自宅で仕事する時は、キッチンやリビングなどあちこちでパソコンを広げている方も多いのではないでしょうか。

ソファを仕事場にする際、膝上にパソコン直置きもありですが、『膝上テーブル』を活用する手もあります。

モニターに高さが出せて安定感が得られるとのちょっとした違いですが、その快適性を知ってしまったなら後戻りできないはずです。

どこにいても仕事が快適にできる『膝上テーブル』についてご紹介します。

「ちょうどいい」サイズで、使い心地抜群

こちらが愛用中の膝上テーブル。12インチのパソコンを置くと、ちょうどマウスを転がせる程度のスペースが余り、広すぎず狭すぎないサイズ感がお気に入りです。ちなみにマウスを使わないのなら、15.6インチまでのパソコンが置けます。

フレキシブルな機能性で作業も捗る

リストレストは、急角度でパソコンが滑り落ちないようガードの役割も兼ねています。実際、パソコンをここに引っ掛けて仕事することもあります。

また、端に設けられたスリットには、タブレットやスマホが立てかけたり、拡張ディスプレイを設置できるので使い勝手も良し。

高さ調節は2段階で可能。フレキシブルに態勢を変えて仕事するのに結構重宝します。

リラックスしつつ生産性も上げる

筆者はよくソファで仕事するんですが、膝上テーブルを使うようになって集中力がより長時間持続するようになりました。もちろんデスクで仕事するのが一番ですが、気分転換にあちこちに移動し自宅仕事の醍醐味を味わっています。

さらにリラックスして作業したいときには、背もたれが傾斜したチェアで。ノートパソコンスタンドと併用して高さ調節し、モニタを見やすい位置に調整しています。

車中ワークも楽々

実は、膝上テーブルが最も役立つシーンは車中なんです。膝上テーブルを持ち込めば、待ち時間が絶好の仕事タイミングに。

時間制限が設けられている分、トップギアに入るまでが速く、そのまま短期集中できます。膝上テーブル導入前も試みてはいたものの、膝の上ではパソコンが不安定なことや、無理な姿勢から首が痛くなることがあるのが課題でした。

Amazonなどで購入可能なので、場所を選んで仕事をしたい方は一度試してみてはいかがでしょうか。

>>もっと【今日のライフハックツール 】を見る

文・写真: 山田洋路

Source: Amazon