プレゼン資料を作成したものの発表が億劫なことがあるかと思います。そんなとき、もし許される環境ならナレーション付き動画を流してみてはいかがでしょうか

今回ご紹介する『narakeet』を用いれば、パワーポイントやGoogle Slidesで作成したスライドをそのままナレーション付き動画に変換できます。

使い方はとてもシンプル。実際にそのやり方を見ていきましょう!

AIナレーターがノートの部分を読み上げてくれる

Screenshot: 山田洋路 via PowerPoint

『narakeet』にファイルをアップロードすると、スライドを動画に変換してくれるとともにノートの部分を読み上げてくれます。

Screenshot: 山田洋路 via PowerPoint

準備といえば、作成したスライドを「ファイルにフォントを埋め込む」に設定して変換後に見栄えが変わらないようにするくらいです。

ものの数分でナレーション付き動画が完成

Screenshot: 山田洋路 via narakeet

試しにナレーション付き動画を作成していきます。

最初に表示される画面からファイルをアップロード。

Screenshot: 山田洋路 via narakeet

設定で日本語のボイスを選択しておき、動画を作成ボタンを押すと生成がはじまりました!

Screenshot: 山田洋路 via narakeet

ほどなく動画が完成して再生できるように。再生速度を変えたりダウンロードしたりも可能です。

プレゼンのシミュレーションに活用したい

Screenshot: 山田洋路 via narakeet

労力をかけずに作成できるのがツボ。レクチャー用の動画の作成プレゼンのシミュレーションに活用する手もありです。

『narakeet』は、ウェブサイトから利用できて20個のプロジェクト(スライド枚数30枚、ファイルサイズ10MBなどの制限あり)までが無料となっています

『narakeet』を使い倒したい方には、追加30分6ドル(約780円)からのパーソナルアカウントも用意されているのでそちらもご検討を!

>>もっと【今日のライフハックツール 】を見る

Source: narakeet