Appleが、iPhoneとiPad用の「ファイル」アプリをリリースした時は、これでiPhoneにもFinderができたと喜んだものです。

しかし、「ファイル」アプリはMacのFinderとは違います。実際、どのプラットフォームのファイルマネージャーアプリよりも、シンプルでも簡単でもありませんでした

しばらくの間「ファイル」アプリを使ってきた人(もしくは、このアプリで少しでも複雑なことをしようとしたことがある人)ならわかると思います。

ユーザビリティに関して言えば、「ファイル」アプリは使うのが難しく、使いこなすどころではありません。また、「ファイル」アプリには、以下のような多くの機能がありませんでした。

  • ビルトインのダウンロードマネージャーやブラウザ
  • 様々なフォーマットのメディアの再生に対応したメディアストリーマー
  • ウィジェットのオプション
  • パソコンへのワイヤレス転送機能
  • PDF編集機能

「ファイル」アプリにうんざりしている人のために、今回は代わりとなるサードパーティーのファイルマネージャーをご紹介しましょう。

Readdleの「Documents」:iPhoneのベスト・ファイルマネージャー

Readdleの「Documents」
Image: Readdle

「Documents」は、「ファイル」アプリと違って、本当にユーザーフレンドリーなデザインです。しかし、このアプリの一番の売りはメニューシステムかもしれません。

ファイルを選んでメニューボタンを押すだけで、できることがすべて表示されます(そしてできることも多いです)。また、「Documents」は、ファイルの解答、名称変更、複数ファイルやフォルダの移動も簡単です。

「Documents」が提供する機能の一覧がこちら。

  • Webブラウザと、Webサイトやクラウドストレージからダウンロードするためのダウンロードマネージャー
  • 音楽、動画、オーディオブックの再生オプション
  • ドラッグ&ドロップでファイルを整理
  • 基本的なファイルやPDFの編集機能
  • クラウドストレージやローカルのストレージからメディアを再生
  • MacやPCからワイヤレスでファイル転送
  • 複数のウィジェットに対応

「ファイルマネージャー」:ミニマルなのに機能はリッチなファイルマネージャー

ファイルマネージャー
Screenshot: Khamosh Pathak

「Documents」は少し機能が多いと感じる人は、「ファイルマネージャー」を試してみてください。このアプリは広告付きなので、基本機能はすべて無料です。

ファイルのダウンロードするのに「ファイルマネージャー」のブラウザを使ったり、DropboxやGoogle ドライブ、OneDrive、iCloudなどのクラウドストレージに接続したりできます。

様々なパソコンからファイル転送したり、ローカルサーバーを使ったりすることも可能です。

「Browser and Documents Manager」:「ファイル」をマシにしたアプリ

Browser and Documents Manager
Screenshot: Khamosh Pathak

「ファイル」のような見た目で、でも機能がマシなアプリを探している人は、「Browser and Documents Manager」を試してみてください。

このアプリは、「Folders」「Browser」「Downloads」の3つのシンプルなタブで分けられています。ファイルのダウンロード、転送、表示、移動が、どれも驚くほど簡単です

このアプリ唯一の問題は、全画面広告にあまりにも依存しているところ。悲しいかな、この完全無料のアプリには、広告を表示しないためにアプリ内課金をするという選択肢がありません。

「Total Files」:頑丈なファイルマネージャー

Total Files
Screenshot: Khamosh Pathak

頑丈で、しかも視覚的にファイル管理がしやすいファイルマネージャーを探している場合は、「Total Files」がいいかもしれません。

このアプリは、VPNやPDFの編集のようなプラスアルファの機能はなく、ファイルマネージャーの機能のみです。アプリを開くと「Local Archive」があり、そこに新しくフォルダを追加したり、ファイルをインポートしたりすることができます。

「Clouds」のセクションに行くと、DropboxやGoogle ドライブのようなクラウドストレージとリンクさせることが可能です。

iCloudとはリンクすることができませんが、このアプリには便利なインポート機能があり、「ファイル」アプリ(もしくはローカルやiCloud)のファイルは何でも「Total Files」のディレクトリに移動させることができます。

また、このアプリにはバナー広告がありますが、4.99ドル支払うとアプリがロック解除され、広告を削除できる仕様です。

「GoodReader」:PDFを管理するならこれ

GoodReader
Screenshot: Khamosh Pathak

仕事で大量のPDFファイルを扱う人は、PDFファイルを管理するために別のアプリを使ってもいいかもしれません。その場合は、「GoodReader」がいいでしょう。

このアプリには、PDFの本格的なファイル管理システムがあり、複数のフォルダに分けて整理したり、簡単にファイルを移動したりできます。

また、DropboxやGoogle ドライブ、OneDriveなどのクラウドストレージにも接続でき、他のアプリに切り替えずに、既存のPDFのダウンロード、アップロード、変更の同期などをすることができるのです。

「GoodReader」は有料アプリですが(730円)、買取なので損はないと思います。この価格で、PDFの閲覧、注釈、編集機能が手に入ります。

「Microsoft OneDrive」:Windowsのパソコンを使っている人向け

Microsoft OneDrive
Photo: Allmy (Shutterstock)

会社や自宅でWindowsのPCを使っている人は、すべてのファイルがすでに「Microsoft OneDrive」に保存されている可能性があります。

そのような場合は、「Microsoft OneDrive」を使うのがいいでしょう。Microsoft 365のプランには、1TBのストレージ容量があります。

しかし、iPhoneやiPadを使っている場合は、「ファイル」アプリ内で「Microsoft OneDrive」を使うのは、あまり理想的ではないかもしれません。「Microsoft OneDrive」のアプリを使ったほうがいいと思います。

こちらはかなり使いやすく、通常のファイルマネージャーに求められる機能を備えており、簡単にファイルのインポート、エクスポート、移動、解凍が可能です。