人間は冬になると、睡眠時間が2時間ほど長くなるようにできているそうです。確かに、冬の朝は寒さもあり、起きることが億劫ですよね。

筆者も最近は、一度目が覚めても二度寝して、夢の続きをエピソード2、エピソード3…と見てしまいます。

今回は、そんな冬の朝のロスタイムをなくすツールをご紹介します。スッキリ目覚めて、充実した1日を送りましょう。

1. 「睡眠トラッカー」で眠りを改善

計測なくして改善なし、です。睡眠トラッカーを使えば、睡眠の質を数字で知ることができ、「より良い睡眠をとるには何をすればいいのか」がわかります。

選ぶ際は、付けていてストレスのないものがおすすめ。

睡眠中でも外れにくいスマートバンド「Fitbit Inspire 2」を試してみて欲しい理由【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー[日本版]

睡眠中でも外れにくいスマートバンド「Fitbit Inspire 2」を試してみて欲しい理由【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー[日本版]

▼商品の購入はこちら▼

2. 「快適温度」をつくれば布団の外も怖くない!

冬の朝は布団の外が寒く、いつまでも出たくないと思ってしまいますよね。

布団の中の永住権取得に励む前に、スマートリモコンを導入するのはいかがでしょうか。

その時々に合わせた適切な室温を快適に保ってくれます。これがあれば、安心して布団を出られることでしょう。

温湿度の条件でエアコンを自動化するスマートリモコン術【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー[日本版]

温湿度の条件でエアコンを自動化するスマートリモコン術【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー[日本版]

▼商品の購入はこちら▼

3. 洗える「癒しアイマスク」で疲労回復

朝起きられないのは、疲れが取れていないからかもしれません。

疲れは負債です。日々のリラックスタイムに、アイマスクを利用してみてはいかがでしょうか。溜まった疲労をリセットして、気持ちいい目覚めにつなげましょう。

丸洗いOK!3段階調節できる「HITOKIの3Dホットアイマスク」が気持ちよすぎ…【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー[日本版]

丸洗いOK!3段階調節できる「HITOKIの3Dホットアイマスク」が気持ちよすぎ…【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー[日本版]

▼商品の購入はこちら▼

4. 「スマートカーテン」で朝日を取り込む

朝日を浴びると、セロトニンという物質が分泌され、体内時計がリセットされます。

そうすると気持ちよく起きられるうえに、心の安定や質の高い睡眠にもつながるのだそう。

スマートカーテンを使えば、設定した時間に合わせて自動でカーテンを開けてくれます。朝日と共に起床するため、有意義な投資と言えるのではないでしょうか。

アプリや音声でカーテンを自動開閉!留守中に在宅をカモフラージュも【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー[日本版]

アプリや音声でカーテンを自動開閉!留守中に在宅をカモフラージュも【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー[日本版]

▼商品の購入はこちら▼

5. 「光目覚まし」で太陽光を再現

朝日と共に目覚めることの効用を解説しましたが、雨の日や曇りの日は朝日を浴びることができません。

そこで活躍するのが、光目覚まし時計です。太陽光を再現した光により、自然に起こしてくれます。

体の内側から起こしてくれるので、頭がスッキリした状態で起きることができます。

太陽光98%再現「光目覚まし」で体内時計を毎朝リセット【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー[日本版]

太陽光98%再現「光目覚まし」で体内時計を毎朝リセット【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー[日本版]

▼商品の購入はこちら▼

6. 頭を使って、脳のスイッチを起動

アラームが鳴ってもすぐに止めて、また二度寝するということは誰もが経験しているでしょう。

そこで、解除に頭を使う目覚まし時計アプリをご紹介します。

おこしてME(Alarmy)」は、家の中にある物の写真を撮影したりQRコードを読み込まないとアラームを止められないアプリ。

頭を使うミッションで、脳のスイッチを起動しましょう。

確実に起きたい人におすすめ。写真を撮影しないと鳴り止まないアプリ『おこしてME(Alarmy)』 | ライフハッカー[日本版]

確実に起きたい人におすすめ。写真を撮影しないと鳴り止まないアプリ『おこしてME(Alarmy)』 | ライフハッカー[日本版]

7. 飛んでいくプロペラをつかまえて

「フライングアラームクロック」は時間になると本体に付属するプロペラが飛んでいく、一風変わった目覚まし時計。

アラームを止めるには、プロペラを元の位置に戻すしかありません。プロペラを回収するため、嫌でも布団の外に出ることができるでしょう。

起きないと飛んでいく目覚まし時計「フライングアラームクロック」【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー[日本版]

起きないと飛んでいく目覚まし時計「フライングアラームクロック」【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー[日本版]

▼商品の購入はこちら▼

***

冬の朝特有のつらい起床を助けるツールをご紹介しました。

人間の自制心は、さほど信頼できるものではありません。ツールを上手く活用して自分をコントロールするのもいいでしょう。

>>寝る前の習慣も見直して!

Image: Shutterstock