「筋トレを習慣づけるには、まず1回だけ腕立て伏せする」「歯磨きなど、既に習慣化していることに紐づける」など、世の中には、あまたの習慣術が紹介されています。

これだけ習慣化ライフハックがあるということは、それだけ挫折する人も多いのでしょう

考えるに、多くの人が習慣化に失敗する理由の1つに、「習慣を守れなくてもペナルティがない」というのがあると思います。

たとえばダイエットが頓挫したからといって、誰かがあなたの3日分の食事を取り上げるといったことはないでしょう。ではもしも、今日という日の習慣化に挫折するたびに課金されてしまったら?

いやがうえにも、習慣化すると思いませんか? まさにそんなアプリシューカンを紹介します。

はじめること自体は無料で簡単

先に種を明かしてしまいましょう。シューカンの仕組みは単純明快。毎日好きな時間にタイマーを起動し、習慣化したいことに打ち込みます。

うっかり忘れて(あるいはサボって)タイマーを起動しないと、お金が課金されます。基本的にはこれだけです。

ここから順を追って解説します。これを読みながら、アプリをはじめちゃってもいいですね。(あと戻りでなきない状況に追い込むのも習慣化のコツなので)。

では、シューカンにアクセスしましょう。トップページの「無料で会員登録」をタップします。ニックネームメールアドレスパスワードの入力欄があるので、入力して会員登録を済ませます。

Screenshot: 鈴木拓也 via シューカン

それが済んだところでスタート。ログインしたら、まず習慣化したいことのカテゴリを選択します。カテゴリには、「勉強」「仕事」「運動」など、手ごわい習慣が並んでいます。

Screenshot: 鈴木拓也 via シューカン

カテゴリを選択したら、続いて具体的な目標、それにかける1日あたりの時間(最大60分)、継続日数、そして守れなかった場合の課金額を決めていきます。

気になるペナルティの金額ですが、300円、1000円、5000円、そして自由入力の選択肢があります。自由入力ですと、最低100円から任意の金額を入力できます。

Screenshot: 鈴木拓也 via シューカン

上記の項目を入力したら、あとはクレジットカード番号を登録するだけ。その日から、習慣化のトレーニングがはじまります。

タイマーを押し忘れたら課金

具体的にすることは、1日1回タイマーをスタートすることだけ。そして、決めた時間が来たら、60分以内にFinishボタンを押す必要があります。

Screenshot: 鈴木拓也 via シューカン

課金されるのは、タイマーをスタートせずに1日が終わったとき。さらに、スタートし、60分以内にFinishボタンを押さないまま1日が終わっても課金されます

つまり、スタートしてもそのまま寝てしまうというのはダメ。

使ってみて有効性を実感

筆者は、実際にシューカンを使ってみました。まだ設定した目標期間(14日間)に到達していませんが、なかなか効果的なアプリだと実感しました。まず、このアプリを使おうと思った時点で、習慣化の決意はそれなりにあるのです

だから、はじめていきなり挫折ということはなく、気合を入れて取り組むことができています。なによりも、タイマーを押し忘れる(=今日の習慣を忘れる)と課金されるので、いい感じで緊張感が保たれています。ほかの人にもおすすめできるツールだと思いました。

ちなみに、シューカンを開発したのは、デジタル広告の運用代行などを行なう株式会社メカニズム。開発者である同社CEOの田畑隼弥さんは、自身が「コトあるごとに英語の勉強を考えますが、長続きしませんでした」という苦い経験から、このアプリを着想したそうです。

そのおかげもあって、英語学習を毎日継続できるようになったとか。

なお、シューカンには有料のプレミアム会員制度もあります。これだと、複数の習慣を設定できるなど、機能がフレキシブルになります。「通常会員と比較してプレミアム会員は習慣化成功率が1.91倍! 」とのことで、本気で何かを習慣化したい場合は、ぜひ検討してみてください。

>>もっと【今日のライフハックツール 】を見る

>>「習慣化ガイド」の記事を見る

Source: シューカン