいと思っている人に、ぜひ試してもらいたいアイテムです。

軽く押し引きするだけでベストポジションに

どう使うのかは、上のGIF動画で見てのとおり。

似たアイテムに、天板の下に増設するタイプのキーボードスライダーもありますが、これは天板引き出しが付いている事務机や、ノートPCを利用する場合には対応できません。

この点『スライダー MR-LCST』は、どんな机にも置いて使えるのがメリット

ちなみに、レールのように見えている木製のパーツは、筆者がDIYしたローラーガイドです。

キーボードを奥へ移動させる時に、ピッタリ狙った位置に収まってほしくて自作しましたが、もちろんなくても問題ありません。

事務作業したいときはスッと奥へ押して、キーボード入力するときはサッと引っぱるだけ。

キーボードを手で持ち上げて移動させるのに比べれば、段違いに楽チンですよ。

また、軽い力で転がってくれるという特長のおかげで、タイピングしながらベストポジションに微調整できるところも、地味にありがたいポイントです。

フルキーボードとマウスを置けるサイズ

幅は、約52.6cm。テンキー付きのフルキーボードを乗せても、マウスを振るスペースはギリギリ確保できるサイズ感になっています。

私の場合は、サイズ大きめのトラックボールを使っており、別体式のテンキーボードでサンドイッチするように配置するのが好みなので、上の画像のようにして使っています。

モニター台、モニターアームとの相性バッチリ

モニター台や、モニターアームを使っているなら、モニター下を有効活用できるのでかなりスッキリできます。

さらに机上のスペースを稼ぎたい場合は、クロムメッキされた銀色の取っ手を外してしまう手もアリ。裏側からビス止めされているだけなので、プラスドライバー1本あればカンタンに外せますよ

キーボードの位置が高くなってしまうというデメリットもありますが、高さ調整可能な椅子を使っているなら、特に問題にはならないでしょう。

かなり作業効率を上げてくれるアイテムなので、ぜひ試してみてください。

▼あわせて読みたい

天然コルクの「デスクマット」がお値段以上!滑らかで快適だった【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー[日本版]

天然コルクの「デスクマット」がお値段以上!滑らかで快適だった【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー[日本版]

薄型キーボードにはロジクールの「薄いリストレスト」が最適解【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー[日本版]

薄型キーボードにはロジクールの「薄いリストレスト」が最適解【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー[日本版]

Lenovoのモバイルキーボード『ThinkPad』はトラックポイントがやっぱり快適【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー[日本版]

Lenovoのモバイルキーボード『ThinkPad』はトラックポイントがやっぱり快適【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー[日本版]

>>もっと【今日のライフハックツール 】を見る

>>「暮らしのおすすめ品」の記事を見る

Source: サンワサプライ, Amazon.co.jp