友だちとシェアしたい素敵な音楽や映画がiPhoneにあるけれど、周囲の人に迷惑をかけたくない。そんなときは、AirPodsを通して楽しむのがいちばんです。

とはいえ、イヤフォンを相手と片方ずつ分け合うのでは、音楽や映画を十分に楽しめないかもしれません。でも幸いなことに、1組のAirPodsを2人で分け合わずにすむ方法があるのです。

AirPodsをもう1組持っている、あるいは別の対応ヘッドフォンがあるという場合は、それを使ってiPhoneのオーディオを友だちと共有できます。

この「オーディオを共有」機能の使い方を説明していきましょう。

「オーディオを共有」とは?

「オーディオを共有」は、iPhoneから流れるオーディオコンテンツを、複数台のBluetooth対応ヘッドフォンで共有できる機能です。具体的には、AirPlayを介して共有します。

とてもうれしい機能ではありますが、条件があります。オーディオを共有できるのは、以下に挙げる対応ヘッドフォンに限られます。

  • AirPods Max
  • AirPods Pro
  • AirPods(第1世代)以降
  • Powerbeats
  • Powerbeats Pro
  • Solo Pro
  • Beats Solo3 Wireless
  • Beats Studio3 Wireless
  • BeatsX
  • Beats Flex
  • Beats Fit Pro

iPhone 8以降のモデルであれば、「オーディオを共有」を利用できます。ただし、iOS 13.1以降にアップデートされていることが条件です。なおMacにも、2組のヘッドフォンでオーディオを聴ける同様の機能があります。

違いは、Macの場合はどのヘッドフォンにも対応している点です。

iPhoneでオーディオを共有するには

あなたと友だちがどちらも「オーディオを共有」機能に対応するワイヤレスヘッドフォンを持っており、あなたのiPhoneでこの機能が利用できる場合は、次の手順を踏むと、オーディオを共有できます。

  1. 自分のヘッドフォンをiPhoneに接続します。
  2. iPhoneのコントロールセンターを開き、AirPlayボタンをタップします。「ミュージック」アプリなど、特定のアプリでも同じ操作ができます。
  3. オーディオを共有をタップします。
  4. 友だちがAirPodsかAirPods Proを持っている場合は、ケースに入れたままあなたのiPhoneに近づけて、ケースの蓋を開けてもらいます。AirPods Maxの場合は、iPhoneに近づけるだけで大丈夫です。Beatsの場合は、ペアリングモードにして、iPhoneに近づけます。
  5. iPhoneが友だちのヘッドフォンを検知するまで待ち、画面に表示されたら、「オーディオを共有」をタップします。
iPhoneでのオーディオ共有
Image: MakeUseOf

音量調節と共有停止の方法

オーディオを共有している2人が、それぞれ異なる音量で聴きたい場合には、ロック画面かコントロールセンターで、各ヘッドフォンの音量を手動で調節できます。iPhoneに表示された各ヘッドフォンの音量調節スライダーを動かしてください。

オーディオの共有をやめるときは、コントロールセンターかロック画面、使っているアプリから操作します。オーディオの共有を停止したいヘッドフォンの横にあるチェックマークをタップしてください。

注:オーディオの共有を再開したいときは、改めてヘッドフォンをペアリングする必要があります。

ひとつの音源をワイヤレスで一緒に楽しもう

これからは、音楽や映画を友だちと共有したいからといって、自分のイヤフォンの片方を相手に渡して、音質を犠牲にする必要はもうありません。

「オーディオを共有」機能を使えば、あなたと友だちがそれぞれ自分のワイヤレスヘッドフォンを使って、ひとつのiPhoneから流れてくるオーディオを存分に楽しむことができます。

Original Article: How to Easily Share Your iPhone’s Audio to Two Sets of AirPods or Beats by MakeUseOf