赤ちゃんの脳や心の発達に良い刺激を与えたいと思ったら、絵本の読み聞かせを習慣にしたいもの。

でも、本屋さんで0歳児向けの絵本を見ても、大人には「何がいいのかわからない」「本当にこれが知育になるの?」というものも多くて、選び方に困りますよね。

そこでこの記事では、教育の専門家である立石美津子さんのアドバイスを基に、0歳の赤ちゃんにぴったりな絵本を厳選して20冊紹介。

さらに、「いつから読むべき?」「何冊あるといい?」など素朴な疑問も解消します。0歳の赤ちゃんの発達を促す読み聞かせのポイントも必見ですよ。

立石美津子

立石美津子

20年間学習塾を経営。その後、保育園の現場に携わりつつ、小学校3年生までの授業内容の開発、絵本製作、全国の保育園や幼稚園で講演活動を行う。著書に『心と頭がすくすく育つ 読み聞かせ』『動画でおぼえちゃうドリル 笑えるひらがな』 『一人でできる子が育つ テキトーかあさんのすすめ』など著書多数。自閉症の息子の母でもあり、『発達障害に生まれて(ノンフィクション)』のモデルにもなっている。

https://tateishi-mitsuko.com/

■ 目次

【0歳児向け絵本】おすすめランキング

ロングセラー おすすめベスト5

発達を促す知育絵本ベスト5

しかけ絵本&遊べる絵本ベスト5

触れ合いが増える絵本ベスト5

0歳児の絵本選びの疑問Q&A

Q1:絵本はいつから読むのがいいの?

Q2:0歳からの読み聞かせにはどんな効果があるの?

Q3:対象年齢が「0歳から」のものがいい?

Q4:0歳向けの絵本は何冊くらいあるといい?

Q5:赤ちゃんが絵本をなめたり破ったり…どうしたらいい?

Q6:絵本をギフトで贈りたいときは、どう選ぶといい?

0歳児への「読み聞かせ」のポイント3つ

【ポイント1】赤ちゃんの反応をよく見る

【ポイント2】「正しく読む」にこだわらない

【ポイント3】毎日のスケジュールに組み込む

【0歳児向け絵本】おすすめランキング

0歳の赤ちゃんに見せながら楽しむ絵本は、赤ちゃんの興味を惹きやすいことが大事。赤ちゃんが大好きな擬音語や擬態語がたくさん使われているものがおすすめです。

視力も発達途上なので、絵の色や形がシンプルで、色のコントラストがはっきりしているものが認識しやすいでしょう。

立石さんのアドバイスを基に、0歳の赤ちゃんと一緒に楽しみたい絵本を4つのカテゴリーに分け、4冊ずつ厳選して紹介します。

◆ロングセラー おすすめベスト5

ロングセラーの絵本には、それぞれ長く愛される理由があるもの。自分が読んでもらったものをわが子へ繋いでいくのも素敵ですよね。

【1】いないいないばあ

Image: Amazon.co.jp

初版:1967年

作:松谷みよ子 /絵:瀬川康男

定価:770円

サイズ:21×18.6cm

1967年の発行以来、50年以上も読み継がれているロングセラー。日本で一番売れている絵本で、2021年には700万部を突破しました。

顔を隠した猫の絵で「いないいないばあ にゃあにゃが ほらほら いないいない……」とめくると、「ばあ」。動物が「いないいないばあ」をする繰り返しに、赤ちゃんは釘付けです。

最初は無反応でも、6〜7カ月以降になると「赤ちゃんが本当に笑う」という口コミが増えるようです。

【2】ボードブック はらぺこあおむし

Image: Amazon.co.jp

初版:1976年

作絵:エリック・カール/訳:もりひさし

定価:990円

サイズ:13×18cm

発行から40年を超え、400万部を超えるベストセラー。

ちっぽけな青虫が、いろいろなものを食べて蝶になるまでのストーリーが、色鮮やかな美しい絵で描かれています。数や曜日の学びにも役立ち、長く読み聞かせに使えるのもうれしいところ。

