スマホにはさまざまな価格帯があります。1万円以下のものもあれば10万円を超えるものまで。

しかし、新しいスマホに、果たしていくらかけるべきでしょうか?それぞれの価格帯でどんな機能が期待できるのでしょうか?

そして最も重要なことは、どの価格帯のスマホが自分に適切なのか見極めることです。

スマホの機能を7つの価格帯で比較してみました。

1万円未満:子どもや高齢者向き

1万円未満のスマホの新規購入は、子どもや高齢者でなければおすすめしません。この価格帯だと、普通に使用していればなんとか一日過ごせる程度のスマホになるのが関の山です。

性能、カメラ、バッテリー、クオリティ、ディスプレイがすべて劣っており、ストレージの容量も多くはないと思ってください。

そのため、この値段で新品のスマホを買うよりも、少なくともある程度確実に動作し、それほど不便を感じさせない中古のお買い得スマホを買うことをおすすめします。

期待される機能:

  • 5MPのメイン/フロントカメラ
  • 2GBのRAM、16GB のROM、microSDカードスロット付き
  • ベゼルが厚いHD液晶画面
  • 2000mAhのバッテリー
  • プラスチック製の本体、ヘッドフォンジャック付き
  • Micro-USB充電ポート

1万〜2万円:基本的な機能が搭載されている

1万円から2万円まで価格が上がると、状況は劇的に改善されます。この価格帯で購入する人は、基本的な機能、特にバッテリー寿命の長さとそれなりの容量のストレージを求めています。

しかし、カメラ、ビルドクオリティ、性能は依然として良くありません。この価格帯は、スマホの用途をWebブラウジング、ソーシャルメディア、簡単なゲーム、ちょっと写真を撮るなどに限定する人向きでしょう。

期待される機能:

  • リアトリプルカメラセットアップ、12MPのメインカメラ、8MPのフロントカメラ、1080p動画(30fps)。
  • 4GBのRAM、64GBのROM、microSDカードのスロット付き
  • HD液晶画面、ティアドロップノッチ
  • 5000mAhのバッテリー、15Wの有線充電
  • プラスチック製の本体、ヘッドフォンジャック付き
  • 背面に静電容量式指紋センサー
  • Micro-USB充電ポート

2万〜3万円:お買い得なスマホが最も見つかりやすい価格帯

お買い得なスマホが見つかる可能性が一番高いのが2〜3万円の価格帯です。この価格帯で最も良く売れているスマホの大半は中国のメーカーが製造したものです。

残念ながら、米国に住んでいると、この価格帯の選択肢は他の国々に比べてかなり制限されます。

しかし、Samsungに関しては、どこに住んでいてもお買い得品を見つけることができます。この価格帯のスマホは、すべての必須機能を搭載していますが、多くの場合、他のオプションから区別するために癖のあるデザインになっています。

期待される機能:

  • リアクアッドカメラセットアップ、48MPのメインカメラ、16MPのフロントカメラ、4K動画(30fps)
  • 6GB のRAM、128GBのROM、microSDカードのスロット付き
  • FHD AMOLEDスクリーン、90Hzのリフレッシュレート、パンチホール式フロントカメラ
  • 5000mAhのバッテリー、15Wの有線充電
  • プラスチックでできた本体、ヘッドフォンジャック
  • 背面または側面に搭載された静電容量式指紋センサー
  • USB-C 2.0の充電ポート

3万〜5万円:フラッグシップキラー

3万から5万円という価格帯は、フラッグシップキラーが誕生する価格帯なので、とてもエキサイティングです。

フラッグシップキラーの目標はシンプルで、フラッグシップのスペックを手頃な価格で提供することです。OnePlusがこのトレンドを広めましたが、より多くのブランドがフラッグシップキラーを市場に投入したので、この価格帯はかつてないほど競争が激化しています。

この価格帯のスマホは、スペックやちょっとした専門用語を理解する、テックにより精通したユーザーを対象としています。

ほとんどのハイエンドのモバイルゲームに十分に対応できますが、完璧とは言えません。

期待される機能:

  • リアクアッドカメラセットアップ、48MPのメインカメラ、16MPのフロントカメラ、4K動画(30fps)
  • 6GBのRAM、128GBのROM、microSDカードのスロット付き
  • FHD AMOLEDスクリーン、120Hzのリフレッシュレート、パンチホール式フロントカメラ
  • 4500mAhのバッテリー、25Wの高速有線充電
  • アルミニウムとプラスチックでできた本体、ヘッドフォンジャック無し、IP67レーティング
  • ディスプレイの下部に光学式指紋センサー
  • USB-C 2.0充電ポート
  • 5万~7万円:スペックシート以上の魅力がある

