平日休みやサマータイムを導入したり、電灯の数を減らしたり、さまざまな工夫をして節電に努めるオフィス。なかでも電力消費量の大きいエアコンの設定温度を高めているところも多いのでは?

続きを読む≫