ハードカバー版(22cm×30cm)も迫力があっておすすめですが、0歳から読み聞かせるなら、サイズが小さく、厚紙で破れないボードブック版も選択肢です。ただし、ボードブック版では「食べ物の穴が小さくて指が入らなかった」という口コミもあるので、その点はご注意を。

【3】いやだ いやだ

Image: Amazon.co.jp

初版:1969年

著者:せなけいこ

定価:770円

サイズ:16.5×16.5cm

『ねないこだれだ』『あーんあん』『にんじん』などでも知られる人気絵本作家、せなけいこさんのデビュー作。

「いやだ いやだ」ばかり言っていたルルちゃんは、みんなから「いやだ」と言われてしまい…。

0歳のうちは、言葉のリズムや感情豊かな絵を楽しむだけで十分。お話の意味がわかるようになってくると、「『いやだ』ばかりじゃダメなんだ」と感じてくれるでしょう。「2歳のイヤイヤ期に読んでいる」という口コミも多く見られます。

【4】がたん ごとん がたん ごとん

Image: Amazon.co.jp

初版:1987年

著者:安西水丸

定価:880円

サイズ:18×18cm

「がたん ごとん がたん ごとん」と走る汽車に、「のせてくださーい」とお客さんが乗り込んでいく、という繰り返し。そして最後は満員になって…。

お客さんは哺乳瓶やコップ、スプーン、りんごなど、赤ちゃんに身近なものばかり。赤ちゃんをひざに乗せて「がたんごとん」で揺らしながら読んであげても楽しいでしょう。

「大人にはおもしろさがわからないけど、子どもは気に入っている」という口コミも多く見られます。

【5】もこ もこもこ

Image: Amazon.co.jp

初版:1977年

作:谷川俊太郎/絵:元永定正

定価:1430円

サイズ:28.3×22.4cm

作は教科書などでもおなじみの詩人、谷川俊太郎さん。「しーん」と静かなところから、「もこ」と地面が盛り上がり、となりに「にょき」、それがだんだん大きくなって…。

大人には「これって何?」という不思議ワールドですが、子どもには楽しいようで、「本を読まなくても、出てくる擬音を言うだけで喜ぶようになった」という口コミも見られます。

声色や間の取り方を変えて、いろいろな読み方をすると楽しさ倍増です。谷川さん自身が読んでいる動画もYoutubeでぜひチェックしてみてください。

◆発達を促す知育絵本ベスト5

どんな絵本でも上手に活用すれば赤ちゃんの発達に役立ってくれますが、なかでも特に赤ちゃんが反応するものを集めたり、心身の発達を研究したりして作られた絵本を紹介します。

【1】じゃあじゃあびりびり

Image: Amazon.co.jp

初版:2001年

著者:まついのりこ

定価:660円

サイズ:14×14 cm

「ファーストブック(はじめての絵本)といえばコレ!」と言われるほどの定番。自治体で0歳児に絵本を配布する活動「ブックスタート」の1冊にも選ばれています。

ちょっとレトロな自動車の絵に「「じどうしゃ ぶーぶーぶーぶー」、犬の絵に「いぬ わん わん わん わん」など、はっきりした色づかいのイラストに、赤ちゃんが大好きな擬音。

14cm四方と赤ちゃんでもつかみやすい大きさで、角が丸くて安心、なめてもよれない厚紙のボードブックです。「0歳で必須!」とプッシュする保育士さんの口コミも見られます。

【2】もいもい

Image: Amazon.co.jp

初版:2017年

著者:市原淳/監修:開一夫

定価:1540円

サイズ:18.2×18.2cm

「泣く子も見つめる圧倒的な注目度のキャラクター絵本」というこの本は、出版社のディスカヴァー・トゥエンティワンと「東京大学あかちゃんラボ」との共同研究で、2年がかりの実験の末に誕生したもの。

