Windows 10・11のユーザーなら、MicrosoftがEdgeをユーザーのデフォルトブラウザにどれほどしたがっているかをご存知でしょう。

もっとも、Edgeに乗り換えたとしても、その使い勝手は、広く使われているGoogle Chromeブラウザとおそらくそれほど変わりません。

EdgeはChromiumベースのブラウザなので、基本的にはChromeと同じような動作をします。

最新のEdgeには、スリープタブ、タブグループなど、生産性と効率性を高めるための新機能が数多く搭載されています。

ただし、これらのアップデートにより、Edgeの動作が遅くなるケースがあります。もし、あなたのEdgeの動作が遅くなったと感じたら、以下の手順に従って問題を解決してください。

Windows 10・11でMicrosoft Edgeの動作が遅い場合の対処法

重要:以下のトラブルシューティングを実行する前に、インターネット接続が正常に動作することを確認してください。接続の途切れも、ブラウザが遅くなる原因のひとつです。接続に問題がないことを確かめてから次に進みましょう。

1. Microsoft Edgeを再起動する

再起動といっても、単純にブラウザを閉じてもう一度開くだけではありません。ほとんどの場合、プログラムを終了しても、プログラムの実行が完全に停止するわけではありません。バックグラウンドでは実行されたままです。

プログラムを完全に終了させるには、タスクマネージャでそのプログラムに関連するすべてのプロセスを停止する必要があります。やり方を以下にご紹介します。

1. Ctrl + Shift + Escキーを押しながら、タスクマネージャーを開く。

2. リストの中から[Microsoft Edge]を探す。そこをクリックし、[タスクの終了]ボタンを押す。これでアプリが完全に終了する。

Screenshot: ライフハッカー編集部

3. Microsoft Edgeを起動し、問題なく動作することを確かめる。

2. Edgeをアップデートする

Microsoft Edgeのバージョンが古いことが、動作が遅くなっている原因かもしれません。開発者は、バグや問題を解決するために、プログラムのアップデートをリリースします。

Edgeをアップデートしなければ、そうした問題は残ったままであり、ユーザーエクスペリエンスの低下の要因となります。

ですので、新しいアップデートがあるときは、可能な限りインストールするようにしてください。

Microsoft Edgeのアップデート手順を以下にご紹介します。

1. Microsoft Edgeを起動し、画面右側にある3点メニューをクリックする。ドロップダウンメニューから、[設定]をクリックする。

2. 設定ページが開いたら、左側のナビゲーションから[Microsoft Edgeについて]を選択する。利用可能な更新プログラムがあればインストールする。何もない場合は、次のトラブルシューティングへ進む。

