PCで文書入力する機会が多い人なら、コピペ機能のありがたさは、今さら語るまでもないところ。

Windowsユーザーなら、キーボードショートカット「Windows」+「V」で使えるクリップボード機能(コピーした履歴が一覧できる)を便利に使っている人も多いはず。

画像
Screenshot: 田中宏和 via Clibor

Clibor』は、このクリップボード機能をさらにレベルアップしたようなフリーソフト(ドネーションウェア)です。

かなり生産性を高めてくれる効率化ツールなので、ぜひチェックしてみてください。

シャットダウン後も保存される履歴は最大1万件

画像
Screenshot: 田中宏和 via Clibor

デフォルト設定で「Ctrl」2度押しすれば起動するCliborは、Windows標準のクリップボードと違い、シャットダウンしても、過去にコピーした文字列を最大1万件まで記憶しておいてくれます。

現実的に1万件のクリップボードを参照することがあるかどうかはさておき、複雑な文書編集をするときでも、編集作業用の捨てファイルをつくる必要がなくなります。

定型文を登録できる

画像
Screenshot: 田中宏和 via Clibor

さらに、定型文を保存しておくことも可能

メールで毎回、同じような挨拶文などを打つのが面倒で、冒頭の書き出しを含めたフォーマットを、署名欄に保存している人もいると思います。

ここでCliborなら、相手によって言い回しを変えたフォーマットを複数保存しておいて、使い分けることができるのです。

FIFO/LIFO機能を搭載

画像
Screenshot: 田中宏和 via Clibor

さらに、FIFO/LIFO機能も搭載。

これは、クリップボードに蓄積させるように続けてコピーした文字列を、コピーした順番、あるいは逆順にペーストしていけるという機能。

表計算ソフトで、離れたセルの内容をひろって別ファイル(別フォーマット)にペーストしていくときなど、いちいちファイル間を往復せず、元ファイルでコピーしたい内容を続けてコピーしたあと、コピー先ファイルに連続ペーストすればOKということです。

これも、革命的に便利な機能だと思いますね。

細かく設定変更できる多機能性

設定で変更できる項目が多すぎるので、とりあえずデフォルトで使ってみながら慣れていってほしいところですが、1点だけまず試してみてほしい設定があります

画像
Screenshot: 田中宏和 via Clibor

設定メニューの「基本動作」内にある「自動貼り付けを有効にする」は、デフォルトではチェックが外れていますが、個人的にはチェックありで使いたいもの。

このチェックが外れていると、ダブル「Ctrl」キーでCliborを表示させて、クリップボード一覧から貼り付けたい文字列を選んでも、クリップボードの順位がトップに繰り上がるだけになります。

つまり、ペーストする準備までしかしてくれないので、改めてペースト操作をしないといけません。

そこでチェックを入れておけば、貼り付け先をまず指定しておく必要はあるものの、文字列選択と同時に貼り付けてくれるので、いつものコピペ動作と大差ない作業が可能になります。

個人的に、これぞWindowsフリーソフトという、素晴らしいOS機能強化ソフトだと評価しています。ぜひ、試してみてください。

>>もっと【今日のライフハックツール 】を見る

Source: Clibor