Windows 10は、アップデートに関しては評判が悪いです。プレゼンをはじめようとした時や締切前の仕事中など、まさに最悪のタイミングでWindowsがアップデートをインストールしようとする、イラっとするエピソードがネット上に溢れています。

このようなことから、MicrosoftはWindows 11でアップデートを改善しました。

今は、アップデートのインストールがより分かりやすくなり、アップデートする前に通知や警告が出ます。

アップデートをあとでするように言えば、そうしてくれます。それでも、延期期間が終わると、強制的にアップデートをインストールさせられます。

公式には、Windows Updateの自動更新を止める方法はありませんが、回避策がいくつかあるのでご紹介しましょう。

Windows Updateを遅らせる方法

一般的に、パソコンは常に最新の状態にしておくのがおすすめです。

しかし、その日や数日間はアップデートをインストールできない場合や、遅らせるのが一番でしょう(これはバグの多いソフトのリリースに悩まされないようにする素晴らしい方法でもあります)。

Windows 11は、Windows Updateを最長で5週間遅らせることができます。

設定 > Windows Update」に行き、「更新の一時停止」の横にあるドロップダウンメニューをクリックして、1週間から5週間のなかから期間を選びます。

これで、自分の都合に合わせてWindows Updateが延期されます。また、この画面に戻ってきて、「更新の再開」ボタンをクリックすれば、手動でWindows Updateをすることもできます。

大きなアップデートを避ける「測定接続」

これは昔ながらの裏技ですが、Windows 11でもまだ使えます。

Windowsには、大きなデータ使用を防ぐ「測定接続」の機能があります。この機能を有効にしていると、Windows Updateがダウンロードされません。

設定 > ネットワーク&インターネット > Wi-Fi」で、「測定接続」のところのトグルをクリックしてオンにするだけです。

サービスマネージャーでWindows Updateを無効に

Windows Updateを実行しているサービスマネージャーを止めるのも、Windows Updateを止める1つの方法です。設定で切り替えることはできませんが、「Services」アプリで無効にすることができます。

Win + R」キーを押して、「ファイル名を指定して実行」のところで「services.msc」を入力し、「Enter」キーを押します。スクロールダウンして、「Windows Update」をダブルクリックしましょう。

スタートアップの種類」で「無効」を選び、「OK」をクリックし、パソコンを再起動しましょう。

「Windows Update Blocker」ならワンクリックで可能

毎回サービスマネージャーに行って、「Windows Update」を再開するのが面倒な場合は、「Windows Update Blocker」というアプリを使えば、ワンクリックで同じことができます。

このアプリをインストールして開き、「Disable Updates」に切り替えて、「Apply Now」をクリックするだけです。

Source: Sordum