忙しいとき、優先的に削らざるを得ないのが睡眠時間。それでもパフォーマンス良く仕事をこなし、ストレスを軽減して日々を送るには? 「快眠」のための8つのヒントをご紹介します。

ただ長ければいいというものではない

まず紹介するのは、朝の習慣を変えて脳の働きを長時間最高の状態に保つことを説いた記事。最大のパフォーマンスを長期的、持続的に発揮する「ピークパフォーマンス」という思想を、ビジネスパーソンはどのように取り入れたらいいのかが、自身の体験とともにわかりやすく解説されています。

最大の成果を生み出すピークパフォーマンス「食事と睡眠のコツ」 | ライフハッカー[日本版]

最大の成果を生み出すピークパフォーマンス「食事と睡眠のコツ」 | ライフハッカー[日本版]

ただ長く眠ればいいというわけではない。そう教えてくれるのがこちらの記事。睡眠改善サロンオーナーが実践する「濃縮睡眠メソッド」のコツは、睡眠前に脳疲労を取り除き、体の血液循環をよくすること。さっそく今夜から試してみませんか?

▼記事を読む

寝不足を解消する「濃縮睡眠メソッド」実践法 | ライフハッカー[日本版]

寝不足を解消する「濃縮睡眠メソッド」実践法 | ライフハッカー[日本版]

NG習慣だと思っていたけれど…

睡眠前の激しい運動やブルーライトなど、睡眠の質を高めるために避けたほうがいいNG行動はよく知られています。しかし、これまで悪いとされてきたことにプラスの効果があるという意外な研究結果も。睡眠の“常識”もアップデートしておきましょう。

▼記事を読む

実はデメリットだけじゃない? テレビをつけたまま就寝することの快眠効果 | ライフハッカー[日本版]

実はデメリットだけじゃない? テレビをつけたまま就寝することの快眠効果 | ライフハッカー[日本版]

昼休みは一人で過ごそう。日中の行動が「睡眠の質」を決める | ライフハッカー[日本版]

昼休みは一人で過ごそう。日中の行動が「睡眠の質」を決める | ライフハッカー[日本版]

睡眠の質を悪化させている11の勘違い | ライフハッカー[日本版]

睡眠の質を悪化させている11の勘違い | ライフハッカー[日本版]

シーツはどのぐらいの頻度で洗うべき?

入浴や照明、寝室環境などを工夫して、入眠準備は完璧。それなのに、寝具が体にあっていないのはいただけません。眠りが浅い、起きた時に疲れが取れていないという人は、寝具に工夫が必要かもしれません。また、衛生面もこの機会に見直しましょう。

▼記事を読む

睡眠時の姿勢に適した枕を選ぶ方法 | ライフハッカー[日本版]

睡眠時の姿勢に適した枕を選ぶ方法 | ライフハッカー[日本版]

マットレスをダメにする8つのNG行為 | ライフハッカー[日本版]

マットレスをダメにする8つのNG行為 | ライフハッカー[日本版]

あなどれない「いびき」対策

眠りにまつわる悩みは、睡眠時間や睡眠の質だけではありません。「いびき」を気にしている人は、こちらの記事を参考に。寝姿勢や生活習慣が原因ではなく、病気などのサインということもあります。早めに対策を講じましょう。

▼記事を読む

「いびき」をかかない6つの戦略。特徴が示す体の危険信号も | ライフハッカー[日本版]

「いびき」をかかない6つの戦略。特徴が示す体の危険信号も | ライフハッカー[日本版]

「春眠暁を覚えず」と、睡眠が取り上げられることの多い春は眠りを改善するまたとない季節。自分にあった情報を選んで、睡眠習慣を整えましょう。

Image: Shutterstock