「ママリ口コミ大賞」0歳児向け絵本では、2019年秋、2020年秋、2021年春と3期も大賞に輝いています。

口コミでは、「赤ちゃんに見せたら本当に泣き止んだ」という声がたくさん。一方、ボードブックではないので、「すぐに破れてしまって残念」という声もちらほら見られます。

【3】しましまぐるぐる

Image: Amazon.co.jp

初版:2009年

著者:柏原晃夫

定価:968円

サイズ:17.5×17.5 cm

赤ちゃんの認知を踏まえて作られたベビーブック。2カ月の赤ちゃんでも識別しやすいコントラストの強い配色で、しましま模様やぐるぐる模様が描かれています。

さらに「赤ちゃんは目と口のある顔に反応しやすい」という特徴も踏まえ、目や口を配置。厚紙のボードブックなので、破れる心配もありません。

「2カ月で見せたら手足をバタバタさせて喜んだ」「3カ月で自分でページを開いて楽しむようになった」といった口コミが見られます。

【4】愛蔵版 だっだぁー

Image: Amazon.co.jp

初版:2010年(愛蔵版)

著者:ナムーラミチヨ

定価:935円

サイズ:19.5×20.4cm

粘土で作られたころんとした顔に添えられているのは「だっだー だらっ だらぁーー」「ほっほー ほっほー」など。

すべてそんな赤ちゃんのおしゃべり言葉なので、赤ちゃんも本と会話している気分になるのかもしれません。

口コミでは「3カ月でも反応があり、カ月くらいから大笑いするようになった」「買った直後はすぐに飽きてしまったが、1歳を過ぎた頃から自分で顔をマネして楽しむようになった」といった声が見られます。

【5】0歳のえほん百科

Image: Amazon.co.jp

初版:2019年

監修:榊原洋一

定価:1100円

サイズ:20.8×25.8cm

累計230万部を超える知育絵本、「年齢別えほん百科」シリーズの全面改訂版。0歳児が興味関心を持つ「どうぶつ」「せいかつ」「たべもの」「かたち」などを、数ページずつイラストや写真で収録しています。

コーナーが細かく分かれているので、1冊を通して読まなくてもOK。「どうやって楽しめばいいのかわからなかった」という口コミもありますが、気に入ったページを見るだけでも赤ちゃんには刺激になります。

また、「どうぶつ」に関心を示したら、「動物が登場する絵本を買ってみる」「公園で散歩している犬を観察する」など、「わが子の世界を広げていく手がかり」に使ってもいいでしょう。

しかけ絵本&遊べる絵本ベスト5

読み聞かせるだけでなく、赤ちゃん自身が遊べるしかけがある絵本をセレクトしました。めくったり、つまんだり、ひっぱったりするアクションは、手指の発達も促します。

【1】おでかけ版ボードブック いないいないばぁあそび

Image: Amazon.co.jp

初版:2003年

著者:きむらゆういち

定価:858円

サイズ:17×15cm

1988年初版で人気ロングセラー『いないいないばぁあそび』を、丈夫なボードブックにしたおでかけ版。

「いないいない…」と顔を隠しているこいぬの手を「ばぁ」でめくると、顔が出てきて赤ちゃんは大喜び。この「いないいないばぁ」をいろいろなキャラクターが繰り返します。

「最初は読むだけで喜んでいたけど、そのうち自分でめくりたがるようになった」「大きいサイズの通常版と迷ったけど、しかけをめくるのが大好きになったので、ボードブック版にして正解だった」という口コミも。

【2】ごぶごぶ ごぼごぼ

Image: Amazon.co.jp

初版:1999年

著者:駒形克己

定価:880円

サイズ:21×20cm

赤、青、黄、白、水色のマルと「ぷーん」「ぷく ぷく ぷく ぷくん」などの擬態語だけで構成された1冊。

赤ちゃんでも識別しやすい単純な形と色、耳に楽しく響く音との組み合わせが、赤ちゃんを惹きつけます。各ページには丸い穴が開いていて、そこに指を入れてページをめくる楽しさも。

