Apple Watchは、iPhoneのベストフレンドです。

iPhoneに触らずに、通知を管理したり、電話に出たり、一部のアプリケーションを使うこともできます。健康管理とフィットネスの機能は体調管理に役立ちますし、通知機能でメッセージを常に把握することができます。

しかし、Apple Watchには、「アクティビティ」アプリ、「通知センター」、文字盤以外にもたくさんの機能があります。

Apple Watchを初めて使う人は、すべての機能を把握していないかもしれません。Apple Watchを最大限に活用するために、その隠れた機能を以下にご紹介します

1. Dockをアプリのランチャーに

Image: MakeUseOf

DockはApple Watchの一番の秘密で、サイドボタンを押すと表示されます。

しかし、このネーミングは誤解を招きがちです。Dockのデフォルトの動作は、最も最近使ったアプリを表示することです。この点は、iPhoneのApp Switcherと似ていますね。

しかし、日常的な使用では、この機能を実際に使うことはないかもしれません。うれしいことに、Watchアプリには、Dockを非常に便利なアプリランチャーに変える隠し設定があります。

Watchアプリを開き、「Dock」を選択して、「最近使った項目」から「良く使う項目」に切り替えます。下の「良く使う項目」リストに、使用頻度の高いアプリをいくつか追加しましょう。

平均的なApple Watchユーザーは、ワークアウト、ミュージック、メッセージ、Podcastなど、いくつかのアプリをシャッフルして使うのが一般的です。

さあ、サイドボタンを押し、リストをスクロールして、アプリのプレビューをタップしてアプリを起動させてみましょう。

2. サイレントモードをオン

Apple Watchを身に着けていると、iPhoneがなくても用が足りる点が良いところです。Apple Watchがあれば、メッセージや電話が来るたびにiPhoneを手に取る必要はありません。むしろ、長時間iPhoneをサイレントモードにしておくことができます。

しかし、Apple Watchはデフォルトでは通知を受け取るたびに音を出します。特にWatchのタプティック・エンジンが非常に優れていると、この点がすぐに煩わしくなってしまうかもしれません。しかし、数回タップするだけで音を消すことができます

Apple Watchのフェイスを上にスワイプしてコントロールセンターを表示し、ベルのアイコンをタップして「サイレントモード」をオンにします。

これで、Apple Watchは、通知を受け取った時にユーザーの手首を優しく叩き、手首を上げるまで画面が点灯しないようになります。

3. 話しかけて即座にSiriを起動

Image: MakeUseOf

watchOS 5以上を搭載したApple Watch Series 3を使っているなら、Siriに話しかけるためにデジタルクラウンを押す必要はありません。

手首を上げてApple Watchを顔に近づけて話しかけてください。Siriは即座にあなたのコマンドを書き起こして処理を開始します。

面白いことに、Apple WatchでSiriを操作するには、この方法が最も確実です。デジタルクラウンを握るよりも遥かに上手くいきます。

4. 通知方法をカスタマイズ

Image: MakeUseOf

Apple Watchをいつもつけていると、時間をかけて送られてくる通知を整理する必要が生じます。そうしないと、Apple Watchをつけていることがすぐに負担になってしまうでしょう。

幸い、Apple Watchには、通知センターから通知を無効にするオプションがあります。通知を左にスワイプして、メニューボタンをタップし、「Apple Watchでオフにする」を選択します。

また、「目立たない形で配信」オプションを選択すると、アプリの通知音や振動のフィードバックを無効にすることができます。

Image: MakeUseOf

しかし、最も効率的な方法は、スマホのWatchアプリを使うことです。

通知」にアクセスし、下にスワイプして「iPhone を反映」セクションに移動します。ここで、手首に通知を表示させたくないアプリを無効にしましょう。iOSの通知をコントロールすることもお忘れなく。

5. ワークアウト画面をカスタマイズ

Image: MakeUseOf

ワークアウトアプリを定期的に使っていると、ワークアウト画面をカスタマイズしたくなります。

たとえば、ウォーキングのワークアウトに現在のペースを追加したいとします。

そのためには、Watchアプリを開き、「ワークアウト」→「ワークアウト表示」と進み、ワークアウトを選択します。「編集」をタップすると、必要に応じて測定基準の追加、削除、並べ替えができますよ。

6. 文字盤を管理

Image: MakeUseOf

Apple Watchの文字盤を管理しやすくするマジックナンバーは3です。時間帯、気分、シーンに合わせて、3種類の文字盤を設定しておくといいでしょう。画面の端から端まで水平にスワイプすると、利用可能なすべての文字盤が表示されます。

有効にしている文字盤が多すぎる時は、削除したり並べ替えたりしましょう。Apple Watch本体でもできますが、Watchアプリでするほうがずっと簡単です。

マイウォッチ」タブで、「マイ文字盤」セクションの隣にある「編集」ボタンをタップします。

文字盤を削除するには、赤いボタンをタップし、右のハンドルボタンで文字盤を並べ替えます。また、文字盤をカスタマイズするには、「マイ文字盤」セクションからその文字盤をタップしてください。

