私たちにとって、なくてはならない「スマートフォン」。機種だけでなくキャリアや料金プランにもたくさんの選択肢があるなかで、実際にビジネスパーソンは何を選び、どんな使い方をしているのでしょうか。

特に気になるのが「格安スマホ」。お得なことはわかっているけれど、乗り換えに重い腰が上がらないという人も少なくないようです。

そこで、今回はビジネスパーソンを代表してライフハッカー[日本版]編集部員に「格安スマホ」についてヒアリングをしてみました。

料金がわかりにくい、手続きが面倒…

まず投げかけたのは「現在、格安スマホを利用していますか?」という質問。編集部内では6:4で大手キャリアに軍配が上がりました。

しかし、この格安スマホ利用者が4割という回答については、編集部内でも「意外と多い」という声が多く、格安スマホの浸透を感じさせる結果となりました。

Image:Shutterstock
Image:Shutterstock

現在のキャリアを利用する理由をそれぞれに聞いたところ、格安スマホ組で多かったのはやはり「月々の通信コストを下げたい」という理由。また、在宅ワークへシフトした“働き方の変化”も、格安スマホに乗り換える大きなきっかけとなったようです。

●リモートワークに伴って、Wi-Fi環境下でスマホを使用することが増え、データ容量は必要最低限でもいいと感じたから(編集部員C)

●とにかく安いのが魅力。「ちゃんとつながるのかな」といった不安はあったが、“物は試し”で乗り換えた(編集部員K)

一方、大手キャリア組が格安スマホに乗り換えない理由として挙がったのは「手続きが面倒」というもの。また、長年愛用しているキャリアを変えることへの戸惑いも寄せられました。

●家族プランで加入しているので、手続きが面倒(編集部員T)

●現在のキャリアに愛着があるし、利用歴に応じた割引率を手放すのが惜しい。一度ちゃんと調べようと思いながら、ついそのままにしてしまった(編集部員O)

また、「増え続ける格安スマホの料金プランがわかりにくい」という回答も。

●「無料」「半額」などと言われると、その先に高くなったり割引分を回収されたりするのではないかと勘ぐってしまう(編集部員M)

●キャンペーン期間が過ぎて従量制になったが、月によって金額に差があってわかりにくい。増え続ける格安プランをどう比較・選択していいかは迷いどころだ(編集部員K)

たしかに「キャンペーン」の号令で一定期間はお得であったとしても、その先にかかる料金が明確でないと、乗り換えに二の足を踏んでしまう気持ちもわかります。

ちゃんとつながる? データ容量は?

完全リモートワークだった時期が過ぎ、編集という仕事柄、取材などの外出や出社機会が増えた編集部員。そこで気になるのが「使用感」です。

つながりやすさについては「大手キャリア時代と大差がないので、もっと早く乗り換えればよかったと思う」「まったく不自由していない」という前向きなコメントが多数。

一方、データ容量については「多いに越したことはない」「テザリングを使うときなどは、追加データ容量の料金が気になる」といった懸念点は拭えないようです。

また、格安スマホというと「オンラインでしか申し込めない」「窓口対応をしてもらえない」というイメージがあります。その点についても聞いてみたところ…

●オンラインでもプランの説明がわかりやすく、手続きが通販並みに簡単なら、乗り換えも検討したい(編集部員M)

●窓口対応がないことに不安はあるが、現在も実店舗を訪れることはめったにないので、サポート時のアクセス先をわかりやすくしておいてくれれば大丈夫な気がしている(編集部員O)

編集部員Cは、格安スマホへの乗り換えを検討した際に「できないと困ること」と「(格安スマホに乗り換えることで)できなくなってもいいこと」を洗い出したそうです。

●大手キャリアから格安へ、格安から格安へ。どちらの乗り換えの場合も、月々の通話時間やデータ使用量をリストアップして検討してみるといいと思う(編集部員C)

誰でもずっと4ギガ月額990円が続く

最後に「どんな料金プランであれば、格安スマホへの乗り換えを前向きに検討するか」を聞いてみました。

そこで参考にしたのは、この4月からさらにお得になった「IIJmio」の料金プランギガプラン。契約条件なしで誰でもずっと「月額990円」が続くというもので、4ギガのデータ容量が含まれます。データ通信をそこまで使わないという人なら2ギガで月額850円という驚きの価格設定。

IIJmioホームページより
IIJmioホームページより

これが「半年、1年」といった制限がなく続くうえに、2年縛りといった契約解除料なし。

●IIJmioはもともとお得という印象があるが、毎月のスマホ代が1回のランチ代ぐらいで済むのはありがたい(編集部員K)