口コミでは「擬音ばかりで読むのが難しい」という声に並んで、「読みながら擬音に合わせて絵本を揺らしたり、近づけたりすると喜ぶ」という声もありました。「表紙のデザインがかわいいので飾っている」という人もいます。

【3】どうぶついろいろかくれんぼ

Image: Amazon.co.jp

初版:2006年

著者:いしかわこうじ

定価:968円

サイズ:16×16 cm

クイズ形式で、楽しみながら動物や色の名前を覚えていける知育絵本。

例えば左ページに、緑色の色面には目と模様。左下に色名が「みどり・greeen」と書かれています。右ページには「ゆっくり ゆっくり あるくよ。だれかな?」とヒントが。そしてページをめくり、くり抜かれた部分を重ねると、カメが登場!

口コミでは「型抜きされているけど丈夫なつくりで、破れる心配がない」「色名や動物名の英語も書かれていて長く楽しめそう」などの声が見られます。

【4】めくってばあ!

Image: Amazon.co.jp

初版:2016年

著者:いりやまさとし

定価:968円

サイズ:14×14 cm

明るい色とかわいいイラストが特徴の、ぴよちゃんシリーズの1冊。

表紙の四つ葉をめくると、てんとう虫が「ばあ!」、洗濯物のTシャツをめくると、ちょうちょが「ばあ!」。そしてお話の結末は…ねんねの前の読み聞かせにもぴったりです。

14cm四方の小さめのボードブックで、めくる部分がフエルトでできているのも特徴的。口コミでも「指先を使う練習になった」「子どもがフエルト部分を思い切り引っ張っても、最後まではがれず、型崩れもなかった」と好評です。

【5】Sassyのあかちゃんぬのえほん あーそーぼ

Image: Amazon.co.jp

初版:2019年

著者:La Zoo/ 監修:Sassy/DADWAY

定価:2178円

サイズ:16.1×16.1 cm

アメリカで生まれた知育おもちゃブランド「Sassy」の布絵本です。

8ページの構成で、コントラストのはっきりしたイラストに、赤ちゃんが大好きな顔と、楽しいオノマトペ(擬音語・擬態語)。縫い付けられたリボンやひもをひっぱったり、触ってシャカシャカ音を立てたりして楽しむこともできます。

「どんなになめても洗えばいいし、軽いのでお出かけにも便利」という口コミもあるように、絵本と布おもちゃを兼ねる1冊です。

触れ合いが増える絵本ベスト5

読み聞かせ自体も楽しい親子コミュニケーションですが、さらに赤ちゃんをハグしたくなったり、ほっぺをくっつけたくなったりと、自然にスキンシップやコミュニケーションが増える絵本をピックアップしました。

【1】ぎゅっ

Image: Amazon.co.jp

初版:2000年

著者:ジェズ・オールバラ

定価:1540円

サイズ:25×28 cm

散歩をしていた子ザルのジョジョは、みんなが「ぎゅっ」としているのを見てママが恋しくなり…。

「ぎゅっ」以外の言葉がほとんどないのに物語が伝わる、まさに絵本。読むたびにわが子を「ぎゅっ」としたくなるでしょう。赤ちゃんに安心なボードブックタイプもありますが、絵そのものも魅力的なので、赤ちゃんを抱っこしながらゆったりと大判タイプを読むのもおすすめです。