7. Apple Watchから直接メールに返信

Image: MakeUseOf

Apple Watchに通知が届いたら、それをタップして「返信」を選択すると、すぐに返事を送ることができます。

ここでは、「マイク」ボタンをタップして返事を口述したり、絵文字やあらかじめ用意された返信定型文を選んだりと、豊富なオプションが用意されています。

しかし、意外と知られていない機能の1つに「らくがき」ツールがあります。手がついたAの形のアイコンをタップすると、らくがき帳が表示されます。ここで文字を描けば、それが上にテキストとして表示されます。

Series 7のApple Watchの場合は、メッセージへの返信にApple WatchのQWERTYキーボードを使うこともできます。

どちらの方法も長文のメッセージを入力するのは面倒なので、使えるとはあまり言えません。でも、返信定型文のリストにはない言葉を一言、二言入力するには最適です

8. シアターモードを使用

Image: MakeUseOf

Apple Watchは、最悪のタイミングで点灯する傾向があります。ゲームをしている時や映画館で映画を見ている時は、Apple Watchに視覚的にも聴覚的にも邪魔されたくはないでしょう

そうした時は、コントロールセンターから上にスワイプして、「シアターモード」ボタンをタップ。これにより、画面をタップしたりデジタルクラウンを押したりしない限り、Apple Watchは点灯しなくなります

また、サイレントモードでは音声によるアラートを抑制することができますが、手首を叩かれる感触は残るので全くアラートされなくなるわけではありません。

9. すべての健康機能を有効に

Apple Watchを購入する主な理由の1つに、体力強化があります。

これは主にフィットネスとワークアウト機能を使って実現できますが、Apple Watchのさまざまな健康機能を有効にすることも重要です。そうすることで、Apple Watchの可能性を最大限に引き出すことができます

Apple Watchには、ECG、血中酸素モニター、転倒検知、睡眠トラッキングなど、さまざまな機能が用意されており、iPhoneのWatchアプリで、これらの機能をそれぞれのカテゴリーで確認することができます。

アプリの「健康」「心臓」「マインドフルネス」「睡眠」などの項目で確認可能です。

10. マスクをつけたままiPhoneのロックを解除

新型コロナウイルスのパンデミックを受けて、Appleは顔にマスクをつけたままApple Watchを使ってiPhoneのロックを解除できる機能をリリースしました

ささいなことに聞こえるかもしれませんが、驚くほど便利な機能なので、ぜひ使ってみてください。この機能を使用するには、Apple Watchにパスコードを設定しておく必要があります

機能を有効にするには、iPhoneで「設定」→「Face IDとパスコード」を開き、「Apple Watchでロックを解除する」を有効にします。このオプションが薄いグレーになっていて選択できない場合、iOS 14.5またはwatchOS 7.5以降にアップデートしていない可能性があります。

Apple WatchがiPhoneとペアリングされ、本機能が設定されます。あとは、普段通りの手順でiPhoneのロックを解除してください。

iPhoneの電源を入れ、iPhoneを見ると、瞬時にロックが解除されます(マスクをしていても同じです)。すると、Apple Watchにロックが解除されたことを示すアラートが表示され、手首に振動が伝わります。

11. Apple Watchに音楽を同期

Image: MakeUseOf

ランニングやウォーキングにApple Watchを持っていく場合、特にセルラーのApple Watchを持っているなら、iPhoneは家に置いていったほうがいいかもしれません。

Apple Musicに加入していると、好きな時にApple Watchからスマホ回線を使って音楽をストリーミングすることができます。しかし、これはしばしば信頼性に欠け、バッテリーを大きく消耗します。

それなら、お気に入りのアルバムや実行中のプレイリストをApple Watchに同期して、オフラインで使用してはどうでしょう。

iPhoneのWatchアプリを開き、「音楽」を選択して「さらに追加」をタップします。プレイリストやアルバムを選択して、Apple Watchに同期されるのを待ちます。

次回、Apple Watchの「音楽」アプリを開けば、リストに新しく同期されたアルバムやプレイリストが表示されます。

12. Apple WatchでApple Payを有効に

Apple Watchは単体でも使用できますが、Apple Payを有効にすることを検討してみてはどうでしょう。

そうすれば、iPhoneを取り出したり財布を持ったりせずに、Apple Watchで非接触の支払いができるようになります

Apple Watchで非接触型決済を有効にするには、iPhoneのWatchアプリを開き、「マイウォッチ」→「ウォレットとApple Pay」を選択します。利用可能なリストから利用したいカードを追加すると(iPhoneで既に追加されているカードのみ追加可能)、自動的にApple Watchに表示されます。

これで、支払いをしたい時にApple Watchの「サイド」ボタンを2度押しして、非接触型端末にかざすだけで、支払いを受け付けてくれます。

Apple Watchで健康的な生活を

この記事でご紹介した隠れ機能を活用してApple Watchを最大限に活用していただければ幸いです。

「Apple Watchってこんなにできることが多いのか!」とびっくりするはずです。すべての機能を日々のワークアウトやフィットネスに取り入れることで、大きな変化をもたらすことができるでしょう。

Original Article: 12 Hidden Apple Watch Features New Users Must Try by MakeUseOf