Screenshot: ライフハッカー編集部

3. 新しいタブページの事前読み込みオプションを無効にする

Microsoft Edgeの「新しいタブページ」にはたくさんのコンテンツが含まれており、それが多くのリソースを消費している場合があります。

たとえば、アニメーションの背景のほか、Microsoftニュース、天気予報ウィジェット、交通情報などのコンテンツが表示されます。

これらのコンテンツをすべてバックグラウンドで読み込むことで、ブラウザの動作が遅くなっている可能性があります。PCのメモリが少ないならなおさらです。

ありがたいことに、この機能を無効にすることで、ブラウジングをより快適にすることができます。手順を以下にご紹介します。

1. Windows 10・11のPCでMicrosoft Edgeを起動する。

2. 画面の右上にある3点メニューをクリックする。ドロップダウンメニューから[設定]をクリック。

3. 設定ページで、左側のナビゲーションから『[スタート]、[ホーム]、および[新規]タブ』をクリックする。

4. [新しいタブページ]セクションで、[新しいタブページを事前に読み込んでエクスペリエンスを高速化]オプションを無効にする。

Screenshot: ライフハッカー編集部

5. Microsoft Edgeを再起動し、動作が速くなっているかを確認する。

4. トラッキング防止設定を変更する

Microsoft Edgeはプライバシーを重視しており、ブラウジング時に企業がユーザーの情報を収集するのを防ぐ機能が組み込まれています。

この機能には3段階のレベル設定があり、どのような保護を求めるかを選ぶことができます。

もっとも、この機能自体は素晴らしいのですが、[厳重]設定を選んだ場合に、ブラウザの動作が遅くなることがあります。

[厳重]設定にすると、訪問するすべてのサイトから送られるトラッカーの大部分をブロックします。そのせいで、ページの一部の動作が停止することがあります。

その影響で、読み込み時間が遅くなったり、不具合が発生したりすることがあります。

この問題を解決するには、トラッキング防止設定を変更する必要があります。やり方を以下にご紹介します。

1. PCでMicrosoft Edgeを開く。

2. 3点メニューをクリックして、リストから[設定]を選択し、設定ページを開く。

3. 設定ページで、[プライバシー、検索、サービス]をクリックする。

4. [トラッキングの防止]の項目で、[厳重]ではなく[バランス]を選択する。

Screenshot: ライフハッカー編集部

5. 最後に、この変更によってEdgeの動作が速くなったかどうかを確認する。

[バランス]設定も、[厳重]設定と同じように、ユーザーのプライバシーを保護してくれます。ただし、サイトの一部の動作を停止することはありません。

ブラウザに広告が表示される可能性はありますが、この機能を完全にオフにした場合よりははるかにましになります。

5. Cookieとキャッシュを削除する

Windows10・11のMicrosoft Edgeの動作が遅いとき、Cookieとキャッシュが原因である可能性もあります。

Cookieやキャッシュがブラウザにたくさん保存されていると、速度に影響を与えることも。

幸いなことに、この問題を解決するのは簡単です。Cookieやキャッシュを削除するだけです。

ただし、これらのデータを削除したことで、ふだん使っているサイトからログアウトしてしまうかもしれません。

そうなったとしても慌てる必要はありません。もう一度ログインし直せばいいだけです。

EdgeブラウザーのキャッシュとCookieを削除する手順を以下にご紹介します。

6. ブラウザの拡張機能を無効にする

EdgeではすべてのChromium拡張機能が利用できるので、たくさんインストールしたくなるかもしれません。

ただし、拡張機能のなかには、ブラウザの速度低下の原因となるものもあるので注意が必要。

とくに、古かったり、サポートが切れた拡張機能にそうしたものが見られます

残念ながら、どの拡張機能が問題を引き起こすおそれがあるかを確かめる方法はありません。ここでは、ブラウザの速度を低下させている拡張機能を手動で確認する方法をご紹介します。

1. Edgeブラウザを開き、3点メニューをクリックする。次に、[拡張機能]をクリック。

2. 拡張機能ページで、それぞれの拡張機能の右側にあるボタンをすべてオフにする。これで、インストールされているすべての拡張機能が無効になる。

Screenshot: ライフハッカー編集部

3. すべての拡張機能を無効にしたら、ブラウザの問題が解決されているかを確認する。解決していたら、拡張機能ページに戻って、どの拡張機能が原因なのか1つずつ確かめる。

4. ブラウザの速度を低下させている拡張機能がわかったら、Edgeからその拡張機能を削除する。

Microsoft Edgeでより快適なブラウジングを

Microsoft Edgeは、最初に登場したときから比べて大きく進化しました。そのため、今ではEdgeをデフォルトブラウザとして使用するユーザーも増えています。

他のブラウザと同様に、このEdgeにも時々問題が発生し、ユーザーエクスペリエンスに影響を与えることがあります。

しかし、落胆することはありません。Edgeで発生する各種問題には、さまざまな解決方法があります。

粘り強く対処すれば、驚くほどの恩恵をEdgeがもたらしてくれることでしょう。

Image: Shutterstock

Original Article: How to Fix A Slow Microsoft Edge on Win­dows 10 and Win­dows 11 by MakeUseOf