部下に仕事を頼みたいものの、嫌な顔をされるのが怖かったり、自分でやった方が早いと思い、悩んでいる方は少なくないでしょう。

いくつかのポイントを押さえれば、この問題は解決することができます。

この記事では、部下に仕事を任せるコツをご紹介します。

目次

1. 部下の仕事状況を把握する

2. 大胆に任せて、繊細にフォローする

3. 仕事の意義を考えさせる

4. 失敗談を積極的に語る

5. 尊敬できる上司になる

1. 部下の仕事状況を把握する

仕事を頼む前に、部下が抱える仕事を把握する必要があります。

部下に過度な負荷がかからないよう配慮することで、「仕事を押しつけてきた」と思われなくもなるはずです。

▼詳しくはこちら

チームリーダーが抱える職場のよくある悩み解決法 | ライフハッカー[日本版]

チームリーダーが抱える職場のよくある悩み解決法 | ライフハッカー[日本版]

2. 大胆に任せて、繊細にフォローする

仕事を任せる際は、失敗を恐れない大胆さと、部下が折れないための繊細なフォローが必須です。

「仕事を任せる技術」をご紹介します。

▼詳しくはこちら

仕事を“任せてはいけない部下”の特徴。部下が育つ任せ方の正解は? | ライフハッカー[日本版]

仕事を“任せてはいけない部下”の特徴。部下が育つ任せ方の正解は? | ライフハッカー[日本版]

3. 仕事の意義を考えさせる

部下が仕事にやりがいを感じられるように、仕事の意義を伝えるといいでしょう。

日々の業務の先を見ることで仕事の意欲が上がります。

▼詳しくはこちら

「令和上司」の働き方とは? 部下に教えるとき意識するべき2つのポイント | ライフハッカー[日本版]

「令和上司」の働き方とは? 部下に教えるとき意識するべき2つのポイント | ライフハッカー[日本版]

4. 失敗談を積極的に語る

できるリーダーは、自分の失敗談を積極的に語ります。

そうすることで、部下は「今はすごい上司でも、昔はそうだったのか」と思え、失敗を恐れず挑戦できるようになります。

挑戦心の高まった部下であれば、仕事を快く引き受けてくれるでしょう。

▼詳しくはこちら

「できるリーダー」が部下を成長させるためにすべき覚悟と任せる技術とは? | ライフハッカー[日本版]

「できるリーダー」が部下を成長させるためにすべき覚悟と任せる技術とは? | ライフハッカー[日本版]

5. 尊敬できる上司になる

尊敬できる上司になることは、部下の士気を高める確実な方法です。

出来ることからでも実践してみてください。

▼詳しくはこちら

部下や顧客に支持されるリーダーになるためのポイント7つ | ライフハッカー[日本版]

部下や顧客に支持されるリーダーになるためのポイント7つ | ライフハッカー[日本版]

仕事を任せることは、部下の育成にもつながります。

積極的に任せて、最高のチームをつくりましょう。