前の会議が押してしまい、次の予定に遅れそう…そうしたことは日常茶飯事。

特にオンライン会議が主流となった今、休みなく会議や打ち合わせが連続することは珍しくはありません。

そんな時にぜひ活用してほしいのが、Googleカレンダーの「クイック返信」。次の予定へのゲストに、既存もしくはあらかじめ設定したメッセージを素早く送信することができるんです。

なお、この機能はAndroidユーザーのみが対象になるのでご注意を。

「クイック返信」を編集する方法

「クイック返信」を設定すると、モバイルのGoogleカレンダーアプリから、予定に参加しているほかのゲストに簡単にメールを送信できます。

メッセージは、デフォルトで以下の4種が用意されています。

  • 10分ほどで着きます。
  • 先に始めていてください。
  • 数分遅れています。
  • 申し訳ありませんが、行けません。日程を変更する必要があります。

そのまま使用することもできますが、シチュエーションにあわせたカスタマイズも可能。テキストの編集方法は以下の通りです。

  1. Googleカレンダーアプリを開き、左上のハンバーガーメニューをタップする
  2. 設定」>「全般」>「クイック返信」をタップする
  3. デフォルトの返信文いずれかを選択し、テキストを編集する
  4. OK」をタップする
Screenshot: ライフハッカー[日本版]編集部

「クイック返信」を送信する方法

「クイック返信」の設定が完了したら、メールを送るのは驚くほど簡単! たった4アクションで送信が完了します。

  1. Googleカレンダーアプリを開く
  2. 予定を開く
  3. 画面右上の「その他」アイコン>「ゲストにメールを送信」をクリックする
  4. いずれかのクイック返信を選択する

次の予定に間に合いそうもなく、ほかの参加者にすぐに連絡をとりたい…。そんな時に活躍すること間違いなしの「クイック返信」。

使い方次第では、もっといろんなシーンで活用することができるはず! 皆さんの活用術も、ぜひ「#Google仕事術」「#Androidを賢く使う」をつけてSNSでシェアしてくださいね。

▼こちらもおすすめ

Googleカレンダーを使って、効率的な1日をつくり出す5ステップ | ライフハッカー[日本版]

Googleカレンダーを使って、効率的な1日をつくり出す5ステップ | ライフハッカー[日本版]

Googleカレンダーを進化させる! 作業ストレス激減の連携ツール5つ | ライフハッカー[日本版]

Googleカレンダーを進化させる! 作業ストレス激減の連携ツール5つ | ライフハッカー[日本版]

「Googleカレンダー」と「Googleタスク」の組み合わせが、最強のToDo管理アプリになる理由 | ライフハッカー[日本版]

「Googleカレンダー」と「Googleタスク」の組み合わせが、最強のToDo管理アプリになる理由 | ライフハッカー[日本版]

きっとまだ使ってない、Googleカレンダーの隠し機能9つ | ライフハッカー[日本版]

きっとまだ使ってない、Googleカレンダーの隠し機能9つ | ライフハッカー[日本版]

Image: Shutterstock / Source: Google