ほとんどの人が、スマホでインターネットに接続しますよね。だからこそ、接続の速度が大事です。

スマホのインターネット接続速度が遅くなる原因はたくさんあります。今回は、スマホのインターネット接続速度が遅くなる主な原因と、接続速度を上げる方法を見ていきましょう。

目次

1. ルーターの設置場所が悪い

2. Wi-Fiが混雑している

3. Wi-Fi信号が妨害されている

4. 遅いネットワークに接続している

5. 使用しているVPNが遅い

6. モバイルデータ通信のカバー範囲の問題

7. スマホ自体が遅い

スマホが遅い原因を特定しよう

1. ルーターの設置場所が悪い

スマホのインターネット接続速度が遅い主な原因のひとつが、ルーターの設置場所が間違っているということです。

ルーターの性能やデザインにもよりますが、Wi-Fiの信号は数百フィートの距離まで届きます。しかし、遠くへいくほど速度は遅くなります。Wi-Fi信号は、壁やドア、床など、大きな物理的な障害物にブロックされることもあります。

したがって、ルーターから遠く離れている場合(家の中で一番遠い寝室や屋外に置いてあるなど)、接続速度が予想よりもはるかに遅くなることがあります。

ルーターの設置場所が原因か簡単にチェックできる方法があります。スマホのステータスバーにあるWi-Fiのアイコンを見れば、Wi-Fi信号の強さが大体わかるのです。


  • アイコンがすべてついていれば、Wi-Fi信号は強いです。この場合は、接続速度が遅い原因は別にあります。
  • アイコンの表示が少なかったり、点いていない場合は、Wi-Fi信号が弱いです。ノートパソコンなどほかのWi-Fi接続デバイスも、同じような距離では影響を受けるはずです。ルーターの近くに移動すれば、Wi-Fi信号(インターネット接続速度)は改善するはずです。

弱かったWi-Fi信号が、ルーターに近づくことで向上した場合、ルーターの設置場所に問題があるということです。ルーターを別の場所に移動してみて、家の中でWi-Fi信号がもっと届きやすい場所はないか試してみましょう。

ルーターの近くに移動しても接続速度が改善されない場合や、ほかのデバイスではいいけれどスマホでは遅い場合は、解決しなければならない問題がほかにあるかもしれません。

2. Wi-Fiが混雑している

Wi-Fi Analyzer

スマホのインターネット接続速度が遅くなる、もうひとつのルーターの問題は混雑具合です。

ルーターは、特定のチャンネルで信号を送信しますが、近くの人がルーターの同じチャンネルを使っていると、混雑して全員のパフォーマンス(接続速度)が低下することがあります。

特にマンションなどの集合住宅では、比較的狭い範囲に多くのルーターがひしめき合っているので、この問題が起こりやすいです。

この問題を解決するには、ルーターで最適なチャンネルを見つけられるソフトを使う必要があります。

Androidの場合は、「Wi-Fi Analyzer」というアプリがおすすめです。iPhoneでは難しいですが、昔のiOSの「AirPort ユーティリティ」がまだ使えます。どちらのアプリも無料です。

3. Wi-Fi信号が妨害されている

Wi-Fiは、自宅にあるほかの電化製品からのノイズの影響も受けやすいです。電子レンジ、ワイヤレスのドアホン、コードレス電話などの機器は、2.4GHz帯で動作しているルーターからの信号を妨害する可能性があります。

最近のほとんどのルーターは、2.4GHz帯と5GHz帯の両方に対応しています。後者はあまり妨害されることがありません。5GHz帯に対応している最近のルーターを使っている場合は、設定で5GHz帯を有効にすることができます。

しかし、その前に、自分がルーターに接続しているすべてのデバイスが、5GHzに対応しているか確認しなければなりません。

でなければ、Wi-Fiに接続できないデバイスが出てきます。最近のルーターの多くはデュアルバンドで、どちらの帯域でも同時に信号を送信できます。デュアルバンドのルーターでない場合は、どちらか1つの帯域を選ばなければなりません。

2.4GHzを使い続けなければならない場合は、ルーターの近くで信号を妨害している可能性のある機器がないかを確認しましょう。

そして、台所の電子レンジでポップコーンをつくりながら、Netflixでストリーミング再生をしている場合は、途切れるかもしれないと心構えをしておきましょう。

4. 遅いネットワークに接続している

カフェでスマホを使う女性

スマホのインターネット接続速度が遅い、一番明らかな原因のひとつが、遅いネットワークに接続しているというものです。

自宅で、ほかのアプリやデバイスが使用している帯域を占有すると、スマホの通信速度は遅くなります。

映画のストリーミング、テレビゲームのダウンロード、OSアップデートのインストールなどはどれも、インターネット接続速度が遅くなることも。

公共のWi-Fiネットワークの場合、接続速度はかなり変動します。無料で利用しているサービスに、超高速接続を期待してはいけません。しかし、そこまで期待していなくても、それ以上に接続速度が遅くなることもあるかもしれません。

