AirPodsの最大の欠点は、バッテリーの持続時間です。

AirPodsはバッテリーの残量が減ると音で知らせてくれますが、iPhone、Apple Watch、Macなどに接続することで、残量をチェックできます。

AirPodsのバッテリーが減ってきたら、充電ケースで充電しましょう。5分の充電で1時間、15分で3時間ほど長く聞けるようになります。でももちろん、充電ケース自体の電力も低下します。

そこで、AirPodsと充電ケースのバッテリー残量を確認する方法を紹介します。

iPhoneまたはiPadでチェックする

AirPodsを使っていないときは、iPhoneまたはiPadの近くで充電ケースを開くことでバッテリー残量を知ることができます。

AirPodsや充電ケースのバッテリー残量が低いときは、画面下部にアラートが表示されます。

AirPods-battery-notification-670x356

ケースを開いても何も起こらないときは、iPhoneまたはiPadのロックが解除されていること、ホーム画面が表示されていること、充電ケースが近くにあることを確認してください。

この方法は、AirPodsの少なくとも片方がケース内になければ作動しません。片方だけケース内にある場合、それぞれのバッテリーレベルが表示されます。

両方ともケース外にあるときは、バッテリーウィジェットでバッテリー残量を確認します。

バッテリーウィジェットでチェックする

ホーム画面、ロック画面、通知センターで右にスワイプすると、Todayビューになります。

Todayビューにはたくさんのウィジェットを追加(英文)でき、AirPodsのバッテリー残量をチェックできるバッテリーウィジェットもここに追加できます。

バッテリーウィジェットが表示されていない場合、下までスクロールして、「編集」をタップします。

次に、バッテリーウィジェットの隣にある「追加」をタップし、リスト内でドラッグして好きな位置に移動します。

combine_images

両耳ともに充電中の場合、バッテリーウィジェットでバッテリー残量を見るには、ケースを開く必要があります。

Apple Watchでチェックする

Apple WatchでAirPodsのバッテリー残量を確認するには、コントロールセンターを使います。画面を上にスワイプしてコントロールセンターを開き、バッテリーアイコンをタップしてください。

次の画面で、Apple Watchおよび接続中のAirPodsのバッテリー残量が表示されます。

AirPodsがケース内にあり、ケースが開いているときは、充電ケースのバッテリーレベルも表示されます。

Apple-Watch-Control-Center-showing-AirPods-battery2-670x393

Macでチェックする

MacとはBluetoothでペアリング(英文)されるので、バッテリー残量のチェックにはBluetoothメニューを使います。

メニューバーでBluetoothアイコンをクリックしたのち、AirPodsの上にカーソルを移動すると、バッテリー残量が表示されます。

アイコンが表示されていないときは、「システム設定」>「Bluetooth」を開きます。

Macでは、常に左右のAirPodsのバッテリー残量が個別に表示されます。充電ケースのバッテリーレベルを見たいときは、少なくとも片方をケースに入れて、ふたを開けておく必要があります。

Bluetoothメニュー上のバッテリー残量の更新には、少しタイムラグが発生することがあります。強制的に更新するには、AirPodsをいったん接続解除し、再び接続してください。

AirPods-battery-level-in-macOS-Bluetooth-menu-670x286

Siriに聞く

デバイスを問わず有効なのが、Siriに尋ねる方法です。この方法は、デバイスの画面は見れなくても、AirPodsを使ってSiriにアクセスできるような状況で特に便利です。

iPhoneまたはiPadでは、「Hey Siri」と呼びかけるか、サイドボタン(ホームボタンがある機種はホームボタン)を長押しします。

Apple Watchでは、「Hey Siri」と呼びかけるか、Raise to Speak機能を使います。Macでは、Cmd+スペースを長押しします。

Siriが起動したら、「AirPodsのバッテリー残量は?」と聞きましょう。すると、SiriがAirPodsのバッテリー残量を読み上げてくれます。

AirPodsの少なくとも片方がケース内にあってケースが開いている場合、充電ケースのバッテリー残量も教えてくれます。

Siri-reading-out-AirPods-battery-percentage-670x324

Apple TVでAirPodsを使っているときにバッテリー残量を知るには、Siriに聞くのが唯一の方法です。

Siri Remoteでマイクボタンを長押しすると、Siriが起動します。

AndroidやWindowsでチェックする

AirBattery-notification-on-Android-device-670x357

AirPodsはApple製品との相性がベストですが、その他のデバイスともBluetoothで接続できます。

残念ながら、AndroidスマートフォンにAirPodsをつなぐ場合、バッテリー残量はサードパーティ製アプリでしか確認できません。Windows PCにいたっては、バッテリー残量を知る方法がありません。

AndroidでAirPodsのバッテリー残量を知るには複数のサードパーティ製アプリがありますが、もっとも有名なのはAirBatteryでしょう。

無料アプリで、開くとAirPodsのバッテリー残量が表示されます。AirPodsの充電ケースを開くたびにバッテリー通知を受信できるプロバージョンも用意されています。

ダウンロード:Android向けAirBattery(無料・有料バージョンあり)

ペアリングデバイスなしでチェックする

AirPodsを持って出かけるとき、事前にバッテリー残量をチェックしたいと思うのが自然です。ペアリングされたデバイスがない場合、充電ケースのステータスライトを見て大まかな残量を知ることができます。

充電ケースを開くと、ステータスライトが点灯します。ステータスライトはAirPodsケースの前面(古いケースの場合ふたの下)にあります。

AirPodsがケース内にあるとき、ライトはAirPodsのバッテリー残量を示します。反対に、AirPodsがケースに入っていないときは、ケースのバッテリー残量を示します。

AirPods-and-AirPods-Pro-in-charging-case-with-green-Status-light-670x339

緑はAirPodsがフル充電であるか、ケースがAirPodsをフル充電できることを意味します。オレンジはフル充電1回分より少ない状態、その他の色はAirPodsの故障(英文)を意味します。

AirPodsがフル充電でなくケースのライトが緑のときは、AirPodsをケースに入れて充電してください。

その他、AirPodsに関する情報

AirPodsとAirPods Proは、あっという間にAppleの人気商品になりました。これでバッテリー残量のチェック方法がわかったので、その他の高度なテクニックについても知っておきましょう。

名前の変更、紛失したAirPodsを探す、ダブルタップ機能の変更など、AirPodsの活用方法はこちらの記事(英文)をご覧ください。

あわせて読みたい

Appleの「AirPods」を買う人が気をつけたほうがいいこと

Appleの「AirPods」を買う人が気をつけたほうがいいこと

AirPods Proのノイズキャンセリングに不具合がないか調べる方法

AirPods Proのノイズキャンセリングに不具合がないか調べる方法


Image: Framesira / Shutterstock.com,MakeUseOf

Original Article: How to Check Your AirPods Battery Level by MakeUseOf