ウェブサービスの基幹を支える、IDとパスワードによる個人認証。しかし、いまのセキュリティには限界があり、大規模な個人情報の流出がたびたびニュースになっています。

もちろん、対策方法はいくつかあります。サービスごとに異なるパスワードを用意する/ワンタイムパスワード/パスワード管理アプリを利用...などなど。しかし、いずれもユーザーに余分な手間を強いている点において、優れた方法であるとは決して言えないでしょう。セキュリティが破られるよりマシ、ということでしかありません。

でも、その手間もそろそろ解消しそうです。パスワードに頼らない個人認証技術の標準化を進めるFIDO Allianceの規格に沿った製品をNok Nok Labsが開発、日本のパートナーに向けて提供していきます。

現在、ほとんどのウェブサービスにおいて、個人認証のための情報(ID/パスワード/メールアドレスなど)は、サービス提供側が持っています。この場合、サービスがハッキングされれば、認証情報はまとめて攻撃者の手に渡ります。

一方、FIDOのプロトコルでは、認証は暗号化された鍵でのみやりとりされます。たとえサービス側や通信経路がアタックされても暗号鍵しか見られず、個人の認証情報が流出することはないわけです。ユーザーが持つ暗号鍵は各自のスマートフォンで個別に生成され、認証には指紋や虹彩といった生体情報などが用いられます。

15090_fido_alliance.jpgFIDOに加盟・協力している企業リスト。IntelやQualcommなどのチップメーカーをはじめ、デバイス~サービスまでひと通りの企業が並ぶ。

現在、FIDOにはドコモやMicrosoft、VISAやPayPal、Netflixなどが加盟しており、ドコモはすでに発売済みの端末を対応させています(対応するウェブサービスはこれからですが)。AppleはまだFIDOに加盟していないようですが、Nok Nok LabsはデバイスとしてiPhoneもサポート可能としています。

オンライン認証の手間やリスクが減れば、いままでウェブに面倒さや不安を感じていたユーザーにもサービスを浸透するかもしれません。ビジネスの場として、ウェブがより魅力的になるのは間違いないでしょう。

Nok Nok Labs, Inc.

(金本太郎)

\ Amazonブラックフライデー開催中 /

ライフハッカー読者が買ったものTOP3

  1. バッファロー 外付けSSD 1TB
    バッファロー 外付けSSD 1TB
    ¥14,379¥9,330
  2. Fire TV Stick 4K Max
    Fire TV Stick 4K Max
    ¥6,980¥3,480
  3. Anker Nano II 65W
    Anker Nano II 65W
    ¥4,490¥3,592