ニューノーマルの、その先へ。社会全体が再起動に向かっている今、個人もこれまでの歩みを振り返り、未来に向けて自らの仕事や人生を改めて設計するタイミングではないでしょうか。

自分だけのニュースタンダードをつくろう」特集では、新しいステージへの挑戦を始めた人の物語や、自分らしいワークプレイスのつくり方、必ず達成できる目標設定術まで、キーパーソンに徹底取材して、自分だけのライフハックを見つけるヒントをお届けします。

第3回は、美容系YouTuberとして活躍する­Hyuk(ヒョク)さんが登場。一流企業を辞めてYouTuberに転身し、常に“パイオニア”であり続けるために欠かさない挑戦や、一度は諦めたアーティストとしての新たな道を歩みはじめた原動力は? ビジネスパーソンにとっても学び多き、自身の“ニュースタンダード”についてお話を聞きました。今回は後編です。

▼前編はこちら

「第一人者であれ」活躍の場を広げ続けるYouTuber・Hyukの仕事論 | ライフハッカー[日本版]

「第一人者であれ」活躍の場を広げ続けるYouTuber・Hyukの仕事論 | ライフハッカー[日本版]

Hyuk(ヒョク)

Hyuk(ヒョク)

1991年生まれ、韓国出身。12歳の時に父親の転勤に伴い、家族で来日。国立大学を卒業後、一部上場企業に就職し、5年後に退職。本格的にYouTuberとして活動する。現在は美容系YouTuberとしてチャンネル登録者数51.4万人(2022年3月末現在)を獲得。また、音楽事務所の練習生としてボーカルやダンスに励み、2019年にはサバイバルオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」にも参加。本名のLEE MINHYUK(イ・ミンヒョク)としてアーティスト活動も行ない、2022年2月には2ndシングル「Regret」を発表。300万円をかけて自費制作したミュージックビデオも話題を集める。

YouTubeInstagramTwitter

リミットは3年。内容・手法もトレンドに合わせて進化を

──「YouTuberとして情報を発信して良かったな」と思うのは、どんな時ですか? また、ご自身が支持される理由をどのように自己分析していますか?

前回お話しした通り、僕は女性に向けてコスメ・スキンケア商品のレビュー動画をYouTubeで発信しています。チャンネル登録者数は51万人を超えましたが、肌質は1人ひとり違いますし悩みも人それぞれです。それを実際に試して、肌タイプ別にレビューしていることが僕の動画の強みかなと考えています。

皆さんのコメントを見ていて思うのは、肌にコンプレックスを抱えている方が多いということ。

「ヒョクくんの動画のおかげで、スキンケアをがんばろうと思えた」「教わったことを続けていたら、肌トラブルが改善されてうれしい」といったコメントがあると、誰かの役に立てている、自信を持つ後押しができているのかなとうれしくなりますね

また、人気のYouTuberやTikTokerの方から「活動を始めたのは、ヒョクくんの動画がきっかけなんです」というDMをいただくこともあります。若い世代がどんどん動画市場に入ってきて、僕のポジションがなくなるのではないかと正直ものすごく怖いですけど(笑)、誰かの人生のきっかけになれるというのはやりがいにつながりますし、その意味では第一人者であることに誇りを感じます

僕は、何においても「進化しなければ3年で飽きられる」と考えています。僕自身も美容に路線変更をしてもう3年。これからのことは、毎日頭が痛くなる程考えています。

時間をかけてじっくり伝える動画から、今は1分にも満たない短さでコンパクトに情報を伝える「ショート動画」へとニーズも変わっている。内容だけでなく手法も変えていかなければいけません

そこに空きを見つけて、学び続けながら発信し、ファンの皆さんに恥じないような動画をつくっていきたいですね。変化を続ける一方で、「ファンの方に恥じない」というのは、YouTube活動をしている今も、アーティストを目指していた時も変わらず思い続けていることです

一生懸命に生きる。いつも謙虚に、笑顔で、挑戦を

──アーティスト活動といえば、2022年2月にシングル「Regret」をセルフプロデュースしたことが話題になりました。楽曲・MV制作費の300万円は自腹だったとか!