公共のWi-Fiスポットはたくさんあり、スマホはそのうちのひとつにランダムに接続する傾向にあります。

もっと近くに、より速いネットワークがあっても、移動する前のネットワークに接続し続けます。つまり、お気に入りのコーヒーショップのWi-Fiが素晴らしく速くても、毎回そのWi-Fiに接続するという保証はありません。

この問題を回避するには、AndroidやiPhoneで優先的に接続するWi-Fiネットワークを設定することです。

自分で選んだネットワークの圏内にいる場合は、デバイスは常にそのネットワークのいずれかに接続され、ほかの無料のホットスポットは最後の手段としてだけ使用するようになります。

5. 使用しているVPNが遅い

ExpressVPN

スマホのインターネット接続速度がなぜか突然遅くなった場合、スマホで何か変更したことが原因の可能性があります。

原因のひとつとして考えられるのは、オンラインでのセキュリティやプライバシーをより強化するVPNを使いはじめたことかもしれません。

しかし、自分のVPNの選択が、インターネット接続速度に大きな影響を与える可能性があると知っていましたか?

無料のVPNアプリは、パフォーマンスが悪く、評判が悪いです。無料のVPNアプリを使っていて、インターネット接続速度が遅くなった場合は、一時的にそのアプリを無効にして、接続速度が改善するか確認してみてください。

高速VPNプロバイダのほとんどにiPhoneとAndroidのアプリがあり、無料のトライアル期間があるので、テストしてみることができます。

このようなVPNサービスは、無料のアプリやサービスよりもかなり速く、セキュリティやプライバシーも強化されているはずです。

6. モバイルデータ通信のカバー範囲の問題

推奨ネットワークの画面

スマホのインターネット接続速度が遅いのは、Wi-Fiが遅いからだけではありません。モバイルデータ通信に切り替えると、接続速度がWi-Fiと同じか、さらに速くなると期待するかもしれませんが、それは必ずしも正しいとは言えません。

スマホの信号に影響を及ぼす可能性があるものはたくさんあります。スポーツイベントやコンサートなど、大量に人がいる場所で、このことを実感することが多いでしょう。

1万人以上もの人が、同時に同じ携帯電話のアンテナに接続しようとすると、パフォーマンスは悪くなります。

また、要因はほかにもあります。一番近い携帯電話のアンテナからの距離や、屋内か屋外か、その時の天候にも影響を受けることがあります。

そのため、5Gのスマホを使っていても、5Gをカバーする範囲が十分広くないと、その恩恵に預かることができないかもしれません。

この問題は、4Gのスマホがさらに遅い3Gの接続になってしまったり、インターネット接続がまったくできない状態になる原因になることもあります。

さらに、小さな携帯電話会社は帯域が限られていることがあるので、最速で接続できない可能性もあります。

接続速度の問題が続く場合は、携帯電話会社に連絡しましょう。解決方法がないのであれば、携帯電話会社を変えたほうがいいかもしれません。

7. スマホ自体が遅い

最後に、スマホのインターネット接続速度が遅いのは、スマホが遅いだけなのかもしれません。

Wi-Fi接続はすこぶる良く、モバイルデータ通信のカバー範囲も完璧で、高速ネットワークの環境にいても、求めている速度にスマホが対応できていないのかもしれません。

アプリやウェブサイトのリソース要件は、常に少しずつ上がっています。実際にはインターネットの速度が速くても、遅く感じている可能性があります。

スマホのハードウェアが、ウェブページを表示するのに時間がかかっていたり、オンラインゲームのグラフィックをうまく表示できないのです。

古い低機能のAndroidスマホを使っている場合は特に、その可能性があります。しかし、最新のハイエンドのデバイスを持っていても、アプリの選択で影響が出ることもあります。

バックグラウンドでダウンロードや同期をするアプリが多すぎると、利用できる帯域を占有しすぎて遅くなることがあります。

また、古かったり、質の悪いアプリによって、遅くなることもよくあります。アプリを常に最新の状態に保ち、使わないアプリはアンインストールし、バックグラウンドでの実行を許可するアプリに目を光らせておきましょう。

あまりにも酷い場合は、新しいスマホを買ったほうがいいのかもしれません

スマホが遅い原因を特定しよう

これで、スマホのインターネット接続速度が遅い原因はたくさんあることがわかったと思います。

ありがたいことに、ほとんどの問題は簡単に解決できます。ハードウェアの問題が原因のことが多いので、ほかのデバイスの問題を解決するのにルーターを調整する必要があるかもしれません。

Source: GooglePlay, AppStore, YouTube