MacのDockは見た目はスマートでエレガントですが、画面の面積を最適に利用できているとは限りません。

\ Amazonブラックフライデー開催中 /

ライフハッカー読者が買ったものTOP3

  1. サーモス 真空断熱マグカップ 350ml
    サーモス 真空断熱マグカップ 350ml
    ¥3,300¥1,379
  2. CIO NovaPort TRIO65W
    CIO NovaPort TRIO65W
    ¥6,589¥3,980
  3. Fire TV Stick 4K Max
    Fire TV Stick 4K Max
    ¥6,980¥3,480

デフォルトでは、使うことのないアプリで埋め尽くされ、画面上のスペースを多く占めています。

たしかに、MacのDockに表示されるプログラムを編集することはできますが、実際にはそれ以外のさまざまな方法でもDockの有用性を高めることができます。

ここでは、Dockをできるだけ良い状態にするためのベストなヒントをご紹介します。

1.Dockのサイズを調整する

Screenshot: Pranay Parab

Dockを完璧にするために最初にすべきことは、Dockのサイズを調整することです。サイズを拡大/縮小したい場合、設定をいじらずに調整する方法があります。

  1. Dockのセパレーター(縦の区切り線)に向かってマウスのカーソルを移動させると、カーソルが上下の矢印に
  2. カーソルを画面の上方向にドラッグするとDockは大きくなり、下方向にドラッグすると小さくなる

あと、「システム環境設定」→「Dockとメニューバー」と進み、「サイズ」スライダーを動かして、Dockのサイズを調整することもできます。

スライダーを右に動かすとDockのサイズは大きくなり、左に動かすと小さくなります。でも、わざわざこの方法を使うまでもないですね。

2.Dockの位置を変える

Screenshot: Pranay Parab

Dockを画面の左右に移動させて、貴重な画面領域を節約できます。

Dockの位置を変更するには、Dock内の空いている場所(アプリのアイコン上でなく)を右クリックし、「画面上の位置」を選択します。ここで、「」か「」を選ぶことができます。

このオプションは、「システム環境設定」→「Dockとメニューバー」→「画面上の位置」からもアクセスできます。

3.最近開いたアプリをDockからデフォルトで削除する

Screenshot: Pranay Parab

最近開いたアプリが最大3つまでDockの右側に表示されます。

これが気に入らない場合は、「システム環境設定」→「Dockとメニューバー」で「最近使ったアプリケーションをDockに表示」をオフにして、この設定を無効にしましょう。

4.最小化したウィンドウをアプリアイコンに移動する

Screenshot: Pranay Parab

Macでアプリを最小化すると、それぞれのウィンドウがDockに個別のアイコンとして表示されます。そのため、Dockがいっぱいになって、画面上のサイズが自動的に小さくなってしまうことがあります。

そうならないようにしたいときは、macOSではアプリのアイコンの中に直接最小化しましょう。

やり方は、「システム環境設定」→「Dockとメニューバー」で「ウィンドウをアプリケーションアイコンにしまう」を選択します。

5.開いているアプリのインジケーターを非表示にする

Screenshot: Pranay Parab

Mac上でアプリが開いていると、Dock上のそのアイコンの近くに小さな点が表示されます。この開いているアプリのインジケーターは、必要に応じて削除可能。

システム環境設定」→「Dockとメニューバー」を開き、「起動済みのアプリケーションにインジケータを表示」を無効にします。

6.アイコンの倍率をカスタマイズする

Screenshot: Pranay Parab

MacのDockにあるアプリのアイコンにカーソルを近づけると、自動的に拡大表示されます。「システム環境設定」→「Dockとメニューバー」で、この拡大効果のレベルを変更したり、無効にできます。

アイコンの拡大表示の有効/無効を切り替えるには、「拡大表示」のチェックボックスをオンかオフに。

このオプションの下にあるスライダーを使って、拡大されたアイコンの大きさを調整することができます。

おまけ情報:この機能を無効にしている場合、「Shift + Control」キーを押しながらコマンドを実行すると、一時的にこの機能を有効にすることができます。

7.起動中のアプリだけをDockに表示する

Macで現在起動中のアプリだけをDockに表示したい場合は、簡単なターミナルコマンドで実現できます。

ただし、バグが発生すると、後でDockを元の状態に戻すことができず、Dockをデフォルト設定にリセットしなければならないことがあるので、注意してください。

準備ができたら、ターミナルを開いて、「defaults write com.apple.dock static-only -bool true; killall Dock」というコマンドをペーストします。

これでMacのDockからすべてのピン留めされたアプリが削除され、起動中のアプリのみの表示に切り替わります。

Dockを前の状態に戻すには、ターミナルで「defaults write com.apple.dock static-only -bool false; killall Dock」というコマンドを実行。

restoreコマンドでうまくいかない場合は、「defaults delete com.apple.dock; killall Dock.Doc」というコマンドでDockを工場出荷時の設定にリセットしてください。

これでDockは、macOSをクリーンインストールしたときの状態になります。

8.Dockにフォルダを追加する

Screenshot: Pranay Parab

Finderの「お気に入り」バーにあるフォルダーであれば、MacのDockに閲覧可能なフォルダーとして追加できます。Finderを開いて追加したいフォルダーを探し、左ペインの「お気に入り」バーまでドラッグ。

お気に入りバー内のフォルダーを右クリックし、「Dockに追加」を選択します。

Image: Lifehacker US, Shutterstock

\ Amazonブラックフライデー開催中 /

ライフハッカー読者が買ったものTOP3

  1. サーモス 真空断熱マグカップ 350ml
    サーモス 真空断熱マグカップ 350ml
    ¥3,300¥1,379
  2. CIO NovaPort TRIO65W
    CIO NovaPort TRIO65W
    ¥6,589¥3,980
  3. Fire TV Stick 4K Max
    Fire TV Stick 4K Max
    ¥6,980¥3,480