マウスやキーボードといったインターフェースから、フラッシュメモリなどのストレージ、データの転送、はては電源供給まで、さまざまな用途に使われるUSB。かつて用途ごとに別々のコネクタが必要だった時代と比べて、格段に便利になりました。

そのUSBの最新規格がUSB Type-Cコネクタです。過去のUSBコネクタとの互換性を捨てた代わりに、コンパクトさと裏表を選ばないユーザーフレンドリを実現しています。

対応する製品はまだ少ないのですが、AppleはMacBookで、GoogleはNexusやChromeBookですでに採用しており、今後の新製品はType-Cでほぼ統一されそうです。今後、USB製品を買うつもりなら、Type-Cでも使えるかどうかを頭の片隅に置いておくとよいでしょう。

1週間分の「今日のライフハックツール」まとめは以下よりどうぞ。

(ライフハッカー編集部)

Photo credit: raneko via VisualHunt / CC BY