●わかりやすい。格安スマホのハードルが一気に下がった(編集部員O)

さらに、2022年5月31日(火)まで「4年連続シェアNo.1記念キャンペーン(※1)を開催中で、この期間に新規でこのギガプランに申し込むと、12カ月間、毎月データ容量1ギガが増量されるのだそう。

●格安スマホのプランは極端に少ないか多いかの二択というイメージがあったが、中間層の選択肢が多いのはうれしい。より自分に合った選択ができるのでは?(編集部員C)

●月額で価格を提示してくれると安心感がある。現状よりかなりお得になるので、格安スマホ乗り換えも前向きに検討したくなった(編集部員M)

この「4年連続シェアNo.1記念キャンペーン」には他にも、「通常3,300円の初期費用が半額になる(データ/SMS/eSIM対象)」「対象端末本体が110円からの特別価格で購入できる(他社からの乗り換えの場合)」といった魅力的な特典がたくさん用意されています。

また、通話の機会が多い人には「通話定額割引オプション特典(※2)が強い味方になりそうです。「データ容量2ギガ+5分までの通話がかけ放題」で月額940円、さらに電話取材が多い編集部員のように通話を重視したいという人には月額1,840円の「データ容量2ギガ+通話し放題」がおすすめ。

※1 キャンペーンは予告なく終了・延期する場合あり
※2 通話定額オプションは13カ月間割引が適用

「IIJmio」ならではの画期的なサービスも

これだけでも十分お得なのに、余ったデータ容量は翌月に繰り越しができ、足りなければ1ギガ220円で追加が可能というのも「IIJmio」ならでは。

また画期的なのが、データ通信専用のシンプル機能「eSIM」。通常の物理的なSIMのようにスマホに挿入する必要がなく、ウェブサイトから契約すれば、すぐにその場で使えるようになるデジタル的なSIMです。

対応端末であれば、スマホはもちろん、タブレットやPCでのインターネット利用にも対応します。

IIJmioホームページより
IIJmioホームページより

そして「データシェア」は同一mioID内で契約する回線のデータ容量をシェアできる仕組み。同一mioID内であれば、契約している回線の機能やタイプが異なっていてもデータ容量をシェアすることができます。

たとえば4人家族で父親が20ギガ、母親が4ギガ、息子・娘がそれぞれ2ギガのプランにした場合、データシェアを使えば、合算して4人で28ギガを利用できるということになります。

子どもたちのデータ容量が足りなくなっても、追加で増量するのではなく、「パパのぶんを使っていいよ」とシェアすることが可能。データ容量をムダなく、経済的に使えます。

さらに家族間だけでなく、ビジネスシーンでは自分が使っているスマホとタブレットで分け合うといった使い方もおすすめです。

また、「父親と息子」「母親と娘」というようにシェアするグループを複数作成できるので、さまざまな使い方が可能になります。

業界の老舗、シェア・顧客満足度No.1の安心感

Image:Shutterstock
Image:Shutterstock

編集部員たちが懸念点としていたつながりやすさについても、「IIJmio」はdocomoやauの通信回線を借り受ける「MVNO」(Mobile Virtual Network Operator)なので安心です。

●回線の不安があったが、docomoやauの回線ということで安心できる(編集部員T)

●つながりやすさや通信速度改善はもちろん、契約前の確認フローや乗り換え後の対応、使用容量や料金が確認できるアプリ開発など、格安スマホの可能性に注目したい(編集部員C)

また、IIJmioのSIMサービスとインターネット回線「IIJmioひかり」を同時に利用すると毎月660円がお得になるプラン「mio割」もあるので、新生活でよりお得に快適なリモートワーク環境を整えたいと思っていた人には朗報です。

2022年2月で10周年を迎えた格安SIM業界の老舗であり、シェア・顧客満足度ともにNo.1(※3・4)の「IIJmio」は、格安スマホへの乗り換えのハードルを下げ、格安スマホへの信頼を底上げする頼れる存在として、さらに注目を集めていくことでしょう。

そして「スマホ」の選び方・使いこなし方が欠かせないビジネススキルとなった今、ライフハッカー[日本版]の編集部員にとっても、「IIJmio」はその大きなひとつの選択肢となったようです。

※3 MVNE提供分を含む。出典:MM総研 国内MVNO市場規模の推移(2021年9月末)
※4 出典:2021年度 JCSI(日本版顧客満足度指数)第1回調査結果/J.D. パワー2021年携帯電話サービス顧客満足度調査。スマートフォンを利用している2,800名からの回答による。jdpower-japan.com

Source: IIJmio(1, 2, 3, 4, 5, 6, 7