もうめちゃくちゃ赤字ですよ(笑)。楽曲の制作も撮影も、プロの方に直接依頼・金額交渉し、衣装を運んだりケータリングを用意したり…何から何まで自分でやりました。普通だったら2日かけて撮るところを1日で終わらせたので、ダンサーの方々もハードだったと思います。

でも、僕の本当の夢はアーティストなので、ずっと叶えたいと想っていたことの1つに挑戦できました。YouTubeのフォロワーさんにも僕の違った一面を知っていただき、また結果としてファンが多少でも増えたことは、プロモーションとしては成功だったと思います。

この「Regret」という楽曲は「二面性」をコンセプトにしています。YouTuberの僕とアーティストの僕という二面性。あとは、オーディション番組に出た時からずっと応援してくださるファンの方々に恩返しをしたかったのと、10代・20代の方に「夢は諦めなければ実現できる」というメッセージを伝えたかった…いろいろな想いを込めました。

──どうしてそうまでして楽曲制作を実現させたかったのでしょうか? 原動力の源は?

諦められない自分の性格ですね。今まで、アーティストになる夢を何度も諦め、失敗も重ねてきました。それでもやっぱり、ステージでキラキラと輝く人を目にすると「自分もこんな人生を歩めたかもしれない」と、悔しくて…。その悔しさがバネになっているんだと思います

僕の長所は「一生懸命に生きることができること」。僕は歌もダンスもずば抜けて上手いわけではありません。何でも“平均”なんです。YouTubeにしろアーティスト活動にしろ、才能がないと感じる分、努力を続けて一生懸命に生きて、どうにかこうにか夢の実現に近づけている感じです。

会社員、練習生、YouTuberの3足のわらじを履いていた時、よく「ヒョクの人生はしんどそう」と言われました。実際、今もどちらかと言えばしんどいです(笑)。

それでも、「周りから楽しそうと思われたら、それで良しとしよう」と思っています。いつも謙虚で、いつも笑顔で、いつも挑戦し続ける。それが目指す理想の自分です。

「挑戦」を「行動」に。止まらなければ失敗にならない

──4月になり、新しいことを始めたいと思う一方で、なかなか一歩が出せない、何に挑戦したらいいかわからないという人も多いと思います。ヒョクさんだったらどんなアドバイスをしますか?

アドバイスなんておこがましいのですが…。ただお伝えできるのは「挑戦」を「行動」に置き換えて考えてみてはどうかということです。

挑戦というとすごく大きなことに感じてしまいますが、行動を起こすことならすぐにできます。「自分が挑戦したいことは何だろう」と考えるだけでも行動です。

僕が心がけているのは、何に対しても「食わず嫌い」にならないこと。学生は学校が、会社員は会社が世界のすべてになってしまいがちです。でも、機会があったら尻込みせずに、一歩外へ出てみる。そうすると、世界が広がり、それまで自分が“スタンダード”としていたことがガラリと変わることを、僕は身をもって体験しました。

とはいえ、僕みたいに会社を辞めることをすすめているわけではありません(笑)。第一希望ではない会社で新年度を迎えた人もいるかもしれないし、異動で希望していない部署に配属された人もいるかもしれない。それでも、食わず嫌いをせずに足を踏み出せば、学びや気づきが得られますし、その道が自分に合わなければ、またその時に方法を考えましょう

僕のこれからは…そうですね。挑戦し続けることを止めないことでしょうか。がんばることを諦めてしまうと、そこで「失敗」になってしまいますが、いつか成功すればその道のりは失敗にはなりません。一度、夢を諦めたからこそ気づけた、「僕のニュースタンダード」です。


▼前編はこちら

「第一人者であれ」活躍の場を広げ続けるYouTuber・Hyukの仕事論 | ライフハッカー[日本版]

「第一人者であれ」活躍の場を広げ続けるYouTuber・Hyukの仕事論 | ライフハッカー[日本版]

>> 「自分だけのニュースタンダードをつくろう」特集ページへ

▼こちらもおすすめ

ハーバードに合格し、起業も実現。夢を叶える「目標設定術」とは | ライフハッカー[日本版]

ハーバードに合格し、起業も実現。夢を叶える「目標設定術」とは | ライフハッカー[日本版]

Web会議の3大問題を低コストで解決する新定番ツール | ライフハッカー[日本版]

Web会議の3大問題を低コストで解決する新定番ツール | ライフハッカー[日本版]

Photo: KOBA / スタイリング: 仲唐英俊 / ヘアメイク: 佐々木渚香 / Source: YouTube