「絵と物語に心が温まる」「子どもが『ぎゅっ』と私のことを抱きしめてくれる」など、幸せを感じている口コミがたくさん見られます。

【2】ミニえほん かお かお どんなかお

Image: Amazon.co.jp

初版:2015年

著者:柳原良平

定価:880円

サイズ:12×14 cm

1988年初版の人気絵本が、縦12cm×横14cmの小さなボードブックになりました。

まんまるの笑い顔、らっきょうみたいな悲しい顔、ひょうたん形の泣き虫顔。口コミでは「絵に合わせて声色を変えて読むと、子どもが私の顔と絵を交互に見てくる」「子どもが指差した顔をマネしてあげると喜ぶ」など、この絵本を介してコミュニケーションを取っている人も多いようです。

赤ちゃんも、絵と読む人の表情や声を比べながら、喜怒哀楽を学んでいるのでしょう。

【3】くっついた

Image: Amazon.co.jp
初版:2005年
著者:三浦太郎
定価:880円
サイズ:18×19 cm

ページの両端から向かい合った金魚。「きんぎょさんときんぎょさんが…」ページをめくると「くっついた」。ゾウやアヒル、サル、いろんな動物が「くっついた」を繰り返し、最後は赤ちゃんを挟んでママとパパも「くっついた」!

口コミでは「最後の『くっついた』で子どもにほっぺをくっつけると、すごく喜んでくれる」「親子3人で読むと、みんなニコニコになって、これ以上ないくらい幸せな気持ちになる」など、スキンシップを楽しんでいる人が多く見られます。

【4】きゅっきゅっきゅっ

Image: Amazon.co.jp

初版:1986年

著者:林明子

定価:880円

サイズ:18.1×18.1 cm

赤ちゃん、ねずみ、うさぎ、くまがいっしょにスープを「いただきます」。動物がこぼしてしまうと赤ちゃんが「きゅっきゅっきゅっ」と拭いてあげ、最後は赤ちゃんのお口をママが「きゅっきゅっきゅっ」。

赤ちゃんの食事やお世話に密着したお話なので、「離乳食を食べた後に、絵本をマネして拭いてあげると喜ぶ」「とくに離乳食の開始から、自分でスプーンを使って食べ始めたくらいの子におすすめ」といった口コミが多く見られます。

【5】うたえほん

Image: Amazon.co.jp

初版:1988年

絵:つちだよしはる

定価: 1650円

サイズ:18×18 cm

読み聞かせの絵本ではありませんが、こちらも本棚に加えてほしい1冊。つちだよしはるさんの優しいイラストが人気の童謡集です。

赤ちゃんに歌ってあげたい童謡、全26曲を楽譜つきで掲載しています。掲載曲は「ゆりかごのうた/ことりのうた/どんぐりころころ/いぬのおまわりさん」など。

口コミでは「歌詞がうろ覚えだったので買ってよかった」「抱っこや寝かしつけのときに歌っている」「少し大きくなったら親子で一緒に見ながら歌えるので、長く使える」と活用されていることがわかります。

0歳児の絵本選びの疑問Q&A

Image: Shutterstock

赤ちゃんの絵本に関する疑問や悩み事もいろいろありますよね。とくに新米ママやパパが感じる疑問について、立石さんに答えてもらいました。

Q1:絵本はいつから読むのがいいの?

読み聞かせの開始時期に「早すぎる」ということはありません。聴力はママのお腹にいるときから発達しているので、生まれてすぐから読み聞かせしてあげましょう。

視力は生まれてではぼんやりとしていますが、生後3〜5カ月くらいになると安定してきて、コントラストのはっきりした絵や、目や口のついた顔などが認識できるようになります。

Q2:0歳からの読み聞かせにはどんな効果があるの?

赤ちゃんは目や耳や口を使って、たくさんの情報を獲得しながら成長していきます。絵本の読み聞かせは、視聴覚を刺激して赤ちゃんの発達を促します

また、0歳は母語(日本語)の土台が作られる時期。たくさんの「生の言葉」を聞かせてあげることが大切なのですが、何もないとうまく話しかけられないママ&パパもいますよね。そこで絵本が大活躍。読み聞かせをすることで、自然と言葉のインプットを増やしてあげられます

小さいときから絵本をたくさん読んでもらった子は、将来、本好きになる可能性大。読書が好きな子は、感性や想像力が豊か、善悪の判断ができる、キレにくい、学力が高いといった傾向もあります。

Q3:対象年齢が「0歳から」のものがいい?

