ビジネスに限らず、日常的に使用するボールペン。現代では、さまざまな種類のボールペンが世に生まれています。

今回紹介するのは、環境に配慮した木製ボールペン「PENON(ぺノン)です。PENONは、ボールペンとしての機能性を高めつつ、デザイン性も高いのが特徴です。

日常使いはもちろん、スーツの胸ポケットに差す人や、手帳に合わせやすいボールペンを探している人には、ぜひ使ってほしいボールペン

実際にPENONを使用してみたので、使い心地をレビューします!

木製の手触りが心地良く、滑らかに書けるボールペン

木製ボールペンと聞いてワクワクしながら手に持ったところ、感触が明らかに通常のボールペンと違います。

プラスチックやラバーグリップの感触はなく、少しシャリシャリとした木製ならではの手触りです。

ほのかに漂う木の香りも、いい意味で脳を刺激。まるで鉛筆を持ったような、懐かしい気分になりました!

鉛筆ライクな感触でも、書き心地は立派なボールペン

しかし、いざ書いてみると、立派なボールペン。

ゲルインクを使用しているため、書き出しが掠れません。さらに、セラミックボールを採用しているので、滑らかに文字を書けたのが印象的でした。

一般的なボールペン(今回はジェットストリーム)との比較。下がPENON
一般的なボールペン(今回はジェットストリーム)との比較。下がPENON

また、ペン先はニードルポイントになっており、一般的なボールペンと比較すると細くなっています。

これによりペン先で文字が隠れずにすみます。「文字がペン先で隠れて書きづらい」ということはあまりありませんが、手帳のように小さなスペースに文字を書く場合に便利ですね。

サイズや重さは? 鉛筆や一般的なペンと比較すると…

ペンの形は六角形で、太さも鉛筆と変わりません。

一般的なボールペンと比べるとかなり細いので、手に持った時はあまりの細さにビックリしました。

一方で、長さは約13cmと短め。ジェットストリームが約14cmなので、一般的なボールペンから約1cmも短くなっていると言えます。

PENONは約7gと軽量
PENONは約7gと軽量
一般的なボールペンと比較すると、約3gの差がある
一般的なボールペンと比較すると、約3gの差がある

重さは約7g(パーツによって変動)と軽いため取り回しがしやすく、手帳のペンホルダーや底の浅いポケットにピッタリです。

ただし、PENONの種類によっては約14cmのものがあるため、長さ・重さは購入の際に確認してみてくださいね!

ワンポイントのおしゃれな装飾がアクセントに!

上からフラッグペン(ショート)、メガネペン、ネクタイペン
上からフラッグペン(ショート)、メガネペン、ネクタイペン

PENONで目を引くのは、やはりペンのトップ部分です。かわいいモチーフがデザインされたメガネペンネクタイペン、フラッグペン(ロングショート)の3種類があります。

メガネ以外のデザインはモチーフに刺繍が施され、見た目はもちろん手触りでもPENONの個性を感じられます。

ポケットや手帳に差すと、ワンポイントのアクセントとして引き立ちます。

Image: 刺繍工房ヒナトリエ

また、刺繍工房ヒナトリエとコラボした、より繊細なデザインのシリーズもあります。筆者個人としては、アニマルシリーズのハリネズミがかわいくて好みです!

ほかのシリーズもデザイン性が高く、木製の柔らかみを感じられるので、インテリアとして数本持つのもおすすめです。

パッケージにも一工夫。環境に配慮したサステナブルなペン

PENONはエシカルなボールペンとして、環境に配慮した取り組みがなされています。森林認証制度を受けた木材を使用しているのですが、個人的に驚いたのは替え芯のリサイクルです。

ボールペンの替え芯は処分してしまいがちですが、PENONは完全リサイクルを実現しています。

替え芯のパッケージ自体が返信用封筒になっているので、届いたらすぐに使用済みの替え芯を返却できるのです!

使用済みの替え芯はメーカーで分別して再利用、返信用封筒も100%古紙再生紙を使用するという徹底ぶり。

ペンのパッケージは組み立てればペン立てに変身

PENONは、ボールペンのパッケージにも森林認証紙を使っており、環境配慮の徹底が見られます。

しかし、パッケージにはもう1つ秘密があるのです! それは、ペン立てとしても活用できること。

厳密には、パッケージからパーツを切り離して、ペン立てを組み立てられるのです。

組み立て自体は簡単で、パッケージからパーツを切り離して組み合わせるだけ。工具も不要なので、誰でも簡単につくれます。

簡単につくれますが、脚のバランスが難しいため、微調整に時間がかかりました。

しかし、強度がしっかりあるため、一度組み上げればそのまま使えそう!

なお、つくり方自体は簡単なのですが、パーツの切り出しと組み合わせが少し大変です。パーツは全部で21個あるので、筆者の場合は少しモタついてしまいました。

とはいえ、失敗して壊れることもないので、じっくりと時間をかけて組み立ててみてくださいね。

バリエーションが豊富で、どれも欲しくなる!

Image: PENON

PENONは、バリエーションがとても豊富なのが魅力的。

デザインは、メガネとネクタイ、フラッグだけですがカラーや模様のバリエーションがたくさんあります。デザイン性や個性を生かしたい方や、人とは少し違うストーリーを感じるものを選びたい方、会話のきっかけづくりにも役立ちそうな1本です。

お気に入りの1本を見つけられれば、いつもよりきっと気分が上がるはず。ビジネスシーンでも、ちょっと晴れやかな気分になるので、ぜひ使ってみてくださいね。

▼あわせて読みたい

上品なデザイン&低重心で書き心地No.1のボールペン「ユニボールワンF」【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー[日本版]

上品なデザイン&低重心で書き心地No.1のボールペン「ユニボールワンF」【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー[日本版]

リフィル58種類…! uniの3色ペンは機能性と高級感のいいとこどり【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー[日本版]

リフィル58種類…! uniの3色ペンは機能性と高級感のいいとこどり【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー[日本版]

メモが捗る筆記具「神ペン」7選【今日のライフハックツールまとめ】 | ライフハッカー[日本版]

メモが捗る筆記具「神ペン」7選【今日のライフハックツールまとめ】 | ライフハッカー[日本版]

>>もっと【今日のライフハックツール 】を見る

>>もっと「はかどる文具」の記事を見る

Source/商品提供: PENON