2021年10月にWindows 11がリリースしてから、多くのユーザーが最新版のWindowsにアップグレードしました。しかし、それでもまだ思い切れない人もいます。

Microsoftによると、Windows 10は2025年までサポートされるそう。そのため、ユーザーに考える時間の余裕があります。

最新版へのアップグレードに懐疑的な人のために、今回は「Windows 11にアップグレードしなかったらどうなるのか? 」というよくある疑問に答えながら、そのほかにも知っておいたほうがいい情報について紹介していきます。

今Windows 11にアップグレードしなかったらどうなるか?

Microsoftは、2025年10月14日までWindows 10をサポートしますから、今すぐWindows 11にアップグレードする必要はありません

そのため、Microsoftも、すぐにWindows 10からWindows 11にアップグレードする必要はないと言っています。

Windows 10の主要なアップデートと同じように、「Windows Update」でダウンロードとインストールを開始しないようにすれば、Microsoftが促すアップグレードを拒否したり、延期したりできるでしょう。

この場合、2025年まではシステムを保護するのに不可欠なセキュリティ・アップデートを受け取ることができ、自分のパソコンを安全に使用することができます。

あとでWindows 11にアップグレードしても大丈夫か?

もちろん大丈夫です。焦って今すぐアップデートする必要はありません。Windows 10が気に入っているなら、使い続けることができますよ。

更新プログラムの提供が終了したり、アップデートを拒否した場合に削除されたりするのが心配でも、Windows 11をインストールする方法はまだあります

アップグレードしたくなったら、「設定 > Windows Update」にいき、「更新プログラムの確認」をクリックすればいいのです。

Windows Update
Image: MakeUseOf

メディア作成ツール(MCT)や、Windows 10から11へのアップグレードのインストールアシスタントを使うこともできます

ただし、アップグレードする前に、自分のシステムでそれが使えるかを確認してください。Windows 10の有効なライセンス、ネットワーク接続、TPM 2.0もしくはTPM 1.2以上、それにセキュアブートとUEFIが搭載されたパソコンが必要です。

インストールアシスタントを使用したい場合

Windows 11インストールアシスタントを使用してアップグレードするには、Microsoftのダウンロードページにいき、Windows 11インストールアシスタントの下にある「今すぐダウンロード」ボタンをクリックします。

ダウンロードが完了したら、プログラムを実行するだけで、アップグレードのインストールが始まります。

Windows11ダウンロードページ
Image: MakeUseOf

ブータブルUSB、DVDを作成したい場合

Windows 11のブータブルUSBやDVDを作成したい場合は、メディア作成ツールをダウンロードします。先ほどと同じWindows 11のダウンロードページで、「Windows 11 のインストールメディアを作成する」の下にある「今すぐダウンロード」ボタンをクリックします。

仮装マシン上でOSを使用したい場合は、ディスクイメージ(ISO)をダウンロードしましょう。「Windows 11 ディスクイメージ (ISO) をダウンロードする」の下にある「ダウンロード」ボタンをクリックするだけで、パソコンにコピーを保存します。

Windows11ダウンロードページ
Image: MakeUseOf

このISOファイルを使って、ブータブルUSBドライブを作成することができます。

2025年以降Windows 11にアップグレードしないことでリスクはあるか?

もちろんあります。2025年のサポート終了までにシステムをアップグレードしない場合、パソコンはいくつかのリスクに直面します。

まず、最新の機能やセキュリティ・アップデート、パッチ、そのあとのセキュリティ機能やプログラムへの互換性を逃します。システムをアップグレードしないというのは、攻撃に対して脆弱になるということです。

古いバージョンのWindowsを使っていると、パソコンはより多くのウイルスに感染しやすくなります。ウイルスというのは、行動を追跡するマルウェアや、データを損傷するワーム、機密情報や個人情報を人質に取るランサムウェア、ウェブカメラを遠隔操作するRATなどです。

アプリのサポート、アップデートが不可になる可能性が

さらに、サポートが終了してから数年経つと、アプリのサポートやアップデートもなくなるかもしれません。そうなると、最新版にアップデートできなくなるので、セキュリティ上さらに脆弱になります。

ゲーマーであれば、お気に入りのゲームや、今後登場する新しいゲームができなくなるかもしれません。

チート対策ツールを使っているゲームは、より良く公平なプレイのために、Windows 11のセキュリティ機能に頼るようになってきています。

今はまだWindows 10でも動いているかもしれませんが、近い将来Windows 11でないとゲームがてきなくなることが予想されます

ずっとWindows 10のままでもいられるか?

セキュリティマーク
Image: MakeUseOf

Windowsが初めてリリースされてから、Microsoftがサポートしなくなっても、新しいバージョンではなく、古いバージョンのWindowsを好んで使う人は常にいました。

いまだにWindows 7やWindows 8、Windows XPのような、古いバージョンを使っているユーザーがたくさんいると知ったら、驚く人もいるかもしれません。しかし、そのようなユーザーのシステムは重大なセキュリティリスクに直面しているのです

後々お金を払ってアップグレードしなければならなくなるかも

ですから、まったくアップグレードしない場合、自分のシステムをリスクに晒すだけでなく、新しいシステムやセキュリティ機能を逃すことにもなります。

古いシステムに起こる問題はそれだけではありません。Windows 10やそれ以前のバージョンに対応しないアプリが出てきたり、インストールできるプログラムの選択肢が限られることもあります。

最後に、サポートが終了するまでWindowsをアップグレードしない場合、将来的にアップグレードにお金を払わなければならなくなるかもしれません。パソコンのシステムにあまりお金をかけたくない人は、特に考慮したほうがいいことでしょう。

Windows 11にアップグレードできない場合はどうなるのか?

自分のパソコンが、Windows 11の最低要件を満たしていないことに気づいた人には、選択肢は以下の3つに限られてくるでしょう。

1. Microsoftがサポートを終了するまでWindows 10を使い続ける。

2. サポート終了前に新しいパソコンを買う。

3. Windows 11に必要なハードウェアにアップグレードする。

より良いセキュリティのWindows 11

Windows 11には多くの変更点があるので、今でもWindows 10を使い続けているユーザーがたくさんいるのは当然です。しかし、このような変更は、以前のバージョンよりも良くするためのものであり、Windowsユーザーにより安全なオプションを提供するためです。

しかし、新しいWindows 11にまだ移行したくない人は、焦る必要はありません。MicrosoftがWindows 10のサポートを終了するまで、最新版にアップグレードする猶予は十分あります。

>>もっと「仕事に役立つWindows最適化」の記事を見る

Image: MakeUseOf

Source: Microsoft

Original Article: What Happens if I Don't Upgrade to Windows 11? by MakeUseOf