私は先日、今にも泣き出しそうな状態の同僚と話をしていました。彼女は、自身と同じくらいの年齢の人たちと自分を比較し、「私は何もできていない」と感じていたのです。

私に言わせれば、彼女は良い職につき、同僚からも敬意を払われていて、昇進の道もはっきり見えてきています。それでも、自分より良い立場にいるごく少数の人たちを思い浮かべ、それと比べて自分のキャリアは取るに足らない、と決めつけていたわけです。

この同僚のような、自分自身をほかの人と比較する傾向は「社会的比較(social comparison)」と呼ばれます。これ自体は、ごく自然な自己評価の手法です。

「上方」社会的比較と「下方」社会的比較

そのなかでも、自分より良い状況にある人と比べる行為が「上方」社会的比較と呼ばれます。この場合、人は失望感を覚えがちです。さらに、「状況を改善するために自分にできることは何もない」と感じると、この失望感は不満やいらだちへと変化します。

一方、自分より悪い状況にある人と比べる行為は、「下方」社会的比較と呼ばれます。こちらの場合、人は満足(さらには、うぬぼれ)の感情を抱くことがありますが、さらに努力しようというモチベーションは奪われがちです。

いずれにせよ、社会的比較はその人にとって良くない結果を招きがちです。ただし、同じようなレベルの人を相手にした、敵意のない競争は例外です。この場合は、お互いに比較し合うことが、同僚を含むグループ全体のやる気アップにつながり、目標達成に近づけるでしょう。

この記事では、こうした社会的比較をつい行なってしまい、自信を失いがちな人に向けて、3つのポイントに絞りながら、より生産的な自己評価の方法をお教えしましょう。

1. 自分が進むべき道に集中する

社会的比較の根本的な問題点は、自分以外の人の成功に気を取られて、自分の目標達成がおろそかになることです。

結局のところ、前段で触れた上方比較が、なぜ不満の感情を呼び起こすのかと言えば、それは、こちらがまだ達成できてないことを、自分以外の誰かが成し遂げているからなのです。

有用なのは、仕事とプライベートの両面で、自分を幸せで満足できる気分にしてくれるものは何か、と考えてみることです。

やりたいことや、達成したいことについて、主要な項目をリストアップしてみましょう。こうした個人的目標に従って生活を送るよう努力することには、価値があります。

ほかの人の「成功」ばかりに目を向けることの2つの問題点

ほかの人の成果にばかり目を向けることには、いくつかの問題があります。1つ目の問題点は、「それまでは楽しめていた日常の行動が、つまらなく思えてくる」という点です。

誰かほかの人が、あるレベルの成功を収めたと知ることで、それまでは喜んでやっていたことから楽しみが奪われてしまうことがあるのです。

2つ目の問題としては、「ほかの人が達成した道は、たとえすばらしいものに見えたとしても、あなたを幸せにしてくれるものではない場合がある」ということです。

自分自身の目標に集中し続けることによってこそ、「自分が選んだ冒険」を通して、自分自身の道を切り開くことができるのです。

2. ほかの人の成功を喜ぶ

ほかの人の成果をうらやましげに眺めている自分に気がついたら、そうした受け止め方を変えるよう心がけてください。「うらやましい」というのは、自分が欲しいものや、やりたいことを、ほかの人が手にしていたり、成し遂げたりしている時に覚える感情です。

たとえば同僚が、あなたも望んでいた地位に昇進したり、表彰を受けたりした場合、つい嫉妬してしまって心の痛みを覚えるのは自然なことです。けれども、嫉妬心は抑えて、お祝いのメッセージを送り、成功を喜ぶよう心がけましょう

他人の成功は喜ぶべき理由

ほかの人の成功を喜ぶよう努力することには、複数の理由があります。

まず、「ある人の成功によって、あなた自身の目標達成への道が阻まれること」はめったにありません

オリンピックに出場するアスリートだったとしたら、金メダルを手にできるのは、たいていの種目では1人だけです。けれどもほとんどの職業では、多くの人がある程度の成功を手にできるはずです。

成功を収めたという理由でその人を嫌ってしまうと、あなたのふるまい方は、その人に敵意があるという印象を、(その人にも同僚にも)残すはずです。

一方、成功した人を祝福すれば、周囲の人も、あなたのことを集団の良きメンバーと認めるでしょう。そうなれば、今後あなたが成功を収めた時も、周囲の人たちが祝福してくれる可能性が高まります

もう1つ。多くの習慣は、「違和感を乗り越える」ことからはじまります。どういうことかというと、成功した人を祝福するのは、自分の本当の気持ちに反するように、最初は感じられるかもしれない、ということです。

けれども、それを繰り返しているうちに、成功を収めた人を祝福する心理的ハードルが下がってくることに気がつくはずです。それは、ほかの人の成功を、自分の成功と切り離して考える練習を積んだからです。

3. 感謝という感情に目を向ける

社会的比較は、広く見られる現象です。その1つの理由は、私たち人間が本質的に社会的な生き物であるということです。

人は無意識のうちに、ほかの人がしていることに目を向けます。ほかの人の行動を無視するのは難しいものです。特に、自分と同じようなことをしている人ならなおさらです。

というわけで、ほかの人を完全に無視しようとしても、それは難しいはずです。ならばむしろ、まわりの人に向ける感情の性質を変えるよう努めてみるほうが効果的でしょう。

そのために私がおすすめする方法が、「感謝リスト」を書き出すことです。感謝の感情に集中することには、ポジティブな効果があります。なぜなら、あなたが感謝する対象は、周囲の人であることが多いからです。

つまり、あなたを気にかけてくれたり、相談にのってくれたり、あなたの仕事ぶりをアピールしてくれたりした人たちです。

それだけに、感謝の念を持つことは、社会的比較がもたらすネガティブな効果を打ち消す、すばらしい解毒剤となります。感謝することで、あなたの成功を後押ししてくれる人がたくさんいることを、改めて認識できるからです。

>>もっと「やめたら幸せになる習慣」の記事を見る

Image: Shutterstock/Originally published by Fast Company [原文] Copyright © 2022 Mansueto Ventures LLC.