日本時間の3月9日(水)午前3時から開始された2022年最初のAppleイベント「Peak performance.」。

期待を裏切ることなくその名の通り「最高峰を解禁」した同イベントでは、新iPhone SEM1搭載のiPad Airに加えて、Mac StudioとStudio Displayが発表されました!

前モデルと比較してどう変わった? どうすごいの? 各製品ごとに注目すべき要点をまとめました。

iPhone SE(第3世代)

Screenshot: ライフハッカー[日本版]編集部 via Apple
  • モデル展開

ホームボタン Touch ID搭載 4.7インチ(第二世代から変更なし)

ミッドナイト、スターライト、 (PRODUCT) REDの3色

  • 仕様

5G対応

前面・背面にセラミックシールドで耐久性向上

LCDディスプレイ

IP67の防水・防塵

  • 処理性能

A15 Bionicプロセッサ(iPhone 13と同じプロセッサ)

  • バッテリー

動画再生で最長15時間(第二世代より2時間伸びた)

無線充電Qi対応(MagSafeは非対応)

  • カメラ

12MP広角、f/1.8

シングルレンズ

16コア Neural Engine対応

  • コネクタ

Lightningコネクタを採用

  • 価格

64GB:5万7800円(税込)

128GB:6万3800円(税込)

256GB:7万6800円(税込)

  • 予約・発売日

予約注文は3月11日午後10時から

3月18日発売

iPad Air(第5世代)

Screenshot: ライフハッカー[日本版]編集部 via Apple
  • モデル展開

10.9インチLiquid Retinaディスプレイ

スペースグレイ、スターライト、ピンク、パープル、新色のブルー。

  • 仕様

5G対応

Apple Pencil(第2世代)に対応

  • 処理性能

初のM1チップ搭載(iPad Pro 第五世代と同じ)

Apple曰く「前世代のiPad Airと比較し、パフォーマンスは最大60%高速化」

RAMは8GB

  • バッテリー

動画再生で最大10時間

  • カメラ

フロントカメラ:12MPの超広角カメラ(センターフレームに対応)、f/2.4

背面カメラ:12MPの広角カメラ、f/1.8

4K/60fps、1080p/240fpsの動画撮影に対応

  • コネクタ

USB Type-Cポート(USB 3.1 Gen 2)

  • 価格

Wi-Fi版

64GB:7万4800円(税込)

256GB:9万2800円(税込)

Wi-Fi + Cellular版

64GB:9万2800円(税込)

256GB:11万800円(税込)

  • 予約・発売日

予約注文は3月11日午後10時から

3月18日発売

Mac Studio

Screenshot: ライフハッカー[日本版]編集部 via Apple
  • モデル展開

M1 MaxとM1 Ultraの2モデル展開

M1 Max:10コアCPU、24コアGPU、16コアNeural Engine

M1 Ultra:20コアCPU、48コアGPU、32コアNeural Engine

  • 仕様

前面端子

Thunderbolt 4×2(M1 MaxではUSB 3.1)、SDXCカードスロット(UHS-II)

背面端子

Thunderbolt 4×4、10Gigabit Ethernet、USB×2、HDMI、3.5mmヘッドフォンジャック、Wi-Fi 6、Bluetooth 5.0対応

  • 処理性能

新SoC「M1 Ultra」が初登場

最大で20 CPUコア、64 GPUコア、32ニューラルエンジン、128GBの統合メモリを搭載可能。

CPU性能:10コアの27インチiMacより最大3.8倍

GPU性能:27インチiMacより最大4.5倍

最大5台のディスプレイに対応

  • 電源出力

最大96W給電

  • 価格

M1 Max:22万4800円(税込)〜

M1 Ultra:44万9800円(税込)〜

予約・発売日

今すぐ注文可能。

3月18日発売(M1 Ultraは出荷に2〜3週間)

Studio Display

Screenshot: ライフハッカー[日本版]編集部 via Apple
  • モデル展開

27インチの5K Retinaディスプレイ

標準ガラスとNano-textureガラスの2種類

極めて低い反射率を追求

  • 仕様

6つのスピーカー搭載(4つのフォースキャンセリングウーファー、2つの高性能ツイーター)

MacBook ProやMacBook Air、Mac ProからMac miniのディスプレイとして使える

ディスプレイを縦向きにも横向きにも回転(オプション)

ディスプレイながら「A13 Bionic」チップを搭載

  • カメラ

12MP超広角フロントカメラ(センターフレームに対応)

  • 価格

標準ガラス:18万6800円(税込)

Nano-textureガラス:22万9800円(税込)

  • 予約・発売日

今すぐ注文可能

3月18日発売(Nano-textureガラスは出荷に2〜3週間)

そのほかの新情報

  • iPhone 13にグリーン、iPhone 13 Proにアルパイングリーンの新色が追加(今週金曜日から予約可能)
  • iMac 27インチは販売終了

Image: Apple / Source: Apple