何年にもわたって人気を博しているAirPodsには複数のモデルがあります。

ワイヤレスイヤホンはいつでも使えるように充電しておかなければなりませんが、AirPodsの充電にどのくらい時間がかかるか知っていますか?

その答えは場合によって異なります。わずかな充電でいいのか、完全に充電するのかによって所要時間は5分から1時間ほど。AirPodsの充電について知っておくべきことをまとめました。

目次

充電ケースでAirPodsを充電するのにかかる時間

未充電のケースでバッテリー切れのAirPodsを充電するのにかかる時間

ケースでの急速充電にかかる時間

充電はどのくらいもつ?

AirPodsのバッテリー残量を確認する方法

ニーズに合わせた充電を

充電ケースでAirPodsを充電するのにかかる時間

AppleはAirPodsの充電にかかる時間について詳細を明らかにしていません。AirPodsを充電ケースに入れて0%から100%まで充電する所要時間はモデルによって異なるようです。

ユーザーからの報告によると第1世代のAirPodsは17分以内で充電が完了します。Music Criticでは、第2世代もほぼ同様で充電ケースに入れてから約20分でフル充電すると述べられています。

一方、AirPods Proを完全に充電するには約1時間かかることもあり、これは新しいAirPods(第3世代)にも当てはまるようです。新しいモデルにあるバッテリー充電の最適化機能が原因かもしれません。

未充電のケースでバッテリー切れのAirPodsを充電するのにかかる時間

AirPodsの充電ケースが充電されていないときにAirPodsを充電するには、AirPodsを入れて接続して充電しなければなりません。ケースだけの充電と比べて、この場合の充電時間は異なるかもしれません。

それを確認するために、AirPodsとケースの充電を完全に切らしてから、有線接続で充電をしてみました。各モデルを充電するのにかかった時間は次のとおりです。

• AirPods(第1世代):約30分〜1時間

• AirPods(第2世代):約45分〜1時間

• AirPods ProとAirPods(第3世代):約1〜2時間

Image: MakeUseOf

また、充電はワイヤレスではなく有線で行なうのが良いでしょう。これは、AirPodsケースのワイヤレス充電は急速充電にはなっていないためです。

ケースでの急速充電にかかる時間

フル充電が必要ではない場合、AirPods ProまたはAirPods(第3世代)をケース内で約5分充電するとリスニングか通話が約1時間できるようになります。

同様に、AirPodsの第1世代と第2世代では約15分間の充電で最大3時間のリスニングまたは約2時間の通話ができます。

充電はどのくらいもつ?

AirPodsのモデルにもよりますが、1回の充電で4〜6時間のリスニングと最大3時間の通話が可能になります。

また、AirPodsの充電ケースではAirPodsの完全充電が3〜4回できるので、それならほぼ1日中リスニングできるということになります。

AirPodsのバッテリー残量を確認する方法

AirPodsの充電状態を確認する方法はいくつかあります。ケースのステータスライトでAirPodsの充電量がわかります。また、iPhoneやMac、Apple Watch、AndroidやWindowsなどの外部デバイスも使えます。

Image: MakeUseOf

ニーズに合わせた充電を

AirPodsはほとんどのユーザーが日常のニーズを満たせるだけの充電を保てるようにデザインされています。急速充電機能ならAirPodsをケースに数分間入れるだけで何時間ものリスニングや通話を楽しむことができます。

AirPodsと充電ケースを完全に充電するのも1時間ほどなので、それほど長く待つ必要がないのは嬉しいですね。

Image: Shutterstock/Source: Music Critic

Original Article: How Long Does It Take to Charge AirPods? by MakeUseOf