ライフハッカー[日本版]とBOOK LAB TOKYOがコラボするトークイベント「BOOK LAB TALK」。第15回目のゲストは『Notionで実現する新クリエイティブ仕事術』の著者、村上臣さんです。

「Notionが気になるけど使っていない」「使ってみたけど馴染めなかった」という人にこそ本書を読んでほしい! と村上さん。今回は贅沢にもご自身の使い方を実例として、「Notion」を使った仕事術をレクチャーしてくれました。

「Notion」はアイデアの引き出し

クリエイティビティとインプット力について語る村上さん
クリエイティビティとインプット力について語る村上さん
Screenshot: ライフハッカー編集部 via Zoom

前回の「BOOK LAB TALK」登場で著作を紹介してからわずか1年弱という速さで、新著『Notionで実現する新クリエイティブ仕事術』を出版された村上さん。

コロナ禍で在宅勤務となり、通勤時間をクリエイティブな活動に使えるようになったことと、「Notion」によって情報のインプットと整理の効率が格段に上がったことが、アウトプットにつながったと話します。

僕が思う「Notion」の一番すごいところは、やりたいことが何でもできることです。

「Notion」の大きな特徴は、画像やテキストだけでなく、ウェブページ、YouTube動画、Podcastなど、たくさんのソースから得た情報を1つのフォルダに集約できること。

Chromeの拡張機能を使えばウェブページもワンクリックで保存できるので、自分で入力したメモと、クリップした情報を別々のツールで管理していた頃と比べて、効率的に必要な情報を探せるようになりました

「Notion」を駆使する以前は情報をカテゴリーごとに分けていた村上さん。かつては整理することに一生懸命になってしまい、肝心なときに情報が見つからないことも多かったそう。

結局、情報をスクラップするときって目的が曖昧なことが多いんですよ。

「Notion」に気になることをすべて集約しておくと、なんとなく眺めているうちにアイデアを見つけたりとか、いわゆるセレンディピティ(予期せぬ幸運との出会いや発見)が起きやすくなるんです。

公私を問わずインプットした情報を「Notion」に集めることで、「Notion」がアイデアの倉庫になると村上さん。アウトプットすること自体が楽になるとともに、質も向上すると語ります。

村上さんの「Notion」フォルダ。気になった情報を集約しアイデア発想の材料にしている。
村上さんの「Notion」フォルダ。気になった情報を集約しアイデア発想の材料にしている。
Screenshot: ライフハッカー[日本版]編集部 via Zoom

インプットに大切なのは「面白がり力」

LinkedIn日本代表(登壇当時)をつとめる傍ら、本の執筆、複数のスタートアップの戦略・技術顧問と、さまざまな場所で活躍中の村上さん。

「膨大なアウトプットの元となるインプットはどのように行なっているのでしょう」とライフハッカー[日本版]編集長の遠藤祐子が尋ねると、「面白がること」という返答が。

資格勉強のようなタスクとしてのインプットとは違い、それ以外のインプットはいつ、どう役立つかわからないことが多いですよね。

僕は中学生のときに鴨長明の『方丈記』を読んで感銘を受けたのですが、彼の諦観は今の経営者としての僕に生きています

鴨長明のインプットが僕の中にインストールされて、30年後に役に立つ。これってなんだろうなと思うと、やっぱり「面白がり力」なんじゃないかと。とにかく目の前のことを面白がること、これは1つのスキルです。

「面白がり力」を鍛えるためには、知らないこと・新しいことに対してオープンなマインドでいることが大切。「これは面白いかもしれない」「自分に合っているかもしれない」と思い込み、少し“かじって”みるだけでも経験値は上がります。

自分だけでなく人が面白がるポイントを知ることも、重要なインプットになるとアドバイスをくれました。

あらゆる情報を「ブロック」にする。村上さんの「Notion」活用術

続いては「Notion」を使った実際のインプットを村上さんがレクチャー。テンプレートギャラリーの「議事録」を使い、Slackのチャンネルで共有するなど、おすすめの使い方をいろいろと見せていただきました。

Screenshot: ライフハッカー[日本版]編集部 via Zoom

「Notion」内の情報は「ブロック」と呼ばれるパーツとして取り扱い、まるでレゴブロックのようにドラッグ&ドロップで自由に移動することができます

ページを階層構造にして整理したり、関連するページ同士をリンクさせたりするのも簡単です。

ただのテキストじゃない」というところがポイント。とりあえず「Notion」に入れておけば、レイアウトはブロックの活用でいかようにも編集できる。これはNotionを使うハードルを下げることにもつながります。 会議の議事録もタグだけつけて適当に入れておく。使い方はあとで考えればいいんです。

メモにはファクトと「感情」を残しておく

クリエイティブとは、「面白がることから」である
クリエイティブとは、「面白がることから」である

「スタートアップの登竜門」と言われるICCカンファレンスのプレゼンテーション・イベント「カタパルト」の審査時のメモには、「やばい、街作ってる」「歯医者さんの同級生はみんな歯医者さん」といった“心の声”が。

僕のメモって感情がダダ漏れなんです。自分が面白いと思ったポイントをリアルタイムで入れる。その時の感情を記録することが大切で、あとで振り返った時にすごく役に立ちます。

メモではファクトを整理するとともに、感情が動いた部分をカッコ書きにするなどしてわかりやすく書いておきます。感情をメモしておくことで、あとから思い出しやすく、疑問に思ったことを追加でリサーチしやすくなるのだそう。

「会社の議事録などは基本的にファクトを並べるけれど、村上さんのメモはファクトと感情が整理されているところが素晴らしい」と、遠藤も感心しきりでした。


セッションの終わりに「村上さんにとってクリエイティブとは?」と遠藤が尋ねると、「クリエイティブとは、面白がることから」と答えてくれた村上さん。

単なるメモツールではなく、オールインワンの情報整理術として「Notion」を活用することで、自分だけのセレンディピティがどんどん増えていきそうです。

>> BOOK LAB TOKYOで書籍購入する

次回のBOOK LAB TALK

5/25(水)19時から、『すてきな相棒! おかね入門』の著者、「金融教育ディレクター」として活躍される橋本長明さんをお招きし、お金との上手な付き合い方について伺います。

キャッシュレス時代となった今、私たちが抱えるお金の悩み、そしてお金とどう関わっていけばよいかなどを今一度考えてみる絶好の機会です。

みなさまのご参加、お待ちしております!

イベントの詳細はこちら

>>「BOOK LAB TALK」の記事を見る

Source: BOOK LAB TOKYO, Peatix