コーヒーを選ぶときの基準に迷っている方も多いのではないでしょうか。

銘柄やコーヒーショップによる味の違いを比べ、自分の好きを知る方法もありますが、一体どこから手を付けて良いのやら…。

そんなときのガイド役になるのが、コーヒーのサブスクリプションサービス「PostCoffeeです。

サブスクプランに加入すると、毎月3種類のコーヒーが送られてきて飲み比べられる仕組み。選択肢には、国内外の名コーヒーショップから入荷したスペシャリティコーヒーが含まれています。

さらにラインナップが拡充した、コーヒー定期購入サービスを試す機会をいただきました。先に感想をお伝えすると、コーヒーの味への解像度が高まった気分です。

コーヒーの楽しみ方をアップグレードしたい方にもおすすめのPostCoffee。その魅力を紐解いていきます。

15万通りの組み合わせからお気に入りの豆が探せる

3種類のコーヒーが入ったボックスが、自宅のポストに送られてきました。デザインからしてワクワク感を誘い、早く開けて香りたくなります。

いざボックスをオープン。さっそくコーヒーのいい香りが漂ってきましたよ!

ちなみに今回の3種類は、ニカラグアカサブランカと、こだわりのコーヒーショップから入荷した2点(熊本のAND COFFEE ROASTERSと吉祥寺のLIGHT UP COFFEEのもの)でした。

コーヒーの種類が豊富で、焙煎も深煎り、中煎り、浅煎りから選べます。組み合わせはなんと15万通りもあるとのこと。ラインナップがどんどん増えるのもうれしいです。

これなら自分の好みにぴったりのコーヒーを注文できそう。新たなお気に入り発掘のための飲み比べにも対応です。

味を食べ物にたとえた「Flavor Notes」が秀逸

パッケージには、焙煎日や産地、農園などが記載されています。

ちょっと見慣れないFlavor Notesとの項目も。スペシャリティコーヒーでは、風味をより重要視し、味を食べ物にたとえて表現するようです。

たとえば「LIGHT UP COFFEE」のパッケージには、赤リンゴ、紅茶の印象、クロッカン、といった記載があります。

また説明欄は、"赤リンゴを思わせる果実感…"など、味のイメージが喚起しやすい内容となっていました。

パッケージは側面から開ける仕様で、ジッパー式となっています。ガバッと口が広がりにくいぶん、ジッパーのロックが完璧じゃなくても空気にさらされにくいのではないでしょうか。

通気口もちゃんと設けられていて、ここから漂う香りがコーヒータイムへといざないます。

3パーツで構成のドリッパーと、1~2人前のかわいらしいフィルターが付属、お湯さえ用意すればすぐに飲むことができる親切設計です。

3種類のコーヒーを堪能

せっかくなので、付属の一式を使用してコーヒーを淹れてみました。

濃厚な香りが立ち上り、これから口にするフレッシュなコーヒーへの期待感が高まります。じっくりと準備するこの時間が最高なんですよね。

パッケージの説明を見ながら味わうと、確かにオレンジやチョコレートといった味がしてくるから不思議なもの。

もともと繊細な味に、ぴったりのタグを当てはめることで輪郭が浮かび上がるんですね。

味が記憶に残りやすいので、贔屓のコーヒーがはっきりしそうです。個人的に特に気に入ったのは「AND COFFEE ROASTERS」のもの。オレンジっぽい酸味とスッキリした後味に惹かれました。

同じ酸味でも、フレーバーがプラスされることで、こうも違うものかとの新たな発見も。いやはやコーヒーの味は奥深いです。

Image: PostCoffee

コーヒーショップがこだわりを尽くしたスペシャリティコーヒーが飲み比べられるPostCoffee。

月額1,598円(消費税・送料込み)からのサブスクリプション制となっていて、公式サイトからお申し込みやコーヒーのチョイスが可能です。

フレッシュな生活のお供に、香り高いコーヒーはいかがでしょうか。

>>もっと【今日のライフハックツール】を見る

>>「暮らしのおすすめ品」の記事を見る

▼あわせて読みたい

焙煎したての風味長持ち。密閉性抜群なコーヒー保存容器【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー[日本版]

焙煎したての風味長持ち。密閉性抜群なコーヒー保存容器【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー[日本版]

ミル付きペーパーレス、高コスパな全自動コーヒーメーカー | ライフハッカー[日本版]

ミル付きペーパーレス、高コスパな全自動コーヒーメーカー | ライフハッカー[日本版]

サンプル提供: PostCoffee