5万~7万円:スペックシート以上の魅力がある

5万から7万円の価格帯では、プレミアムな製品にプレミアムな価格を支払うことになります。

フラッグシップキラーはお買い得価格で提供する分だけ、コアなスペックに重きを置き、スペックシートに表れない機能にはあまり目を向けません。

そのため、この価格帯のスマホには、素晴らしい性能に加えて、優れたビルドクオリティ、IP68レーティング(埃や水に対する保護等級)、より大きな音量でクリアな音を出すスピーカー、ソフトウェアの最適化の強化、素晴らしいカメラ、そしてより優れた触覚フィードバックも期待できます。

期待される機能:

  • リアクアッドカメラセットアップ、64MPのメインカメラ、32MPのフロントカメラ、4K動画(60fps)
  • 8GBのRAM、128GBのROM、microSDカードのスロットなし
  • FHD AMOLEDスクリーン、120Hzのリフレッシュレート、パンチホール式フロントカメラ
  • 4500mAhのバッテリー、25Wの高速有線充電、ワイヤレス充電
  • アルミニウムとプラスチックでできた本体、ヘッドフォンジャック無し、IP68レーティング
  • ディスプレイの下部に光学式指紋センサー
  • USB-C 2.0充電ポート

7万〜10万円:フラッグシップモデル

7万円以下でもフラッグシップモデルが見つかるかもしれませんが、最近のフラッグシップモデルの多くは7万から10万円の価格帯です。

AndroidとiPhoneの競争が激化するのもこの価格帯です。

この価格帯では、素晴らしいスペックやハードウェアのみならず、8K動画対応、QHD解像度、LTPOディスプレイ、その他多くの最先端技術など、特別な機能に対してお金を払うことになります。

非常に信頼性が高く、プレミアムな機能を備え、プライバシーとセキュリティを維持するための追加措置が取られています。

期待される機能:

  • リアクアッドカメラセットアップ、64MPのメインカメラ、32MPのフロントカメラ、8K動画(24fps )
  • 12GB のRAM、256GBのROM、microSDカードのスロットなし
  • LTPO QHD AMOLEDスクリーン、120Hzのリフレッシュレート、パンチホール式フロントカメラ
  • 4500mAhのバッテリー、65Wの高速有線充電、ワイヤレス充電、リバースワイヤレス充電
  • ガラスとアルミニウムでできた本体、ヘッドフォンジャックなし、IP68レーティング
  • ディスプレイ下部に超音波指紋センサー、あるいは、顔認証によるロック解除機能
  • USB-C 3.2充電ポート

10万円以上:特別な機能と最高の利便性が得られる

10万円を超えると、最高のスマホが手に入ります。このくらい高い価格になると、他の価格帯では真似できない機能を手に入れることができます。

たとえば、魅力的なカメラ、ユニークなデザイン、最大限のパフォーマンス、エコシステムとのより緊密な統合、そしてとっておきの機能です。

この価格帯のスマホの目標は、利便性を最大限に高め、他のハイテクガジェットを必要としないことです。

たとえば、デジタル一眼レフの代わりにコンピュテーショナル・フォトグラフィ、外付けハードディスクの代わりに1TBのストレージ、タブレットの代わりに折りたたみ式スマホ、バックカバーやスクリーンプロテクターの代わりに頑丈なビルドクオリティがあります。

期待される機能:

  • リアクアッドカメラセットアップ、108MPのメインカメラ、32MPのフロントカメラ、8K動画(24fps)
  • 12GBのRAM、1TBのROM、microSDカードのスロットなし
  • LTPO 2.0 QHD AMOLEDスクリーン、120Hzのリフレッシュレート、パンチホール式フロントカメラ
  • 4500mAhのバッテリー、65Wの高速有線充電、ワイヤレス充電、リバースワイヤレス充電
  • ガラスとアルミニウムでできた本体、ヘッドフォンジャック無し、IP68レーティング
  • ディスプレイ下部の超音波指紋センサーまたは顔認証によるロック解除機能
  • USB-C 3.2充電ポート

自分に相応しい価格を選ぶ

新しいスマホを購入するときは、予算がいくらであろうと、必ずと言っていいほどお得な買い物ができます。

スマホは、最近は非常に進化が速いので、全体的に優れたユーザーエクスペリエンスを得るために多額のお金を費やす必要はありません。

平均的な消費者には、2万以下も7万以上もおすすめしません。新しいスマホを購入する際には、このガイドを見直して、自分のニーズをより明確に判断してください。

Original Article: How to Archive Items in Notion by MakeUseOf