世界最大手の⺠泊仲介サイト「エアビーアンドビー」、国内最大級の料理レシピサイト「クックパッド」、グルメのクチコミサイト「食べログ」…。

誰もが名を知るようなウェブサイトをつくる際に使われているのが、プログラミング言語「Ruby」です。

今やインターネットのインフラの1つともいえる「Ruby」を開発したのは、日本を代表するプログラマー、まつもとゆきひろさん

都会が苦手(特に東京)なまつもとさんは、1997年から島根県の松江市で暮らしています。

その松江市では2006年から「Ruby」で地方創生を行なう「Ruby City MATSUE」プロジェクトがスタートし、開始から15年で約40のIT企業が松江市にオフィスを開設しました

世界的なプログラミング言語を生み出し、町づくりにも貢献するという稀有な存在のまつもとさんですが、決して「Rubyで世界を狙おう!」とか「地方を活性化してみせる!」と熱い想いをたぎらせてきたわけではありま せん。

「プログラミングが大好きで、自由に楽しく続けていたい」と願い、ひたすらその道を突き進んでいたら、「こんなんなっちゃいました」と笑うまつもとさんのこれまでを振り返ります。

Image/Source: はたわらワイド