たしかにワイヤレスイヤホンは生活を快適にしてくれていますが、それでも弱点がないわけではありません。

常時着けっぱなしだと、耳が疲れてしまうことがありますし、耳に直説音を流し込むのが苦手な方もいるんじゃないでしょうか。

イヤホン代替の選択肢として浮上するのがスマートグラスかと思いますが、どうしても、重い、ぎこちない、高価…といったイメージが先行して導入に消極的になりがち。

でも、昨今のスマートグラスは想像以上に使いやすくなっています

軽くて、操作がシンプル、価格帯もお手頃な『EyeRevo』が登場。今回プロダクトをお借りすることが叶いましたため、さっそく使い勝手をチェックしてみました!

軽くてスリムなデザイン

プロダクトを手に取り、まずショックを受けるのがその軽さです。重量わずか25g(フレームのみの重さ)となっていて、一般的なメガネフレームと遜色ないもの。

オーディオやバッテリーが収まっているはずのテンプルもスリムで、外観は筆者が普段使いしているメガネ(写真右)よりもむしろスッキリしています。

こうした特徴は、違和感のない装着体験にもつながるはずです。

音楽鑑賞や通話にも最適

ところでEyeRevo、“スマートグラス”といっても、メタバースに参加できたりナビが見られたりといった機能は搭載されていません。パソコンやスマホと繋いで音声の聴いたり通話したりが、このスマートグラスの全機能です。

実は、こうした機能のシンプルさがEyeRevoを使いやすいものにしています。

デバイスとの初回Bluetooth接続はアプリ不要で、パソコン(スマホ)の設定から簡単にできます。

充電はマグネット式ケーブルで。取り外すと電源がオンになり、ペアリングしたデバイスに自動で接続するので、スマートグラスを操作することなく音声が聴けました。

マルチポイントには対応していないので、複数デバイスで活用するときは繋ぎ直しが必要ですが、スマホとラップトップを行き来する程度の使い方ではそれほど支障がないんじゃないでしょうか。

シンプルな操作性

テンプルのサイドがコントロールエリアになっています。こちらを長押しやダブルタップ、あるいはトリプルタップで各種操作が可能。たとえば、電源のONは左右同時に長押しです。

音楽の再生/停止は右サイドをダブルタップ。スキップは左サイドをダブルタップとなっていて、左サイドをトリプルタップしてSiriを立ち上げることもできます。

電話がかかってきたときも、焦らず左右どちらかのコントロールエリアダブルタップすれば出られます。電話を切るときも同じ操作です。

音量の調節は接続先デバイス側で行なうことになりますが、考えてみれば音量調節機能の付いたイヤホンでも同じ方法を取っている気がします。

耳を塞がないのが楽

生活のなかでEyeRevoを使ってみると、ラジオを聴きながら洗い物をするときや、YouTubeを観ている途中でトイレに行くときにも便利でした。ワイヤレスイヤホンでもいいのですが、耳の圧迫感がないEyeRevoはスピーカーと同じような感覚で扱えます。

ただスピーカーは生活音に遮られますし、移動すると当然聴こえなくなります。またまわりに人がいるときも不向きですよね。

ちなみに、『EyeRevo』もわずかに音漏れはしますが、音量調節すれば1m先に置いて音楽を流しても気にならない程度でした。

イヤホンでは外音取り込みモードなどですら、環境音が聴きとりづらいとの不便さも。その点EyeRevoなら、自然に周囲の音が入ってきます。

オンラインでのコミュニケーションがシンプルに

マイクの性能を試すべく、スマホを室内に残して屋外からボイスメモしてみましたが、音声はクリアに録れていました。

公式ウェブページのQ&Aによると、障害物のない状況で10m以内であれば接続デバイスと通信できるよう。自宅やオフィス内でしたら、スマホやパソコンの位置を気にせず活用できそうです。

ほかにも、スマホでの通話やパソコンからのビデオ通話、オンラインヨガなどでEyeRevoを装着してみました。

いずれも支障なく機能し、解放感があるのにプライベート。また、マイクを準備する手間もハウリングもないのでオンラインでのコミュニケーションが自然でシンプルになります。

メガネショップでのレンズ交換も

Image: Amazon.co.jp

さてメガネユーザーなら、ここまで便利なスマートグラスを普段使いできないかと考えるのが普通でしょう。

EyeRevoには、デフォルトレンズブルーライトカットレンズ透明サングラス低反射レンズの4タイプが用意されているのですが、公式ページのQ&Aによると、メガネショップでのレンズ交換可能とのこと。度付きレンズに交換すれば、メインのメガネとしても活用できそうです。

防水性能はIP65となっていて、雨に降られる、汗で濡れる…程度でしたら問題なく使えます。

急速充電が便利

気になるバッテリーのもちですが、連続音楽再生が約2時間~2時間半、連続通話は約3時間となっています。常に音楽を流して仕事するのでなければ、特に不便は感じなさそう。

20分で急速充電できますので、機能の使用が見込まれるときには前もって充電ケーブルをセット。充電中にかけるメガネだけ準備しておけばOKです。

リモートワークに特化して開発されたEyeRevoは、EyeRevo公式ショップAmazonなどから購入可能。価格はデフォルトレンズの1万2800円(消費税・送料込み)からとなっています。

自然に装着できてお手頃価格のスマートグラスEyeRevoは、ウェブ会議用として、あるいは普段使いとしても気軽に手に取れる便利ツールでした。

>>もっと【今日のライフハッカー】を見る

>>「快適リモートワーク術」の記事を見る

文・Photo: 山田洋路

Source: EyeRevo, Amazon.co.jp