マーカーペンといえば、ボールペンの種類によってにじんでしまうのが難点です。学生、社会人問わず活躍する文房具なのにもかかわらず、万能ではないのが残念ですね。

そこでおすすめしたいのが、ZEBRAから販売されているマーカーペンジャストフィット モジニライン」!(以下、モジニライン)

モジニラインは「にじまない」というのが特徴の優秀なマーカーペン。特殊なインクを使って、従来のマーカーペンよりにじみを軽減しているのです。

マーカーペンを使って学習を進めている学生はもちろん、印刷物にラインを引く機会の多いビジネスマンにもぜひ使ってみてほしいアイテム。

愛用しているボールペンと今までのマーカーペンの相性がよくない、という人にも特におすすめです。

水性マーカーの弱点「にじみ」を克服

モジニライン最大の特徴は、とにかく「文字がにじみにくい」点です。

マーカーペンは、基本的に水性インクが用いられています。そのため、水性ボールペンや万年筆のうえにラインを引くと、文字がにじんでしまうのです。

しかし、モジニラインは特殊なインクを使用しているため、水性ボールペンや万年筆でもにじみません。きれいなノートが作成でき、集中力を途切れさせない学習や作業が進められます。

どれくらいにじまないのか、ほかのマーカーペンと比較してみました。

画像だとわかりにくいかもしれませんが、ほかのマーカーペンと比較すると明らかににじんでいません。

これでマーカーペンに合わせてボールペンを選ぶ必要はなくなり、お気に入りのペンでノートを作成できるようになりますね。

柔らかいペン先でどんな紙面にもフィット

モジニラインのもう1つの特徴は「ペン先が柔らかいところ」です。ラインを引くときにペン先がグニャっとなり、まっすぐできれいなラインが引けます。

ほかのマーカーペンはしっかりとペン先を紙面にあてているつもりでも、うまくあたっていないときがあります。その場合、ラインを引きながら修正するので、不格好なラインになってしまうんですよね。

せっかく学習に集中していても気を取られてしまうので、筆者にとってはおもしろくないポイントでした。

ペン先の秘密は、素材と形状に

ペン先には柔らかい素材のナイロンが使用され、先端にいくほど薄くなる形状が変形するポイントとなっているようです。ペン先がしなることで、平らになりづらい教科書や参考書でもきれいにラインが引けます

そのためには、少し力を入れて、ゆっくりラインを引くのがポイントです!

細字のペンがない

多くのマーカーペンは、マーカーと細字のペン先が搭載されています。

しかし、モジニラインに搭載されているのは、マーカータイプのペン先だけです。反対側はキャップをはめるのみに使用します。

細字ペンがないことは、人によってはメリットになったりデメリットになったりすると思います。筆者にとってはメリット、というか細字ペンは必要性を感じないものでした。

マーカーペンはその用途から発色がよく、細字で文字を書いたところで見づらく感じていたのです。

したがって、ほかのマーカーペンで細字はほとんど使ったことがありません。アンダーラインで使う場合はたまにありましたが、機会も多くなかったため、細字がなくなっても問題ないと考えています。

インク量が多いので乾くのがやや遅い

モジニラインは出るインク量が多いようで、乾くのがやや遅いのが気になるところです。

特に、ラインの引きはじめはインクがよく出るようで、後半になるほど色が薄くなります。

多少のムラは気になりませんが、乾かないうちに触ってしまうと色が付着してしまいます。対面のページに色移りする恐れがあるので、急いでいるときは要注意です。

にじみにくさにも相性がある

モジニラインは「文字がにじまない」ことが、最大の特徴です。しかし、絶対ににじまないといえるほど万能ではありません。

本体やパッケージの注意書きにも「効果に差が出る場合がある」と明記されています。

カラーバリエーション5色!セットでも購入可能

モジニラインは、全5色のカラーバリエーションが展開されています。発色は、きつくもなく柔らかすぎず、中間の色味だと筆者は感じました。

5本セットや3本セットでも販売しているので、必要分だけ購入できるのはうれしいですね。

ほかのマーカーを使う場合、ボールペンはどうしても油性でないといけませんでした。しかし、モジニラインは水性ボールペンでも使用できるため、油性ボールペンが好きじゃない人にとっては必須級のアイテムと言えます。

ぜひ、お気に入りのボールペンとモジニラインを使って、学習やビジネスを進めてみてください。

▼あわせて読みたい

剥がせる「ふせんマーカー」という新常識。大事な資料や本、手帳でも大活躍【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー[日本版]

剥がせる「ふせんマーカー」という新常識。大事な資料や本、手帳でも大活躍【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー[日本版]

キングジムの「ホルサック」でバラバラなクリアホルダーを一括管理【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー[日本版]

キングジムの「ホルサック」でバラバラなクリアホルダーを一括管理【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー[日本版]

ゼブラの新サインペンはウェブ会議こそ大活躍する心強いアイテムでした【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー[日本版]

ゼブラの新サインペンはウェブ会議こそ大活躍する心強いアイテムでした【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー[日本版]

>>もっと【今日のライフハックツール 】を見る

>>もっと「はかどる文具」の記事を見る

文・写真:津田まさき

Source: ZEBRA