対象年齢が「0歳から」になっているものは、赤ちゃんが認識しやすい絵や言葉で構成されているということ。赤ちゃんにとって良い刺激になるでしょう。

ですが、それだけにこだわる必要はありません。ママやパパが「好きだな」と思う絵本もぜひ読んであげましょう。0歳の時点では、内容はまったく理解できなくてOK。ママやパパが気持ちを込めて読むと、赤ちゃんにも心地よく響き、脳や心の栄養になるでしょう。

Q4:0歳向けの絵本は何冊くらいあるといい?

冊数に決まりはありませんが、赤ちゃんにも好みがあるので、いろいろ見せてみましょう

ただし、0〜1歳程度の短期間しか楽しめないものをたくさん購入するのは、ちょっともったいないかもしれません。2〜3歳になっても楽しめそうなものも意識してラインナップに加えるといいですね。

Q5:赤ちゃんが絵本をなめたり破ったり…どうしたらいい?

0歳児にとって絵本はおもちゃの一種。なめたり破ったりする行動も赤ちゃんの発達には大切なものです。まだ善悪の区別もつかない時期ですから、「破らないようにしつけなければ」と考える必要もありません。

絵本を赤ちゃんに自由に触らせてあげたいときは、ボードブックや布絵本を渡しましょう。

Q6:絵本をギフトで贈りたいときは、どう選ぶといい?

絵本を贈るのは、実は洋服を贈るのと同じくらい難しいこと。すでに持っているものや、好みでないものを贈ってしまうリスクもあります。だから絵本を贈りたい場合は、相手に欲しいものを聞くのが一番。絵本のギフト用セットもいろいろあるので、自分で候補をいくつか選んで、その中から決めてもらうのでもいいでしょう。

間違いなく喜ばれるのは、やはり「図書カード」。今はQRコードを送る「図書カードネットギフト」もあります。「どうせ絵本は価格がわかっちゃうものだから、図書カードを贈っても同じ」と割り切ってもいいかもしれません。

0歳児への「読み聞かせ」のポイント3つ

Image: Shutterstock

最後に、0歳の赤ちゃんに絵本を読み聞かせるときのポイントを3つ紹介します。

【ポイント1】赤ちゃんの反応をよく見る

読み聞かせるときは、赤ちゃんの反応をよく観察してみましょう。絵をパンパン叩いたり、ひっぱったりしていたら、気に入っているサイン

絵の一部をじーっと見つめてよだれをたらしていたら、かなり集中しています。自分でめくりたがるときは、めくらせてあげましょう。

【ポイント2】「正しく読む」にこだわらない

絵に添えられている文字を、一言一句、正しく読む必要はありません。その絵からママやパパがイメージする擬音語をつけたり、違和感を感じる部分があれば好きな言葉に変えたり。

勝手にストーリーを作って読んであげてもいいでしょう。ひらがなを覚え始める年齢になったら正しく読んであげることも大切になりますが、それまでは自由な発想で楽しんでみてください。

【ポイント3】毎日のスケジュールに組み込む

読み聞かせは毎日の親子習慣として定着させたいもの。食事や歯磨きと同じように1日の行動予定に組み込みましょう。

寝る前に読み聞かせるのもダメではありませんが、「読もうと思ったら眠ってしまった」ということもありがち。できれば朝や日中に時間を設けるのがおすすめです。

※「かいサポ」チームでは、あなたのお買いものをスマートにサポートするコンテンツを配信。家電にインテリア、コスメ、スキンケア、アウトドア用品にガジェット、フードまで。その道のプロが「ほんとうにいいもの」への最短距離をご紹介します。