iPhoneやiPadの使い心地を改善したい時に、手はじめにやってみると良いことの1つが通知の設定です。

通知はその機能の仕方次第で、デジタルデバイスにとって恩恵にも邪魔にもなります。そして、通知を正しく設定するうえでは、通知アラートの種類が大きな役割を果たすのです。

この記事では、iPhoneやiPadで選択できるさまざまな通知アラートのタイプについて、それぞれの違いや、どのような場合に使用するのが最適かを説明します。

通知タイプの変更方法

Screenshot: ライフハッカー[日本版]編集部

iPhoneやiPadの通知をカスタマイズする際は、各アプリの設定を個別に調整する必要があります。

そのためには、「設定」→「通知」と進みます。ここで、上部には全体に及ぶ設定が表示され、その下にはデバイスで通知を使用しているすべてのアプリの一覧があります。

アプリからの通知をカスタマイズするには、そのアプリをタップしましょう。

このページでは、配信時間、音、通知アラートの種類を変更することができます。また、ページの上部でアプリの通知をすべて無効にすることもできます。

「通知 」セクションには、「ロック画面」、「通知センター」、「バナー」の3つの通知アラートのタイプがあり、その下にアプリの「サウンド」と「バッジ」を有効にするオプションが表示されます。以下で、それぞれの意味を説明します。

多数のアプリケーションの通知を一度に無効にするには、代わりにiPhoneやiPadの「集中モード」という機能を利用してみると良いでしょう。

ロック画面の通知アラート

名前から想像できるように、デバイスの「ロック画面」に通知を表示させたい場合は「ロック画面」のオプションを有効にしましょう。

この「ロック画面」とは、iPhoneやiPadのスリープを解除したもののロックは解除していないときに表示される、時刻が表示された画面のことです。

「ロック画面」の通知のメリットは、iPhoneやiPadを手にした時にすぐに気づくということです。デメリットは、「ロック画面」の通知はデバイスのロックを解除しなくても表示されるため、ほかの誰かにも見られてしまう可能性があるということです。

幸いなことに、これによって生じるプライバシーの問題のほとんどは、通知のメッセージ内容を非表示にすることで回避することができます。

重要でタイムリーな通知アラート(電話や銀行の通知など)では「ロック画面」の通知を有効にし、それ以外の通知はすべて無効にして、「ロック画面」が不要な通知で散らかった状態にならないようにすることをおすすめします。

通知センターの通知アラート

Screenshot: ライフハッカー[日本版]編集部

「ロック画面」で通知するほど重要ではないものでも、まだ「通知センター」に表示させる候補にはなります。

「通知センター」を表示するには、「ロック画面」から上にスワイプするか、デバイスのロック解除後に画面上部から下にスワイプします。

そうすると、さまざまな通知がアプリや時間、日付ごとにまとまって一覧表示されます。時間に余裕がある時にたくさんの通知を選り分けるのに最適です。

通知が重要でタイムリーなものであるかどうかにかかわらず、通知を受け取りたいすべてのアプリで「通知センター」の通知アラートをオンにすることをおすすめします。

そうすれば、定期的に「通知センター」をチェックして、重要なものを見逃していないかどうかを確認することができるとともに、普段どおり生活しながら通知が邪魔になることはありません。

バナーの通知アラート

Screenshot: ライフハッカー[日本版]編集部

「バナー」の通知アラートは、iPhoneやiPadでほかのアプリケーションを使っている間に画面の上部に表示される通知のことです。

インスタントメッセージ用の各アプリで一番よく見かけるものですが、どんな種類の通知にも使えます。「バナー」では多くの場合、WhatsAppの返信入力のように、通知を通してアプリを操作することもできます。

「バナー」は、何をしていても画面上に表示されるため、最も邪魔になるタイプの通知アラートです。そのため、「ロック画面」の通知と同様に、絶対に見逃せない重要でタイムリーな通知でしか「バナー」の通知アラートを有効にしないことをおすすめします。

アプリの「バナー」の通知アラートを有効にすると、「バナースタイル」のオプションが表示されます。これには以下の2つのオプションがあります。

  • 一時的なバナー:画面の一番上に一瞬表示され、すぐに自動で消えます。
  • 持続的なバナー:自分で消すまでは画面の一番上に表示され続けるため、絶対に見逃せない通知に便利です。

「サウンド」による通知

通知が「ロック画面」、あるいは「通知センター」に送られるにせよ「バナー」として表示されるにせよ、受け取った時に音を鳴らしたい場合は、「サウンド」オプションを有効にする必要があります。

一般的には、ほとんどの場合、このオプションはオンにしておいたほうが良いでしょう。しかし、通知に気を取られないようにしたいが、完全には無効にしたくないという場合は、通知をそのまま「通知センター」に送るとともにサウンドはオフにすることもできます。

そうすれば、あとで「通知センター」をチェックした時にだけ通知アラートに気づくことになります。

「バッジ」による通知

Screenshot: ライフハッカー[日本版]編集部

「バッジ」とは、「ホーム画面」のアプリのアイコン上に表示される赤い小さな丸や数字のことで、そのアプリで未読になっている通知の数を表示します。

選り分けなければならない通知の数を簡単に把握するのには便利ですが、読む予定のない通知が何百件もあると不安の種になることもあります。

あるアプリでそのほかの種類の通知アラートを使いたくない場合には、「バッジ」は見逃した通知を読むためにそのアプリ自体を開く良いきっかけになります。

とはいえ、すべてのアプリの「バッジ」を無効にすると、iPhoneやiPadのホーム画面をシンプルにする素晴らしい方法にもなります。

通知の最適なバランスを見つける

iPhoneやiPadの通知が思い通りに機能するようにすることは、デバイスの使用感を向上させるうえで大きな意味を持ちます。

バランスが良ければ、重要な通知をタイムリーに知ることができながら、重要でない通知に気を取られることもありません。

同時に、すべての通知を無効にする必要もなくなり、そのために何かを見落とすリスクもなくなります。

iPhoneやiPadの通知で変更できるのは、通知アラートの種類だけではありません。

「時間指定要約」の設定、通知のグループ化、プレビューの非表示など、さまざま設定をカスタマイズして通知を最適な状態にすることができます。

Image: Shutterstock

Original Article: Badges, Banners, and Alerts: iPhone and iPad Notification Types Explained by MakeUseOf