iOS 15で「テキスト認識表示」という機能が初めてリリースされたときは、このバージョン最高の新機能だと言われました。

その理由は十分に理解できます(訳注:現時点では日本語は未対応。英語、中国語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、ポルトガル語、スペイン語なら認識できる)。

「テキスト認識表示」は、撮影済みの写真に写っている(あるいは、カメラのフレーム内に写り込んでいる)テキストをすべて認識し、その情報をコピーしたり、共有したりできる機能です。たとえば、海外に行ったときに、メニューを翻訳したりするのが簡単にできます。

ところが、この機能を目にすればするほど、わずらわしさが増していくことがあります。

たとえば、カメラアプリを立ち上げて、撮影したい方向にレンズを向け、ピントを合わせたい被写体をタップすると、テキストが選択されてしまう場合がそうです。

写真ライブラリを見ているときに、1枚の写真を拡大して見ようとすると、連絡先に移動したいかどうかをたずねるポップアップが表示されてしまう場合も。

同じようにイラついている人は、カメラアプリや写真アプリの「テキスト認識表示」機能をオフにしましょう。

Macでも同様に、OS全体でこの機能が使えないように設定できます。

iPhoneとiPadのカメラアプリで「テキスト認識表示」をオフにする

まずは、いちばんイラつくところからはじめましょう。

写真を撮影するときに「テキスト認識表示」が邪魔になる場合は、カメラアプリに対してのみ、この機能をオフにできます。

「設定」>「カメラ」と進み、「検出されたテキストを表示」をオフにすれば完了です。

iOS全体で「テキスト認識表示」をオフにする

カメラに限らず、iOS全体で「テキスト認識表示」機能をオフにしたいときは、別の設定を行います。全体的な設定を変えておけば、写真アプリのほか、Safariやスクリーンショットの編集画面(スクショした画像でもテキスト認識表示が利用可能)でも、この機能がオフになります。

設定するときは、「設定」>「一般」>「言語と地域」と進み、「テキスト認識表示」のトグルをオフにしてください。

このように「テキスト認識表示」をオフにしておけば、カメラアプリを含むすべてで、この機能が使えなくなります。

macOS全体で「テキスト認識表示」をオフにする

「macOS Monterey」のリリース時から、Macでも「テキスト認識表示」機能が使えるようになりました(現時点では日本語には未対応)。画像内のテキストを選択しただけで、コピーできるわけです。

けれども、この機能があまり好きではないなら、OS全体でオフに設定しましょう。

上部メニューバーにあるリンゴのアイコンをクリックしたら、「システム環境設定」>「言語と地域」>「一般」と進み、「テキスト認識表示」内で「画像内のテキストを選択」というオプションをオフにします。

気が変わったら、「システム環境設定」を開き、いつでも「テキスト認識表示」をオンに変更することが可能です。