仕事の合間の息抜きとして、ペットボトルの強炭酸水を愛飲しています。いつもリサイクルできるように回収にまわしていますが、なかなかの量に罪悪感を感じることも…。

けれど、欧米と比べると日本のペットボトル回収率・リサイクル率は、ともに高い水準となっており、使用済みのペットボトルは「ゴミ」ではなく「資源」として有効活用されているというのです。

さらに、使用済みペットボトルを新しいペットボトルへ半永久的に再生できる、水平リサイクル(※1)の取り組み「ボトルtoボトル」も広がりを見せつつあります。

1月28日にサントリー食品インターナショナルが開催した「2022年ペットボトルのサステナブル化 方針発表会」では、「ボトルtoボトル」の取り組みや、私たち消費者がリサイクルする際に協力できることなど、ペットボトルの循環利用についての知識を得ることができました。

※1 使用済み製品を原料として用いて同一種類の製品につくりかえるリサイクルのこと

ペットボトルは「何度でも循環できる」素材

軽くて丈夫、何度もキャップをしめて好きな量を出せるペットボトル飲料は、いまや生活に欠かせない商品です。それだけに、素材となるPET(ポリエチレンテレフタレート)の再利用は大きな課題。

清涼飲料業界の業界団体である一般社団法人全国清涼飲料連合会では、2030年までにペットボトルの水平リサイクルである「ボトルtoボトル」の比率を50%にすることを、2021年4月に宣言しています。

この取り組みで大手飲料メーカーをリードするのが、2012年に国内飲料業界で初めてリサイクル素材100%のペットボトルを実用化した(※2)サントリー食品インターナショナルです。

この日、発表会に登壇した代表取締役社長の齋藤和弘氏は、国内および海外でのペットボトルのサステナブル化の取り組みについて説明。

2030年に「ペットボトルの100%サステナブル化」を実現するというグループ目標のもと、今年中に国内では2本に1本を「100%サステナブルボトル(※3)」にすると語りました。

※2 メカニカルリサイクルとして

※3 リサイクル素材あるいは植物由来素材のみを使用したペットボトル

日本のペットボトルの回収率およびリサイクル率は諸外国と比較しても非常に高く、回収率が96.7%、リサイクル率が88.5%に達していると齋藤氏。

資源としてのPETボトル
Image:サントリー

「ペットボトルはペットボトルとして完結して再生させる。ペットボトルは何度でも循環できるものであり、そういう形をしっかり作れないかと、実はかなり前から取り組んできた」と話します。

ペットボトルからペットボトルを半永久的に作る

通常、回収されたペットボトルの多くはシートや繊維にリサイクルされ、シートからはトレイや紙パック、繊維からはシャツなどが作られ、その後は焼却されてしまうことも。ペットボトル以外に再生されたものは、二度とペットボトルに戻ることはできません。

しかし、使用済みのペットボトルから新しいペットボトルを作る「ボトルtoボトル」が実現されると、ボトルからボトルへと半永久的に資源を循環できるようになると齋藤氏。

そうなれば、新たな石油や石油由来原料を運ばなくても済み、工程の各段階でのエネルギー消費が削減されます。

もともとペットボトルは80℃で変化しはじめるほど熱に弱く、少ないエネルギー量で再成形できる素材。「ボトルtoボトル」の技術が広がれば、ペットボトルそのものが重要な資源、蓄積された資源になり得るというわけです。

テクノロジーで環境負荷を最小限に

いま多様な業界で、ダウンからダウンへ、おむつからおむつへ、ジーンズからジーンズへなど、「水平リサイクル」の波が広がっています。

ペットボトルの水平リサイクルの割合は、現状では1~2割程度といいますが、サントリーでは積極的にコストをかけ、環境負荷がより少ないリサイクル技術の開発に取り組んでいくとのこと。

>>クリックして拡大画像を見る
>>クリックして拡大画像を見る
Image:サントリー

こちらはサントリーのサステナブル化の取り組みを図にしたもの。

「水平リサイクル」の出発点となったのは、2011年に協栄産業(株)と共同開発した日本初の「F to P(※4)ダイレクトリサイクル技術」でした。

通常、リサイクルでは回収したペットボトルを細かい「フレーク」状にして、それを溶かして固めて「レジン」という素材にします。しかしこの技術では、「レジン」に加工せずダイレクトにペットボトルの原型となる「プリフォーム」を作ることができ、CO2の排出量を約70%も削減できるそう。

※4 「フレークtoプリフォーム」の略。レジンにする工程を省き、フレークから直接ペットボトルの容器を作ること。

こうした新技術を開発し広めていくことで、業界全体の環境負荷低減につなげるのがサントリーの狙い。

さらに、日本で培ったペットボトルのサステナブル技術を、海外現地グループ会社と共同して推進することで、「ペットボトルの100%サステナブル化」という目標をグローバルで加速させるという展望も語られました。

消費者の“ひと手間”がリサイクルを変える

「ボトルtoボトル」を実用化するためには、できるだけきれいな状態でペットボトルを回収し、不純物のない状態で再加工することが重要です。

そのためには消費者の協力も欠かせないファクター。サントリーでは、2022年3月から『ボトルは資源!サステナブルボトルへ』という新ロゴマークを国内のペットボトル全商品に導入し、消費者とのコミュニケーションを強化していくといいます。

Image:サントリー

筆者はサントリーの商品では、「サントリー天然水」をよく購入しています。

味はもちろん、ラベルが薄くて簡単に剥がせる点が気に入っていたのですが、分別するときに剥がしやすい新しい糊が開発されて、ラベルの接着に使われていることを知りました。

この糊を開発したきっかけは、お客様からの「分別時に簡単・きれいにラベルを剥がせるようにしてほしい」という声だったそう。

ラベルをきちんと剥がしてボトルを洗浄し、分別回収することで、サステナブルな資源へと変える──。

その“ひと手間”を当たり前にしていくためには、消費者も不満や疑問をスルーせず、「こうしてほしい」とメーカーに提案することも大切なのではないかと感じたエピソードでした。

何となく「ペットボトルは環境に負担をかけている」というイメージを持っていましたが、経済と環境保護を両立するために、試行錯誤が行われていることを知った今回の発表会。

まずは自分にできる“ひと手間”から、ペットボトルの正しい分別リサイクルを進めていきたいと思います。

Source: サントリー,全国清涼飲料連合会/Image: Shutterstock